PR
Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Recommend
浅田真央 POWER&BEAUTY
浅田真央 POWER&BEAUTY (JUGEMレビュー »)
ウイダー 浅田真央 栄養&トレーニングサポート・プロジェクトチーム
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
アメイジング・グレイス~ベスト・オブ・ヘイリー
アメイジング・グレイス~ベスト・オブ・ヘイリー (JUGEMレビュー »)
ジェイムス・ブレット,ニック・イングマン,サー・ジョージ・マーティン,イアン・ディーン,ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団,ロンドン・セッション・オーケストラ,ロンドン・メトロポリタン・オーケストラ,バロック弦楽四重奏団,アンサンブル・オブ・ボローニャ
Recommend
Recommend
変奏曲 vol.2 (2)
変奏曲 vol.2 (2) (JUGEMレビュー »)
竹宮 惠子; 増山 法恵
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    Por Una Cabeza
    0


      Violin, Cello & Harp Trio
      Harp & Arr. by Lee Che-Yi
      Violin by Lin Tain-Chi
      Cello by Ou-Yang Whey-Ru


      こういった編成での演奏もあるのですね(*^_^*)
      posted by: 永遠のフィギュアファン | 映画音楽 | 21:50 | comments(57) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 21:50 | - | - | - | - |
        珍しい三重奏ですね。ハープが良いリズムのアクセントになって、しかも軽やか。
        クラシックの世界で三重奏曲というのは、あまり名曲は多くないし、めったに演奏会で演奏されることがないので貴重な映像ですね。
        真央選手のタンゴを見た衝撃は今でもハッキリと覚えています。私の中では一番好きなEXです。

        作曲のカルロス・ガルデル氏は競馬が好きだったそうですね。それで題名も和訳は「首の差で」恋に破れた男の話。
        競馬用に作曲したんだそうですね。
        曲のイメージとどうもシックリこないのですが…。

        私も一度だけ、東京の府中競馬に悪友に連れられて行ったことがあります。競馬場の芝の美しさにアッと驚きました。

        真央選手に首の差で振られる男性がいつ現れるのでしょう。


        首の差で真央も馬券も夢と消ゆ

        真央「単」の倍率無限宝くじ
        | 若菜 | 2010/01/13 11:12 PM |
        おはようございます^^

        目が覚め、とうとう起きだしてしまいました

        ハ−プが良い感じで溶け合ってますよね

        新しい感覚でこの曲を聴くことができました

        真央ちゃんに首の差で振られる男性は?
        いつで誰なんだろう^^?

        | 永遠のフィギュアファン | 2010/01/14 5:37 AM |
        真央ちゃんの成長過程で、一番衝撃を受けたのはこの曲でのプログラムでした。
        ”月の光”も”仮面舞踏会”も賛否両論だったシーズンにおいて、このEXに関してはネガティブな意見を目にした記憶がありません。
        OPシーズンにはアレンジしてSPに持ってくるのでは、なんて予想も囁かれた程の人気ぶりでしたが、SPに変化したのは”仮面”の方だったとは・・う〜〜ん・・全日本の”仮面”は昨シーズンとは別物に見えたから、まぁいっか・・

        タンゴは激しい曲調の物が多いですが、この曲は真央ちゃんによく似合っていましたね(*^_^*)
        | じゅれ | 2010/01/14 8:28 PM |
        こんばんは

        本当に、このプログラムは好評でしたね^^
        今シ−ズンのEXも・・
        どちらも大好きです

        フリ−がここの所、好みが分かれやすいので、余計にEXの好評さが目立ちますよね

        中には、EXだからこそ遠慮なく誉められる・と感じてしまう人も昨年はいました
        勘ぐりすぎかな〜〜〜

        だって、どちらもタラソワさんの振り付けですからね・・
        | 永遠のフィギュアファン | 2010/01/14 8:34 PM |

         注連明けや子等の喜ぶどんど焼き  枝氷

         城下町”三九郎”と呼ぶどんど焼    〃

         門松の業火となりぬ三九郎    〃 

         三九郎三九郎とて子等囃す   〃

         三九郎七十路の昔の想い出や  〃

         手作りの料理の消えし小正月  〃

         立ち帰る妻は大江戸小正月  〃

         笑い声ふっと消えたる小正月 〃

         女正月とはどんな意味ありや? 〃

         忙しない年末年始の女性かな  〃

         ご苦労さんやっと一息女正月  〃

         かぼちゃ煮て妻を偲ぶや女正月 〃

         赤と黒衣装の艶や真央タンゴ  〃

         懐かしき映画は「女の香り」なり 〃

         語り来た「女の香り」懐かしや 〃

         フランクのドナと踊りし♪ポル・ウナ・カペーザ 〃

         チャーリーを救いしヒューマン大演説!! 〃

         良心なきアホ校長への弾劾よ!!  〃

         「フィギュア戦争」と同じ人間悪!! 〃
        | エピ | 2010/01/15 8:59 AM |
        こんにちは・エピさん

        1月も半ばです
        今日から皆さんお仕事本格的にはじまる方が多いですね
        お正月気分も終わりです
        長女は2日前に学校が始まり、二男は今日始業式
        長男は来週からです
        とはいっても毎日講習に行ってましたけど・・
        | 永遠のフィギュアファン | 2010/01/15 9:32 AM |

         寅年の虎に負けるな庚馬^^  馬翁

         絵のタッチ構図の進歩見たきかな 〃

         共々に負けるな庚馬の娘よ!  〃

         息子等よボールとバットとペンも持て!! 〃

         姉と真央見習いて征かむ男子なる!! 〃

         吾一人今日から生きんがために食う^^; 〃

         うんにゃ!食うために生きる!!^^www♪ 海老天丼
        | エピ | 2010/01/15 10:22 AM |

         あさましや吾等をギャンブルに酷使とは!! 馬王

         何様のつもり競馬闘牛奴隷制!!   〃

         宮崎の野生馬猿と遊ぶなり^^v    〃

         動物の大自然汚したる輩・・・

         輩にもスケートの輩もありぬ

         馬を苦しめる輩もありぬ!憤怒!!

         人間の歴史の中での農耕馬〜兵馬の途端の苦しみよ!!!

         競馬をギャンブルにする輩はスケレンやISUの輩と同類。。

         ガルデルも同じ穴の狢か?でも許し馬氷^^w

         真央にタンゴを躍らせたお手柄で???

         爺に「女のかおり」の映画を見せてくれたお礼で^^vvv

         「女のかおり」・・・ドナ・・・クリスティーヌ・・・・・

         ああっ!「セント オブ ア ウーマン」懐かしや!!

         若菜も驚く馬軍団の怒りと毒舌・・・ウッシッシ。。

         馬央女王&馬王エピ後足で蹴上げる脅威かな!! 馬翁^^

         馬なれば3A飛べるのに輩は跳べぬ!!Why??????!!!!!!

         輩は馬ではなくてアホ狸なるか?!・・・ウッシッシ。。

         
        | エピ | 2010/01/15 6:49 PM |
        <訂正>>塗炭の苦しみO  途端の苦しみX
        | エピ | 2010/01/15 6:54 PM |
        競馬は一時期かなり好きでした。
        D・フランシスの推理小説にハマッて全作読破したのですが、物語の舞台が必ず競馬関係なのに(フランシスは騎手出身。エリザベス女王の持ち馬に乗っていた事から女王陛下の騎手と言われサーの称号を持っているそうです)私は見た事がないのでイメージが湧かない・それで競馬のTV中継を見たのがキッカケです。
        その時一目惚れしたコ(お馬さん・牡馬←オトコノコ)がいて、すっかり私のアイドルになってしまったのです。
        競馬場にも行きました。レストラン等沢山ありますが、自分で作ったお弁当持参でポカポカ天気の中庭で食べると気持ち良くて、、、

        騎手だった方のエッセイや、映画化された実話小説「シー・ビスケット」等、当時は競馬関連の本もかなり読みました。
        それで感じた事は、調教師さんも厩務員さんも生産者も、皆お馬さんへの愛情は深い・・
        人間と同じように、勝ったコは威張って帰って来るし負けたコはショボンとしてるとか数々のエピソードは興味深かったです。
        競馬は殆どサラブレット種ですが、サラは人間が作ったと言われている種類だし、あんなにワガママでは人間の元でしか生きられない気がします。
        実際競争が好きなコもいる・お稽古大将(実戦に弱い)のコもいる・お仕事嫌いで厩舎で食べてゴロゴロしてるのが好きなコもいる・人間と同じかな〜
        人間と違ってお仕事を自分で選べないのは大きいかもしれないけど・・競馬で生かされているのも事実ですね。
        盲導犬は他の犬に比べて寿命が短いそうですが、不幸なのかな・・よく解らない・・
        ギャンブルの善し悪しも判りません・興味がないので。
        競馬は好きですが、馬券には関心が無かったです。

        競馬関係者では、一部の馬主さんは嫌だったかも・・
        持ち馬の名前に冠(苗字のようなモノ)を付ける人。自己顕示欲なのかな〜、欧米ではない現象です。
        日本のオヤジのセンスの限界かもしれませんね。野球もそうでしょう?
        球団名に企業名が付いている・大リーグでは都市名ですよね。
        サッカーでJリーグ立上げの時、ヴェルディを持っていた読○の渡○会長が川渕さんに企業名を付けさせろとしつこく要求したそうです。
        断固ハネラレて、渡○会長はずっと川渕さんを独裁者と罵っていました(お前が言うか・・)
        お隣のKリーグはチーム名に企業名が使われていて、目にする度にダサイな〜と感じてしまう私です。。。
        | じゅれ | 2010/01/16 9:01 AM |

         何時も言う「弱肉強食・自然淘汰」の世界。と 馬王

        成る程、歴史の現実は、その通りで「食物連鎖」。。 〃

        此処には午年のお仲間もいて、つい、力んでしまい、失敬^^;

         じゅれさんに競争馬に纏わる色々な実学を教えて頂き大変勉強になりました。大嫌いな似非エリート渡O恒雄氏の話題が出るに及んで笑いが止まって、所謂、スケレンやISUなどの組織のボス供と何等その所業の本質が変わらず、勝手な「甘えの構造」の中で溺れている輩だと、私自身も言うこと為す事、同じ穴の狢であることに思いを致し、競争馬飼育・訓育・も天なる神の冒した過ち・・・人間のミスキャスト創造故と、宇宙や地球の起源やその生命の実存の難しき問題を考えながら、、余り深刻に考えずに、楽しく行く事が、このブログの長生きの秘訣だと深く肝に銘じた次第です。。この偏屈意固地爺さんを容易く軍門に下し平伏させるとは、さすが、世界を股にかけて武者修行を素敵なドイツ語の名馬ロシナンテとその若き青春時代を楽しまれているドン・キクス・ホーテ夫人だと改めて感心致しましたぞ!!ウシ。ウマ。。

        >その渡O恒雄氏は某書によりますと、自身の遺言めいた随想の中で、2021年4月30日、自宅庭のハシゴより転落し、〜死去。〜と縷々その若き頃の左翼運動やら転向のことなどを明記してあり、特にその政治記者から現在の商業新聞のオーナーとなり野球チーム育成のために尽力容易ならざるものがあったと、遺言めいた口調で、その真実を述べて居りますぞ。。
        >「カラス駆除中、転落死――――――――――」とな。。

        >時あたかも、京都競馬では史上第3位の当り馬券1457万円が7枚も出たとスクープされておりましたが、その上位3馬は中々の馬達であったようです。此処には真央のような駿馬はいなかった所が味噌であったようですな、、これが世の現実でしょうか???
        | エピ | 2010/01/16 7:26 PM |
        今、宝くじを買う人が減りつつあり、馬券を買う方へ流れているそうです。

        宝くじは1枚200円。馬券は100円。同じ予算なら2倍買えるわけです。確率ははるかに馬券の方が当たると。
        今日も京都競馬で1400万が出たそうですが、十万、百万の当たりはザラだそうです。

        競馬として登録され、出場する馬の頭数が増えたことにより、大穴がしょっちゅう出るようになったそうです。
        競馬の知識などなくても、馬券売り場の自動販売機で、適当に番号を選んでボタンを押して買えばいいだけですから、宝くじより安くて当たる可能性の高い馬券だ、というわけです。

        真央選手から首の差でフラれる男性の話しをしていたら、
        夕刊フジに「モロゾフ、真央をフル」とうような記事があって、ビックリ仰天。

        トリノ直後、モロゾフ氏は日本スケート連盟から安藤選手と真央選手のどちらかのコーチをと勧められ、迷わず安藤選手に決めたとか。(モロさんにはとてもじゃないですが、真央選手を御すことは出来ないでしょう)
        たったそれだけのことを夕刊フジの記者が面白おかしく、真央選手をバカにするような書き方をしたようです。
        「タブロイド紙」にムキになることもないですが、フジ産経グループはどこまでも真央選手に祟りますね。
        | 若菜 | 2010/01/16 10:16 PM |
        世界中で走っているサラブレット全馬の祖先を辿ると、わずか3頭のアラブ馬に辿り着くそうです。
        ダーレーアラビアン、ゴドルフィンアラビアン、バイアリーターク。サラブレット3大始祖です。
        はるか昔に、あ〜どこだろう??アラビアンて言うくらいだからそこらへんです(何ていい加減な記憶だよ)・・から多分イギリス??(競馬発祥の地なのでそうかな?と・・)の王室にその3頭が献上されて、その美しさと速さに魅せられた人達が現在のサラブレットを作り出したそうです。
        だから、サラブレットは野生であった歴史はないと思います。
        私は、サラブレットは地球で最も美しい生き物だと思っていますが、姿形の美しさの他に人間に寄り添ってしか生きられない儚さもその魅力の一つかな〜と思います。

        肉食動物は力の弱い動物を捕食する・けれど彼らがいなければ草食動物が草を食べ尽くして地球が枯れる・人間を筆頭に皆罪深い・・・
        肉食民族のくせに、鯨は賢いから捕ったらイカンと言う反捕鯨派が私は嫌い・鯨肉に興味はないけど。

        フランスの競馬場に行った事がありますが、日本と違って馬券は成人だけの物ではないので、小さい子達が勝った負けたと楽しんでいて微笑ましかったです。
        映画を見てもコンサート行ってもお金は掛かる。
        ギャンブルに掛かるお金だけが目の敵にされるのも変なモノですね・大枚叩いて痛手を負うのは自己責任です。

        モロゾフさんの件ですが・・思い当たる事があります。
        真央ちゃんのシニア本格参戦の時、モロゾフさんに振付(SPの方だったような気が)依頼したと言う報道を見ました。
        でも、そのシーズンSP・FP共ローリーであの報道は何だったんだとずっと不思議でした。
        振付くらいなら断る事もないと思うので、結局何か事情でポシャッたのをミエ張ってんじゃないですか、モロゾフさん。
        この時のSPはあの名作品”ノクターン”ですからね、ローリーで大正解だったんですよ・真央ちゃん。。。
        | じゅれ | 2010/01/16 11:47 PM |
        おはようございます^^

        私は学生時代に高田馬場ってありますよね?
        競馬場といえばそこくらい・・
        伯父が馬券を買いたいと一緒に外出してた時に、近くで車から競馬場を眺めたくらいです
        その時、物凄い形相の集団が出てくるではないですか
        競馬場から・・それ以来、臆病者の私は近寄れなくなりました
        随分前から、そういった雰囲気ではなくなってるのですよね?
        だから馬券てのを見たのが1回で買った事がありません
        宝くじはサマ−とジャンボの時だけ
        15年以上前にたまたま買ったスクラッチくじで1万円当たったのが最高です
        | 永遠のフィギュアファン | 2010/01/17 7:51 AM |
        おはようございます、じゅれさん

        モロゾフ氏の記事を若菜さんが紹介して下さってますが、相変わらずの記事ですね
        シニア参戦1年目にSPがモロゾフって噂がありましたが結局ロ−リ−でしたよね
        モロゾフにも頼んだけど合わなかったとか色々言われてましたが・・
        それにしてもモロゾフ氏、オリンピック後は日本選手はみないと断言してるのに、露出度がスゴイですね
        営業してるのかしら???

        やたらと真央ちゃんに絡む発言には、振られた男性が女性の悪口を言う様に似ているようにも感じます^^
        | 永遠のフィギュアファン | 2010/01/17 7:57 AM |
        epiさん、おはようございます

        ここの所、札幌はマイナス続きで寒く、一昨日から雪が結構降っています
        今年はかなり少なかったのですが・・
        雪まつりが近くなると降りはじめます

        真央ちゃんはオリンピックは直前に現地入りのようですね
        いつものぺ−スでしょうか
        あまり早く入っても周りがうるさくて落ち着けないのかもしれませんね
        メディアだけでなく、その他の人々の干渉もあるでしょうから・・

        プリンタ−のインクやら、主人と長男の髭そりなどを買いにヨドバシに行かなくては
        寒いので外に出たくないのですが・・
        札幌駅はあまり行かないので、ゆっくり大丸を覗いて来ます^^
        | 永遠のフィギュアファン | 2010/01/17 8:05 AM |
        じゅれさんへ。
        D・フランシスの推理小説を全作読破は凄いですね。
        よろしければその中から、二つほどお勧めの作を教えて頂けないでしょうか。
        私が比較的最近読んだ数少ない推理物というかミステリーものでは、ロバート・エリス「ロミオ」と、サンドラ・ブラウン「火焔」が面白かったです。


        エピさん。
        私の敬愛する青木やよいさんの新作「ベートーヴェンの生涯」(平凡社新書・920円)を読みました。
        最新の研究成果も随所に取り入れられており、小著でありながらも、かなり読み応えがありました。丹念に資料をあたりながら書き進めていく青木さんの誠実かつ愛情に溢れた快作です。
        | 若菜 | 2010/01/17 12:14 PM |
        >この真央が赤と黒の妖艶なコスチュームで踊った♪真央タンゴなる♪ポル・ウナ・カペーザは、映画「Scent of a Woman」
        (女の香り)でアルパチーノ扮する盲目の退役軍人のフランクが若き清貧の苦学生のチャーリーを救わんと、名門校の大アホ校長を完膚なきまでにやっつける映画史上に残る大ヒューマンスピーチを絶対に忘れてはならないでしょう!!映画のストーリーではありますが、何ともあほらしい、悪ガキ生徒達にご自慢の名車ジャガーにペンキをぶっ掛けられたアホ校長トラスクは、たまたま現場を通りかかったチャーリーにその犯人を証言させようと、全校挙げての集会で教師の委員会立会いのもとで、アホ校長がチャーリーを証言させようと、検事どころか、特高警察、いやファシストとなって、問い詰め、追い詰め、糾弾するのですが、チャーリーを救わんと乗り込んできた盲目の嘗ての戦士フランクの縦横無尽の真実の人間愛、教育愛に燃えた怒りの弁舌は、アホ校長のグーの音も出ない正義の委員会による「結論」が出たのですよねぇ
        。。このことは、あちらのブログで私が何と8コメズで、2008.10.6〜から詳細に思いの丈を申し述べてありますから、お暇な方は、「〜真央ちゃんのプログラムは?」の122〜をご覧下さい・・・あの頃は・・・爺さん、♪真央タンゴで燃えていましたよねぇ
        。。今も、尚、一層ですが、、、ここ2日、フランクの映像をあれこれ見ながら、「英語」の学習をしていますが、すっかり、学生時代に覚えたタンゴが消えてしまって、意味が良く判りまシェーンT_____T;

        >満場の生徒や教師や召喚されたアホ生徒と父親とチャーリーとフランクを壇上に置いてアホ校長が脅しの木の槌を振り回しながら、チャーリーの詰問を得々と始めて数分、、、、、

        とうとう、業を煮やしたフランクがアホ校長に口火を切る。。

        But not a snitch!(だが、チャーリーは密告者じゃないぞ!)

        >なんですと?

         聞こえたろう?!

        >Mr.Slade!
         
         このクソ裁判は一体何だ!!

        >言葉に注意を!兵舎と間違えないで頂きたい!シムズ(チャーリー)君、最後のチャンスだ!
         
         そんなものは要らん!何が”ベアード校の名を汚していない”だ!!この学校のモットーを当てて見よう!”告げ口をして自分の身を守れ””でないと火あぶりだぞ”ケツに火がつくと―――
        ある者は逃げ出し、ある者は踏みとどまる。 彼(チャーリー)は踏みとどまり ジョージは―――おやじの懐に隠れた。なのに君等はジョージを褒め、チャーリーを罰するのか?!!

        >終わりですかスレイド(フランク)氏?!

         いいや、話はこれからだ!卒業生のことは知らん!〜〜〜
        とにかく彼等の精神は死んでしまっている。今は平気で友を裏切る―――汚いイタチの巣化した。そういう連中を育てて世の中に送り出すのか?!それはこの学校の根本精神を―――踏みにじる事だ!!何て奴等だ!!今日のこの猿芝居は何だ!!この猿芝居で私の隣にいる若者だけが―――汚れない魂を持ち続けている。
        ここにいる誰か(校長)は彼を買収しようと―――甘い話を持ちかけたー――彼は売らなかった。

        >止めろ!!(木の槌を猛烈に叩く!!)

         君こそ止め給え!君はとんでもない校長だ!!一発見舞いたいが私は疲れ果てた盲人だ。五年前の私なら火炎放射器で―――ここを焼き払っていた!!おれを甘く見るな!!おれは多くを見てきた。昔は見る目があった。此処の生徒より年若い少年たちが―――腕をもぎとられ脚を吹き飛ばされた。だが誰よりも無惨だったのは魂を潰された奴だ。潰された魂に義足は付かない。
        君等はこの優れた兵士(チャーリー)を―――むざむざ故郷に追い返すだけではなく―――彼の魂を殺そうとしているのだ!!
        ”ベア―ド校の名を汚した生徒だから” その名を汚しているのは他ならぬ君等だ!!ハリーにジミーにトレント(これぞ犯人達)
        聞いているか?!貴様等にも言う!!Fuck you too!!(くたばれ!!)

        >黙って貰おう!!(強烈に木槌を叩く!!)

         まだ先がある。あんたは言った!”ここはこの国の指導者の育成校だ”と。 根が腐っていて何が育つのかね?この学校の根は腐っている!!どんな指導者を育成しているのやら?全く恐ろしい話だ。私にはチャーリーの沈黙の正誤は判断出来ない。だが、彼は決して―――自分の得のために友達を売る人間ではない!!
        それが人間の持つ高潔さだ!!それが勇気だ!!指導者が持つべき素質はそれだ。。私は何度か人生の岐路に立った!どっちの道が正しいか判断できた。だがその道を行かなかった。You know
        why? 困難な道だったからだ
        | エピ | 2010/01/17 6:31 PM |
        >字数が多過ぎて途中でチョン切れてしまいましたので、続きをもう少し。。。  

        ・・・・・チャーリーも岐路に直面し、そして彼は正しい道を選んだ。真の人間を形成する信念の道だ。 彼の旅を続けさせてやろう!彼の未来は君等委員の手中にある。価値ある未来だ。。
        どうか潰さずに守ってやってくれ!!愛情を持って!!いつかそれが誇れる日が来る。Believe me!!・・・・満場の万雷の拍手!!

         受けたぞ!!(フランク大満足!!)

         チャーリーと二人でキャンバスを帰る後ろから委員の一人であったクリスティーヌが追いかけてきて、フランクにお礼を言うのですが、ふと彼女の匂いを嗅ぎ当てて、当てられた美女クリスティーヌは自失呆然・・・・・さもありなん^^;vvv女性の皆さん方はさぞかし嬉しかろうて、、

         何時の日か真央に握手を匂ひかな   海老爺^^;
        | エピ | 2010/01/17 6:57 PM |
        D・フランシスの作品で私が好きなのは「査問」「黄金」「侵入」あたりですかね〜
        世間的には「血統」や「本命」あたりが人気のようです。
        フランシスももう90歳を超えたのかな・・一時引退したのですが、3年程前息子との共著という形で復活しました。
        晩年の作品はもうあまり面白くないですけど・・

        推理小説では他にT・ジェファーソン・パーカーという作家の「サイレント・ジョー」(アメリカ探偵作家クラブ賞受賞・ハヤカワ文庫)と、P・J・トレーシーの「天使が震える夜明け」(ヴィレッジブックス)もお薦めです。
        | じゅれ | 2010/01/17 8:25 PM |
        じゅれさん。ありがとうございます。
        さっそく読んでみますね^^
        | 若菜 | 2010/01/17 9:39 PM |
        >若菜さん、昨日は月に一度の内科医検診と薬(これが目当て^^)の日でしたので、街に出て、紹介して頂いた青木やよひさんの力作本「ベートーヴェンの生涯」を求めて来ましたが、、本当に紹介して頂いて良かったです!!ハンディな新書本とは言え、その彼女の将に生涯掛けての「ベンちゃん考」・・・力作を超えて世界のベンちゃんファンを唸らせる論稿の女性の叡智とベンちゃんに成り切っての考察・・・洞察かな?!これは、どうも私の再学習のためのテキストにしなくてはと、思っています。何しろ、プロローグの「はじめに」の記述に、”ガツ―ン!!”と脳天を割られ。。
        一 家系と生い立ち では、従来の書物では捉えられない「幼少年時代」の問題が浮き彫りにされていて、祖父や父母のこと、その天性を生かしてくれた師や友人、そしてブロイニング家の人々
        特に夫人との邂逅。。苦しく悲しい生涯の中で、その与えられた天性を人類のために十二分に生かし大いなる音楽の遺産を残してくれた吾等のベンちゃんは、やはりラッキーボーイ・マンだったと、ベンちゃんを育ててくれた神の配慮に感謝せざるを得ません。。これから、じっくりと問題の「永遠の恋人」や時代性の中での彼の「批判と抵抗」の問題も含めて時折、対話させてくださいな。。若菜同志よ!!皆さんも、是非この本を手にしてみて下さい。ベンちゃんの見方や音楽観や歴史観が変わって来ますよ。
        | エピ | 2010/01/19 8:19 AM |
        フト思ったんですが、フランシスの晩年の作品は面白くないって・・もしや存命の方に晩年て使ってはいけない言葉でしたか?
        ここらへんの日本語の正しい使用方法がしっかり解っていないトホホ(死語?)な私です。

        全作品読破したミステリは他にアガサ・クリスティがいます。
        昔のイギリスの上流社会のクラシックな雰囲気が好きです。
        名前が(欧米は通り名が一般的ですよね)事件を解く鍵だったりするのは、日本人には考えられないですよね。
        そう言えば、ポエムアナがマイズナー選手の演技中「彼女の名前はキンバリー・マイズナー」とか唐突に言った事ありましたね。
        アレは一体何だったんでしょう・ただの知識ひけらかし?
        フィギュアファンの大多数にウザイと思われているのに気付いたのか、今回の全日本は比較的大人しかったような気が・・・
        私のスルースキルに磨きが掛かっただけかしら???
        | じゅれ | 2010/01/19 9:08 PM |
        エピさん。
        青木やよひさんは残念ながら昨年の11月25日に亡くなられましたので、この著作が遺作になってしまいました。人生のほとんどをベートーヴェンに捧げたような一生でした。実に惜しい方をなくしたものです。
        青木さんはベートーヴェンが晩年に作曲した一群の弦楽四重奏曲に自分は何故感動するか、以下のように書かれているのが印象的でした。
        「…人間存在の究極の意味がそこに感じられたからだ。長い人生の間には喜びも絶望もあり、そして人は誰しも過ちをおかすものだろう。しかし最後まで、人間を超えた大いなるものに対して敬虔であるよう努めること、それが生きる意味だ、と」(p.244)

        じゅれさん。
        「晩年」は普通、亡くなられた人に使用するのが一般的でしょうね。しかし、じょじょに「存命中の人?」にも使う例が出てきているようです。
        「死にざま」という言葉がありますが、「生きざま」とは言わないものです。が、これはもう普通に使われるようになり、「市民権?」を得たようです。言葉は生き物ですから、恐い「先生方」がいくらプンプン言ったところで、どうにかなるものではありません。一千年前の清少納言も「枕草子」の中で、若い貴族の言葉使いの悪さを嘆いている段があるくらいです。

        アガサクリスティーは学生時代に面白くなり、私は三分の一くらいは読みました。恐らく推理物では世界の三本の指に入る天才的作家と思います。「吹雪荘の殺人」「そして誰もいなくなった」などは好きでした。
        アメリカ人ですがイギリスの推理小説に大きな影響を受けたヴァン・ダインもクラシックな雰囲気を懸命に出しています。やや饒舌でウンザリさせられますが、トリビアな知識の豊富さは面白かったです。
        世界で最高?の推理小説は、ドストエフスキーの「罪と罰」「カラマゾフの兄弟」でしょう。前者は金貸し老婆をいかに完全犯罪で殺すかというストーリーですし、後者は父親殺しが誰なのかがナゾというミステリーそのものです^^
        年齢とともに、エッセーや評論、詩歌や戯曲は読みますが、小説はキッカケがない限り、段々読むのがおっくうになってしまいました。
        | 若菜 | 2010/01/19 10:50 PM |
        >有難いことに、目下「存命中^^;」の私が、素敵なお二人の「読書論」の中に割り込ませて頂いて、文学書は余り読んでいなくて、鼠のように聞き齧りでお恥ずかしき限りですが、お二人の会話がとても楽しそうで、つい、起き抜けに、お二人に一言づつ言わせて貰います^^;。。

        >じゅれさんに。
        私は、確かに「存命中」の晩年も晩年、大晩年の息も絶え絶えの老人ですが、お蔭さまで、若き女性の生き様の坩堝の中に投げ込まれて、真央の「生き様」に深く感銘・共感を致し、、幸いにも同じ思いのこれまた羨ましくも美しい若きフラウ様方・・・何時ぞやは真央熱烈声援のヤポニカアマゾネス軍団などと言わせて頂きましたが(これについては、質問・反論が一切なし^^?!)これ全て、やや、ベンちゃんの現代の70代に相当する、彼の50代の悪戦苦闘の最晩年の「生き様」ととても良く似通っているので、何時も、ベンちゃんなどと、この人類の大偉人先輩に馴れ馴れしく言わせて頂いている人間の仁義を弁えない不逞の輩ですが、まぁ、大目に見て頂いて、、そのギンギンギラギラのポエムアナについては私のスレで、村上佳菜子ちゃんを冒涜したとして、私が怒り心頭で公言しておきましたが、一時が万事で、彼の毒された心の片隅の「輩観」は、スケレンの悪たれ似非ボス女性供と何等変わっていないようですね。。
        >羨ましいのは「スルースキルに磨きが掛っている」と仰る、その辺の修業のスキルが流石だと、何時も、思っておりまする。どうも寝起きが良いのやら悪いのやら、失礼をば致しました。。

        で、この辺で、本題の、青木やよひさんについて、若菜さんのご配慮に感謝しつつ今日の第一声をば述べさせて頂きます。
        今朝は、青木さんの関係ブログ3〜4当り、とても女性としても人間としても高潔英明なお方であったと言うことが良く判り、改めて、知らぬこととは言え、私より3才年輩の、同じ戦争に毒された少年少女期を生き延びて戦後、薬学を学び、出版界に入られ恐らく「みすず書房」かな?お独りでロマン・ロラン全集の出版作業に当られたとのこと。私も、学生の頃、このロマン・ロランに夢中になったものとして、とても懐かしく嬉しく思いました。
        女性問題では日本の先駆者としての「エコフェミニスト」として世界の先駆者達に伍して活躍された由、そのお仲間の一人、富山妙子さんの名が出ておりましたので、私の敬愛して止まない富山さんなので、青木さんの人柄が、この友人関係だけで、判ってしまいました。。
        ベートーヴェン問題も、恐らく、みすず書房出版のロマン・ロラン全集(全7巻)の中の「ベートーヴェンの生涯」を片山さん達と手掛けられての、その思いが、以後のライフワークとしてのベートーヴェン研究になったものと思われます。とくにベートーヴェンと拘わった9人の女性研究など、、恐らくロマンローランの、一方的なベートーヴェン考・・・関係女性考に対する疑念が、、その遠大な真実を糾明する女性としても、、ベートーヴェン愛好家としてもその真実が知りたかったのだと思われます。。
        | エピ | 2010/01/20 7:26 AM |
        >若菜さんへの続きです。。
        実はベンちゃんの思いの弦楽四重奏曲に寄せる↑の引用された思いは彼の最後の苦闘のの中で、これも特に弟や甥達のために、生きんが為の貴族王侯社会の中で生活の糧を得ようと、最後の2年の健康状態は、思いの作曲を頓挫させねばならない状態で、しかも、青木さんの解明の中での卑劣な秘書役のシントラーの誠意のない存在が、如何にベートーベンの寿命を縮めたか?!の不遇もあり、ベートーヴェンのこの兄弟・甥思いの異常なまでの人間愛を思うと、よくよくの深い人間愛を持ちながら、次々に人間に背かれて行くベートーヴェンの不幸は、神を責めたくなる、、その容貌、性格、言動、、素敵な女性に愛されながら、何故にその愛が貫けなかったかの、相互の問題。。人間社会の、、時代の、、人間資質の。。問題がベートーヴェンには負の負目が多すぎる。

        >今朝は、ロマン・ローランが無人島に行く時持って行く曲は
        ベンちゃんの晩年の「弦楽四重奏曲5曲・・・第12・13・14・15・16
        番」だと言っていますが、そんな思いで青木先輩を偲んで、今朝は特に最後の第16番へ長調op.135を聴いてみました。。
        一言”人生を振り返って”のベンちゃんの思いが、ひしと伝ってきますが、彼曰く、”人生は斯くあるべきか?〜斯く在るべし!
        判った!そうだった!!”なんて思いが聴こえて来ましたよ^^。
        この期に及んで、最後の第4楽章のベンちゃんが付けた標題は「苦しんでつけた決心」でしたが、聴いていて、その背負いきれない心身ともに苦渋と不幸に満ちた善人ベートーヴェンが、じゃんけんポン!と爽やかにユーモラスに童心に返って地球に、同胞達に別れを告げている潔さが、大変感動的でした。。嫁菜さんじゃなかった、若菜さんはどう思われましたかな???
        | エピ | 2010/01/20 8:16 AM |
        皆様こんにちは^^

        ギャンブルのこと、ちょっとお話させてください。もう話題は読書論になっているのに、遅くに終わったお話をしてすみませんm(__)m

        ギャンブルには「還元率」というものがあって、出したお金が戻ってくる期待値の割合を示しています。
        一般に
        宝くじ・toto 還元率45%
        競艇・競馬 還元率75%
        パチンコ・パチスロ 還元率80〜90%
        と言われていて、これによると宝くじだと55%が経営側の利益になるわけです。パチンコも、高還元率ではありますが、回数を重ねれば重ねるほど、経営側に利益が回るようになっています。

        宝くじ・・・。めったに当たるものではありませんが・・・!先日、友人が興奮しながら「この前、旅行に連れてってもらった」と言うので詳しく話を聞いたら、この友人の高校の時のお友達が宝くじ1等に当選し、たくさんのお友達を連れて旅行を楽しんできたと言うのです。ひえ〜、当たることもあるんですね、やっぱり。私は夏と冬に少しだけ買いますが、いつも300円に当選です(^_^;)

        お酒もタバコも嗜まない夫の唯一、じゃない、唯3の趣味は、スキー・スノボ(エピさんお住まいの近くの白馬にはよく行ってましたよ^^)、バドミントン、パチ・パチスロ。
        パチの趣味には、最初は抵抗がありました(-_-;)でも、収支をきちんと記録し、いまだに年間収支がマイナスになったことがないので、今では頑張って、と送り出しています^_^;パチのお陰で、結婚してから一度もお小遣いをあげたことはないし、プラス分で車も1台購入できました(院の時にも車1台買い、しかも仕送りもういらないと止めてもらったそうです。)変なところで才能が花開いてしまった夫です。(育児は手伝ってくれてます。子供達をお風呂に入れてからいそいそとお出かけ)でも、パチンコ業界にも不況の波がきているのか、年々勝ちにくくなってきています。4,5年前の収支と比べると、昨年の収支は寂しい限り。パチ・パチスロは、その台、その台の特徴・スペックをしっかり調べ上げ、自分の住んでいる地区のいろいろな店の状況、うちは出ますよ〜とアピールするため客側に出したい台・利益を回収したい台の見極めができれば(釘を見たりとか)、そういう努力を日々積み重ねることによってトータルプラスにつながってきてたんですが・・・。夫の趣味が一つ減る日は近そうです。年間収支マイナスになったら止めるときっぱり言ってるんで・・。私としては、タバコの副流煙が心配なので、はやく止めたほうがいいと思います。あと、複雑なのは、パチ屋さんの多くが在日企業なこと。ふだんそういう企業の商品は買わないようにしてるのに・・(-_-;)
        やっぱり本業のお仕事が一番大事です。当たり前ですね^_^;

        長々と動画と関係ない話をすみませんでしたm(__)m
        | ゆあママ | 2010/01/20 4:17 PM |
        ベートーヴェンが最後に完成させた弦楽四重奏曲16番は、青木さんの言う、人間を超えた大いなるものに対しての敬虔な祈りを感じさせますが、それはあくまで一つの側面でしょう。私はむしろ、ベートーヴェンが晩年に自ら獲得した平静さや清明さ、そして世界と戯れるイロニー、諧謔さを強く感じます。
        かつてよく見られた精神的緊張や英雄的高揚感からようやく解放され、自由になった充足感のようなものでしょうか。
        しかし、随所に虚空を睨んだ気むずかしい老人がぶつぶつ言う独り言の不協和音も聴こえて来ます。
        こうした多様な自由性がこの曲の無類の魅力だと思います。
        しかも、さほど長い曲でも晦渋な楽想でもなく、寄り付き易さといいますか、親密感もあるので私などはしばしば聴きたくなります。
        | 若菜 | 2010/01/20 6:24 PM |
        今現在何歳だろうと、実際人生を終ってみなければ寿命なんて判らないのに、晩年とは本当に失礼極まりない表現でしたね。
        フランシスが一旦作家を引退したのは奥様を亡くされたのも原因のひとつと聞いていましたが、最近は北欧出身のガールフレンドがいるらしいし・・
        エピさんも心に若い菩薩様が棲んでいるので、まだまだまだまだ青春ですよ(*^_^*)

        エッセーは昔は読んだ事もありますが、最近は縁がないです。
        戯曲はアガサしか読んだ事がありません。戯曲に興味がないので、読んだ当時は何故普通に小説にしないで戯曲仕立てで書いたのかしら?とか思いました。
        面白かったですけどね・・・
        最近一番読む機会が多いのはファンタジィです。
        ユニコーンとかペガサスとか伝説の動物は沢山いるのに、ファンタジイ作家はドラゴン好きが多いですね。
        剣と魔法のテーマが多いので戦える動物と言う事でドラゴンなのかしら・・
        一昨年だったかな〜珍しい韓国人作家のドラゴンを扱ったファンタジイ小説を読みました。
        真央ちゃん絡みであの国に気持ちがドン引きしていた頃で、彼に薦められた時もあまり気乗りがしなかったんですよね。
        それが、1度読み出したらもう面白くて止まらない・8巻くらいあったと思いますがもう一気でした。
        いつもだったら、永久保存版として残して読み返すくらい気に入った作品・でも捨ててしまいました。
        多分あの国の作家の物だから・・好きなモノが沢山ある方が幸せ・・いつもそう思っているんですけどね〜
        某さんが登場するまであの国には何の感情も持った事はなかったんですが、、、
        | じゅれ | 2010/01/20 9:09 PM |
        ゆあママさん、すごく詳しいですね
        勉強になります^^

        ちなもに我が夫の趣味の一つはパチンコです
        が、この不況ですから1円とか50銭パチンコとかあるらしく、もっぱら気晴らしに遊べる(多分遊べてると思います)
        パチンコに行っています^^

        負けてもちょっと勝っても何百円らしいです

        勝った何百円は貯金箱へ(*^。^*)

        ただ、あの業界はあちら系と聞きますよね
        それがいつも引っかかっています(>_<)
        が、気晴らしもしたいだろうし・・・と黙認中です

        私はサマ−と年末ジャンボの宝くじ派です
        未だ大きな当たりはないです(*^。^*)

        ゆあママさんの御主人は、すごいですね
        やはり、どんな事も努力が必要なんですね
        マイナスにせずに、ずっと出来るなんて中々ないんじゃないでしょうか?
        | 永遠のフィギュアファン | 2010/01/20 11:55 PM |
         
         愛すべき趣向ギャンブル夫婦愛^^v  枝氷

         執心の趣向が自動車ゲットせり!!^^w♪/ 〃

         還元率諫言率か甘言(寛厳)か?^^;   〃

         一円の楽しみ百円貯金箱^^v  〃

         ダンス良しパチンコ夫婦で行けばグ――!! 〃

         せびられて幼き娘と弾きたる
                空しき音よ玉出ぬ木曽路  若き馬央

         父と娘(3才)の侘しき谷のパチの音よ^^;  〃

         想ひ出すギャンブル父子の谷の街^^w  〃

         ふと起きて釜揚げうどん味噌汁に  〃

         一杯の昨夜の味噌汁タレになり^^v 〃

         真白なる湯気の釜揚うどんかな  草間時彦

         酒よりも鍋焼を欲り老い兆す  瀧春一

         みちのくの雪降る町の夜鷹蕎麦 山口青邨

         赤椀に龍も出そうなそば湯かな  一茶

         生姜湯や生きて五十の咽喉仏  石塚友二

         葛湯吹きいよよ無口の夫(つま)となりぬ 肥田埜恵子

         粕汁に酔いし瞼や庵が妻  日野草城

         寄せ鍋や打ち込みし妓のうす情  〃

         寄せ鍋や真央を囲んで変奏曲^^ ^^ ^^ ^^ ^^枝氷

         石狩の鍋に相伴マダム永遠^^vvv 〃

         混沌として湯豆腐の如き老い  〃  
        | エピ | 2010/01/21 8:26 AM |
        エピさん、おはようございます

        今コメント欄をあけたら、エピさんの愉快な句が(*^_^*)
        寒いからお鍋しょっちゅう食べています

        我が家の100円と500円貯金箱は結構すごいんですよ
        子供たちはあまり電車に乗らず30分、40分くらい平気であるくので、歩いた時は電車代などとして貯金しています

        札幌駅まで、地下鉄で駅6つですが歩いて行きます^^
        私は電車です・笑

        皆の努力で結構たまります(*^^)v

        今日はゴミ出し日・沢山(ごみ袋40&#8467;・10こくらい)あるので、これからだしてきま〜〜す
        | 永遠のフィギュアファン | 2010/01/21 8:40 AM |
        >>”〜まだまだまだまだ青春ですね(*^_^*)”<<

         嬉しさは”まだ”x4タイムズの思ひかな^^T_T 枝氷

         言の葉や真央菩薩が老いの心に・・・

         棲むと言う嬉しき思ひ吾は忘れじ  〃

         真央と征く無数のファンとバンクーバー!! 〃

         ショパンもチャイコもハチャトリアンもラフマニノフも
         メンデルスゾーンも、そしてやがて演技させて貰う楽聖・・・
         ベートーヴェンも真央の演技を見守り給え、力を与え給え!!
        | エピ | 2010/01/21 9:41 AM |
        >永遠さん、今日は^^。三日ほど前は、城下町朝起きたらマイナス13℃でビックリ仰天しましたが、昨夜から大風が吹き、今朝起きたら春模様の雨。。天なる神のご機嫌はどうなって居ることやら??聞けばゆあママさんが来た事のある白馬は1メートル位の雪があるそうですが、城下街はnothing^^vで助かりますが、そちらは、しばれる雪国。大変でしょうが、子達の歩け歩け運動で小銭をしっかり貯めて、この破局的な経済事情の中で、働くことの意味と労働の成果の生きる糧≒貨幣の大切さ、有難さを子達に痛感させて、生きることの厳しさ、有難さを共に学んで行って下さいな^^v

        >ご主人が、ゆあママさんのご主人とは月とスッポン^^;の相違なれども同じ穴の狢とは、爺さん、笑ってしまいましたよ。以心伝心とはこのこと。。素はといえば誰かさんの「競馬」の話。。
        それを吾が「馬党」の爺さんが噛み付いたら、↑ゆあママにさらりと交わされた^^www何のこっちゃ。。。
        それにしても日本海の長身よか男子は物凄いことをやられたようですね^^w/でも、これからはそうは問屋が卸しませんよねぇ。一円パチンコの勝利でしょう。負けても大したことはありませんから。。ウッシッシ。。

        >私も、昔は、山男&ダウンヒラ―で歩くことには自信があり、昭和27年頃の学生時代、自炊生活の京都へ城下町から運んだトランク入りのコメを担いで京都駅から烏丸通りを御所から通り突き当りの烏丸車庫付近の下宿まで電車賃を稼いで歩いたことをふと想い出しました。。駅から背負うではなくて肩で担いで何度休憩しながら京都の市内を縦断したことでしょうか?!!これに懲りて、次回からは永遠さんのように電車に乗りましたが、若さと、貧困学生の生きるための執念が、今も燃えて真央熱烈青年(じゅれさんに褒め励まして貰ったので^^;)エピエピでっせ!!ガッツじゃ!!!

        >実は、何時やら犬のお話をした家内の姉の次男が転勤で江戸から札幌・中央区北四条へ昨年。。一人娘が今年は小1となりますがママの姉は最高学府の才媛で、妹も凄い勉強家で仲良くサッポロビールを二人で飲んでいるようです?^^w/

        >私の貯金箱は孫に貰った瀬戸の直径10センチ程の100円玉黒と白のサッカーボールの貯金箱。。最近は家内が居たので入れませんでしたが、今日からは、そちらを見習って貯め込みましょう!!今持ち上げて見ましたら相当の重さですよ。ウシ。ウマ。

        >咳は止まりましたか?!「腹式呼吸」を継続して下さいよ!
        | エピ | 2010/01/21 11:15 AM |
        >ベンちゃんトークをさせて頂きまひょ^^v。。

        >青木やよひさんの「べートーヴェンの生涯」の章題の凄さ。。

        第一章 ボン時代のベートーヴェン

        第二章 ウィーン生活の光と影

        第三章 豊かな創造の時期

        第四章 栄光と絶望の『日記』

        第五章 人類へのメッセージ

           一 内と外との平和を求めて

           二 『ミサ』から『第九』へ

           三 <神なるもの>への感謝の歌

           四 病床の日々と死後の栄光


        >> 三 <神なるもの>への感謝の歌
           
            最後の弦楽四重奏曲の世界
        〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
        ”最後の四重奏曲群では、作曲家はもはや自我の主体者として語ることはない。かくれた神々の手が奏でるような高度で自在な音楽技法を駆使しながら、自らは一個の矛盾のかたまりのまま、星々の輝く天空の下で宇宙という大洋に身をゆだねて、時にはそれと戯れているかのようだ。この神秘的な静謐に満たされた世界
        ―――かって二十歳そこそこの私がそれにうたれたのはなぜか?
        人間存在の究極の意味がそこに感じられたからだ。長い人生の間には喜びも絶望もあり、そして人は誰しも過ちをおかすものだろう。しかし最後まで、人間を超えた大いなるものに対して敬虔であるように努めること、それが生きる意味だ、と。〜〜〜〜〜
        〜〜また二十世紀前半のフランスでこれらの四重奏曲を高く評価し、その楽曲分析を詳しく行なったロマン・ロランは次のように述べている。

         すべての作品は共に深い詩情にひたされ、その一つ一つが、あるいは叙事的、あるいは叙情的、あるいは劇的な一個の詩、精密かつ緊密に作られている点では、言語によって書かれたもっとも美しい詩に匹敵し、しかもそれ以上に深く意識下の世界にまで入り込む一個の詩となっている。

         ベートーヴェンが<音詩人(トーン・ディヒター)>とよばれるゆえんがここにある。”  と青木やよひさんは素晴らしい表現でベートーヴェンの最後の弦楽四重奏曲を高く評価しています。

        ↑で紹介して下さった若菜さんのその思ひも青木さんの思いのように重厚で素晴らしく、改めて此処でリフレインしませんが、実に苦難を超克して辿り着いた人間ベートーヴェンが、生身の病に打ちのめされ、時代や人間社会の壮絶なる矛盾の中で、打ちのめされることなく敢然と戦い、若菜さんの捉えられるように、見事なベートーヴェンの主体性を確立し、その「人間解放の歌」を美しく朗々とユーモアと風刺の思いを込めて、若菜さんの仰るように、「世界と戯れるイロニー、諧謔性」を持って、彼独特の、、
        「気むずかしい虚空を睨んでのブツブツと言う独り言が聞こえてくる」ようですよねぇ。。本当に。。

        >実は、こんなベンちゃんの「辞世曲」のような第16番op.135
        番でありながら解説者は、、実はこの曲の第四楽章のベンちゃんの発想は雇っている家政婦との給金についての雇い主のベンちゃんと家政婦との「押し問答」の生々しき両者の言い分が、繰り返され、何とか二人の言い分が纏まり落ち着いての、、”そうでなければならないのか?!”〜”そうでなければならない!!”
        ”あいや、判った!そうしよう!!^^wvwv”のベンちゃんの家政婦への給金アップの支払いの決断こそ、偏屈人間、因業人間ベンちゃんの生まれ変わった善意の悟りの境地が描かれていると見ますが、嫁菜さん、じゃなかった、若菜さん、どうじゃろかいのう??
        | エピ | 2010/01/21 4:48 PM |
        ゆあママさんの旦那様の才能は凄いですね。
        私の彼は仕事で外に出る事が多かった頃は、時間調整の為にパチンコ屋さんを利用する事があったみたいです。
        景品のチョコレートをよく貰ったので、その程度のセンスみたいです。
        私は煙草の煙が苦手なので、あの店内は駄目ですね。

        ギャンブルと言えば、ラスベガスに行った事があるんですが・・
        私達はスロットでちょっと遊んだくらいで、テーマパークのようなホテルのハシゴと無料のショーを見たりで、殆どお金は使わなかったです。
        時差ボケと言うほどではなかったのですが、微妙に2時間くらい体内時計がズレテいたのか、不夜城のラスベガスで毎日早寝早起きで・・
        カジノが賑わう頃はもうグースカ寝ていたので、ドレスアップした人達を見られなかったのは残念。
        チェックインする時混んでいて、並んでいたらバニーガールがタダでコーラやペットボトルのお水をくれました。
        お洒落なバニーちゃんを間近で見られたのは嬉しい(^^♪
        | じゅれ | 2010/01/21 8:16 PM |
        エピさん、こんばんは

        同じような天候ですね^^
        雪が降った後、雨で春模様でした
        昨夜から再び降ってこれから益々気温が下がるみたいです

        腹式呼吸頑張ってますよ
        咳が布団に入った時や外の寒い空気にあたると急に出はじめて、パッとしません
        夜寝る前にしています
        咳ってやっかいですね

        かれこれ2週間半です
        | 永遠のフィギュアファン | 2010/01/21 9:49 PM |
        じゅれさん、こんばんは^^
        ラスベガスって映画の中での存在ですが、一度見てみたい所です
        ギャンブルに興味はないのですが、きらびやかな光の洪水のイメ−ジがあるので、覗いてみたいものです^^

        ドレスアップした人達が集う夜ってのを見たいですね〜^^
        バブルの頃は日本人も大勢ギャンブルに興じていたと聞きました

        | 永遠のフィギュアファン | 2010/01/21 9:54 PM |
        >宝くじ・toto 還元率45%
        >競艇・競馬 還元率75%
        >パチンコ・パチスロ 還元率80〜90%

        思わぬ方から思わぬコメントが入り、びっくりです^^
        お蔭様で私のコメントがデータで裏付けられました。
        ゆあママさん、ありがとうございます。
        ご主人が183cmとは偉丈夫でいらっしゃいますね。きっとハンサムなのでしょうね。するとゆあママさんも背が高いのかしら。

        パチンコとパチスロは興味はありますが、一人では店内に入るのは気が引けますし、知人からは「女性はパチンコで身を持ち崩すことよくあるし、アンタはムキになり易い性格だから絶対やめときな」と言われ、まだ未経験です。


        ……私の想像や妄想、夢想に比べれば、

        宝くじも競馬もtotoもパチンコも
                   たとへて言へばうつつなりけり  若菜


        …つゆばかり会ひそめたる人のもとに、

        白露も夢もこの世もまぼろしも
                   たとへて言えばひさしかりけり  和泉式部
        | 若菜 | 2010/01/21 11:22 PM |

        弦楽四重奏曲16番ヘ長調。
        家政婦の給金の解釈から、神秘的な解釈まであるそうですが、いづれも決定打ではないようですね。しかし、こうしたさまざまな解釈を許す多様性がこの曲の特質でもあると思います。

        出典を思い出せないのですが、ある本で読んだエピソードを覚えています。
        この弦楽四重奏曲を作曲している時、ベートーヴェンは弟の住むグナイクセンドルフにいたそうですね。ここに家政婦がいた。ある日、清掃中の家政婦がベートーヴェンの部屋を覗くと、彼は作曲中。すると突然彼はリズムをとるためか、声を上げたり手を叩いたり足で床を打ったりしていた。それを見た家政婦が可笑しくて笑った。それに気がついたベートーヴェンは即座にその家政婦をクビにしたそうです。
        ひょっとするとこのエピソードと関係があるかもしれないですね。
        あんまり夢の無い話しですが。

        青木やよひさんのエピソード。これも出典を失念してしまいましたが。
        ベートーヴェンが晩年に作曲した「ディアベッリの主題による変奏曲」があります。大物です。ところがどこの出版社からも「晦渋過ぎる」とて、見向きにされず、一文にもならなかったそうです。
        出版社からの「もっと通俗的に書き直せば売れる」との要請は、もちろん彼は一切受け付けなかった。
        失望してトボトボと出版社から帰って行くベートーヴェン。この話しに青木さんは痛く感動し、心底からベートーヴェンを愛しいと思ったそうです。
        | 若菜 | 2010/01/22 12:48 AM |
        >暖房なしの室内温度6℃の鳥の声も聞こえぬ快晴の山麓から、と打とうとしたら、ヒヨドリのしゃがれ声が一声、急激な気象の変化の中で彼等の明かした一夜を思う、、、T__T

        昨日の朝、皆さんに送った冒頭の♪カプリースの作曲者を間違えてメンデルスゾーンなんて、トホホホ・・・パガニーニでした^^;

        改めて、ショパンもぺーチャもハチャもラフもパガも、そしてやがて老練無比なる世界の真央が躍らせて頂く楽聖ベンちゃんも、
        吾等が真央の演技を見守り給え、力を与え給え!!とお願いします。。

        さすが、復活したかと私は喜んで見たプル兄の4+3も世界一のステップも今一だと鋭い観察眼の皆さんのご指摘。。でもあの足の状態では、ボルショイまでいかなくても、ハラショー!でしょうが。。見るとやるとでは、かくも思いの違いかな??!!

        >>ピアニストの永遠さんに今朝もベンちゃん語りを、、若菜さんも聞いて下さい。。昨日から今朝に掛けて、ポリーニの快心の演奏でベンちゃんの≪♪ディアベッリ変奏曲≫を聞き齧っています。。何度聴いてもこの曲のベンちゃんの他の曲では絶対に聴くことが出来ない茫洋としたスケールの性格、闊達な性格、そして人間がその時代の中で創作した楽器・・・ピアノを斯くも多様に唸らせ喚かせその人間の声をストレートに聞かせてくれたのはベンちゃんのこの♪ディアベッリの他は知らない!!これは、ベンちゃんが52才の時、それまで30代〜40代〜と苦渋に満ちた身心の苦悩の中で50代の最後を飾る生涯の中で、斯かる偉大な人類の楽聖を食べさせてくれない権力支配構造の王侯貴族商人階級の横暴にてその貧しさの中で、その障害と闘いながら作曲していく音楽家たち。。ベンちゃんのこの♪ディアべッリのそんな中での作曲に至る背景をご存知でしょうが、リフレイン致します!べんちゃん健康を殊の外、害した50代、ご存知、の名曲、ピアノソナタ癸械(1820)・31(1821)・32(1822)番の3曲は50
        〜52才の時のもの。。この最終名盤ソナタ32番ハ短調を作曲した52才のベンちゃんはそんな健康の最悪の時の作品。。それまでの悪化の一途を辿っていたその健康状態が快方に向かい、悲嘆に暮れていた彼の人生に作曲の興味が戻り、創作意欲が急激に高まりを見せて暮れたのがその翌年の1823年(53才)の年でした。。だから、♪ミサ・ソレム二スや♪第九を同時に彼は打ち込み、更に歌劇なども合わせて考えて将に鳥の死なんとするや、その声や佳し!のべんちゃんでした。。
        その生涯の大曲ピアノソナタ3曲に次いで意欲の1823年の大曲2作に挟まれて彼の遊び心で創り出したのがこの≪♪ディアべッリ≫・・・この曲はご機嫌なぼろ儲けの出版商人のアントン・ディアべッリが少しばかり音楽が出来るとて自身の曲の♪変奏曲を名作曲家に依頼しその顔ぶれがモーツアルト、シューベルトからリストまで、なんと50人、、当然、ベンちゃんのところにも来た訳ですが、ベンちゃんは、”靴屋の皮”のような曲だと笑って一蹴していたのですが、悪い遊び心で、何時の間にか、作りに作ったは・・・・・♪33変奏曲♪・・・・・この巨大な作品を書き上げてしまったその遊び心が、以後、ベートーヴェンの偉大さが世に問われることになりました^^v^^v。。。。凄い曲です!!!!

        エドヴィン・フィッシャーは言う⇒⇒⇒「「デイアベリの主題による変奏曲」におけるベートーヴェンほど、包括的にもろもろの世界を一身に集約し、来るべき時代を予感した作曲家はかってなかった。ここでは33の変奏のなかに、ピアノはどのような可能性を有っているかということ、そして、一人の天才がそれをどれほどまで活かし得るものであるかということの、輪郭が示されているのである。」(「ベートーヴェンのピアノ曲集」より)
        | エピ | 2010/01/22 8:37 AM |

         氷雲を睥睨光輝すアルプス  枝氷

         愚劣かな晦渋(かいじゅう)作品との曖昧   〃

         稚拙なる商魂に打ち拉がれて・・・  

         ベンちゃんトボトボと帰るの景哀れ 〃

         青木女史甚く感動するの巻TへT  〃

         この↑話吾知らずに聴きたる♪ディアべッリ 〃

         テーマ曲中々のもの軽快に^^v  〃

         次々と変奏王の繰り出す妙技33!! 〃

         晦顕(かいけん)の何れやディアべッリの思い?! 〃

         稚拙なるディアべッリの商魂に感謝!! 〃

         家政婦や他のエピソードであれグート^^v 〃

         偉大なる「名作」誕生の背景^^vvv 〃

         如何様にでも想起するの楽しみ甚大!! 〃

        ☆問題提起の作品・・・♪弦楽四重奏曲第16番へ長調作品135
                ・・・♪ディアべッリの主題による33の変奏曲
                  ハ長調作品120 
        | エピ | 2010/01/22 2:30 PM |
        >大好きな音楽才能と語りのアイロニー秀才^^と思っている池辺晋一郎さんの『池辺晋一郎の「新ベートーヴェン考」 ベートーヴェンの音符たち』による、晋一郎氏曰く「”言うまでもないことをあえて言いますが、ベートーヴェンはやはりフツウじゃない作曲家なのです”と坦々と言い切ったその本の内容は、ピアニストの永遠さんが読めばたちどころに判り感銘を受ける本です。勿論、他の皆さんも。。私は楽譜が読めないのでアウトTへTです。

        目次

        はじめに

        振り子の原理――交響曲第1番

        「大公」に対抗する曲、なし――ピアノ三重奏曲第7番「大公」

        振幅の大きな名曲――クロイツェル・ソナタ

        緻密、重厚なゲキバン――序曲「エグモンド」

        意図の貫徹――ピアノ協奏曲第4番

        ナイーブの極、ナイーブな曲――ピアノ・ソナタ第14番「月光」

        もっと楽器を!――交響曲第7番

        ブーメランのおいしい戻りかた――チェロ・ソナタ第3番

        個性的な3曲のワンセット――弦楽四重奏曲第7〜9番

        アデライーデ――歌を忘れないで

        運命の弟という運命(さだめ)――交響曲第6番「田園」

        足どり大きく、でも緻密――ミサ・ソレム二ス

        森か、石か、あるいは森の石!――ワルトシュタイン・ソナタ

        「あぶり出し」の面白さ――交響曲第3番「英雄」のスケルツォ

        やはりすごい曲ですよ・・・・・・ピアノ協奏曲第5番「皇帝」

        人生を振り返って・・・・・・弦楽四重奏曲第16番

        草々・敬具・かしこ・・・挨拶をきちんと――ヴァイオリン協奏曲

        気楽に?律儀に?――三重奏曲、六重奏曲など

        運命に立ち向かって・・・・・・交響曲第5番

        少年は巨人を目指す――3つの選帝侯ソナタ

        日蔭に咲いた優しい花――交響曲第4番

        春の陽はのたりのたりかな――ヴァイオリンソナタ第5番「春」

        愛するにはあまりに崇高?――オペラ「フィデリオ」

        シンプルなのに普遍的な「歓喜の歌」――交響曲第9番

                                 以上
        | エピ | 2010/01/22 3:21 PM |
        皆様こんにちは^^

        1円パチンコは投資が少なく遊べるのでいいですよね^^ただ、日本で1,2を争うパチンコで勝つのが大変な県、石川。(規制の厳しさは全国でも有数。イベント禁止だし。パチプロは近づかない県でしょう)1パチはお店側としては利益が薄いからか、釘がしまっててあまり回らないんですよ。ちょっと遊ぼうと思っても、なかなか厳しい我が石川(・_・;)夫は休みの日にはたまに福井に行ってます。
        不況でお給料が下がってしまったので・・・やっぱりパチで頑張ってくれてるのはありがたいです(>_<)

        私も、子供ができるまでは夫とパチ行ってました。夫の言うとおりに打ってたら私も勝てましたが、これがまぁ厳しい!スパルタ?1000円で何回回ったかチェックしろとうるさいし、ボーダーライン(パチンコ台における単位金額あたりのデジタル回転数が、理論上損益分岐点を上回るとされる数値のこと)を下回れば、どんなに楽しく打ってても止めろと言う。普段はいかにもO型〜というかんじで大らかな人なのに、パチをすると人格が変わる(-_-;)熱くなるどころか極寒というくらい冷静。夫にとっては遊びじゃないんでしょうね。。

        ラスベガスですが、新婚旅行に予定してたのに、9.11があり(私たちは2001年9月に結婚)家族が飛行機は危ないと猛反対したので行けませんでした(+_+)時期を遅らせれば大丈夫だろうと言ったのだけどアメリカはダメと言われオーストラリアへ。カジノには行きましたが、やっぱりラスベガスに行ってみたかったです。ギャンブラーとしては(^.^)じゅれさん、いいなぁ^^
        オーストラリアのカジノで、スロットマシンに最初にコインを入れた1回転目でいきなりコインがドドドと1万円ぶんくらい出たので驚きました。でも全部使ってさらに追い金して負けてきましたけど^^;
        スロットは高速で回ってますが、夫は絵柄がみな止まって見えるそうです。動体視力はパチスロで鍛えられてます。。。その努力、もっと他のことに生かせればいいのに(^_^;)
        | ゆあママ | 2010/01/22 4:28 PM |

         驚きの「夫唱婦随」の「邂逅」よ^^;w♪/  枝氷

         パチンコ店目の色変えて鍛えたる・・・

         愛しの愛弟子新妻は二女の母^^;vvv  〃

         何事も経験なるぞ愛し妻!!  ガリバー国の大男の夫^^v

         吾を見よ妻子を養うためにこそ!!  〃

         素晴らしき別の世界か?!これが現実!! 馬翁

         ゆあママよ時には背の君掌に^^ ^^ ^^vvv 海老爺


         冬銀河真央の回転見守りぬ   枝氷<真央〜三連覇スレ>

         天才は99%の努力哉    〃  < 〃      >

         星冴えていのちの奇蹟真央の美よ 〃< 〃      >

        >>このスレの174.178の真央賛歌句をご覧あれ^^; 
        | エピ | 2010/01/23 8:36 AM |

         チョッピリと降りし雪溶け春のよう  枝氷

         麗らかやポリー二の♪ディアベリ鳴り響く 〃

         褒められしベンちゃんミューズの女神と遊ぶかな 〃

        >33曲で一番好きな曲はディアベリのテーマ曲ヴィヴァーチェ

         次は、心洗われる第26変奏(0:58秒)

         次は 憧れを秘めた美しいメロディの第29変奏(1:08秒)

         次は 第31変奏・・・ラールゴ・モルト・エスプレッシーボ
                               (4:49秒)

         最後は 第33変奏・・・テンポ・ディ・メヌエット、モデラー     ト ハ長調・・・優美な、静かに満ち足りたフィナーレ


         かのえ嬢(小高学年)坊やの母とはおませさん^^w  枝氷

         ヨド橋で姉弟逆転妹に?!(単に体型の違いだけではない!)〃

         かのえ嬢父母の慈愛の賜ぞ!(優しさ、可愛らしさが滲み出る)

         待たれるは19才の初恋か?ナヌ!3度目の恋とな!^^;〃
        | エピ | 2010/01/23 12:19 PM |
        エピさん、こんばんは

        今日は、末っ子が遂に自分の成績や勉強に不安を抱いたのか
        塾に通いたいと言い始め、2ヶ所ほど説明会にいってきました
        結局片方に明日から通う事になりましたが、延々お話をきいて疲れ果てさっきまで寝ていました

        今頃起きるとまた夜更かしかな〜〜
        夕飯の後すぐ眠くなってしまって・・

        4月で20歳を迎える娘の恋はまだまだ先になりそうです
        まだまだ食い気が先です^^
        | 永遠のフィギュアファン | 2010/01/23 10:44 PM |

         寝ては起き起きては現幻か  who?

         寝ては起き食べては現寒の暁  枝氷^^w

         寝ては起き起きては現寒の行  真央^^vvvの違い!!


        >2009.11.30のHorowitz,Schumann-'Arabesque'より

         ふかし芋割るやより添う冬の宿 横光利一(カラオケ夫婦^^)

         馬馳せる冬まんだらの雲の陰 富沢赤黄男(かきお)(馬男^^)

         み仏に美しきかな冬の塵 細見綾子(真央弥勒菩薩^^)

         女には紅さし指のありて冬 稲垣きくの(変奏曲マダム達^^)

         いつも師のうしろにいたり冬の旅 田中灯京(英艶さん^^)

         初冬や竹伐る山の鉈の音 夏目漱石(真央の修業の絵姿^^)

         初冬のけはひにあそぶ竹と月 原裕(真央ファンの日々^^)

        初冬の道伸びゆけば善光寺 広瀬直人(信濃路から変奏曲同志へ)

         シューベルトソナタを聴くや十一月尽 枝氷

        >シューベルトの遺作「イ長調」D.959をフォルテピアノのトヴェルスカヤと普通のピアノの内田光子で聴く。。心洗われる名曲なり。光子さんも凄いが、フォルテピアノには勝てませんでした。。
        >真央の演技はオルガン演奏で踊る異邦人とフォルテピアノになった真央のフォルテピアノの威厳と重厚性と歴史を感じさせる違いが見受けられました。。これ神意・天意なり。。
                        馬翁2009.11.30

         サイドワインダー流れ行くかな砂の上 枝氷

         嗽にもガラガラはあり微笑まし  〃

         ガラガラの声となりたる幸せや^^; 〃

        ガラガラは砂漠に生きる元気な子〃(サイドワインダースネイク)

         幸せは小さな幸せ足元の・・・・・ 〃

         カラオケの夫婦を真似て歌歌おう! 〃

         私は歌うよ♪リンゴの歌を!! 〃

         〜〜〜〜〜〜〜 でしたが、覚えていますか英艶さんよ!!
        | エピ | 2010/01/24 4:58 AM |
        >>変わらぬ思ひ<<2009.4.6 10:12PM

        「英艶さん今晩は。そして本業(主婦)に、最高のご趣味猛進^^にと日々お疲れさん!!聴けば私と同様、身体の方が余りご丈夫ではないのに、こんなことを始められて、、やっぱり心配しています。。嬉しいスレ友も増え出して嬉しい悲鳴をを挙げ始めたようですね。ご主人やお子達にも、しっかりと協力して戴いて、家族の総力を挙げて、この貴女のライフワーク的な、まさに現代の「情報化」時代の、今まで人間が想像も出来ない、お互いの共通する趣味での素敵な心の交流・・・スキンシップで大いに心を潤し、より豊かな心の遊びを続けながら、、貴女が良き妻&母として、、やがて私のように年老いた時、その生き様の全てが懐かしく楽しく悔いのない人生であったと先ずご主人と喜び合えるそんな歩みであることを祈っています。真央さんや管理人さんのお蔭での貴女との出会いを感謝しながら、今夜はしんみりと、〜エピ

        >>あれから9ヶ月がたちましたが、この処、お仲間たちも、ガッチリと固まり、思わぬ懐かしのお仲間も昨日は2人見えられ、私もとても嬉しいですよ^^vv
        加えて、夫々の女性同士のプライベートなお話、、その素直な思いを聞かせていただいて、何か、老いたる男性ではありますが、ジェンダーを超えて、同じ、このどうしようもない現代社会に生きる仲間としての真央の言う嬉しい”パワー^^”を感じます。。
        お互いに、当たり前のことですが、チョッピリと夢を持ち、前向きに、「今を生きる!」の思いを噛み締められる気持ちを大切にして行きたいものだと、今朝は、早起きは「3文の徳」とやら?
        懐かしいシューマンのホロヴィッツの弾く♪アラベスクを聴いていたら、あの頃のコメントが無性に懐かしく回想させて頂きました。。見れば、クララのプロフィールは何処となしに英艶さんに似ていますよ^^ウシ。。
        | エピ | 2010/01/24 5:42 AM |
        エピさん、おはようございます^^

        フィギュアファンはやめられない私
        真央ちゃんファンはもっとやめられない
        寒い冬を耐えていますが、疲れた時は休む寝る
        身体の自然な欲求に素直に従ってるので大丈夫ですよ^^
        時にコメント公開だけだったり、読んでるだけになってしまう事もありますがお許しをm(__)m


        サイドワインダー流れ行くかな砂の上 枝氷

         嗽にもガラガラはあり微笑まし  〃

         ガラガラの声となりたる幸せや^^; 〃

        ガラガラは砂漠に生きる元気な子〃(サイドワインダースネイク)

         幸せは小さな幸せ足元の・・・・・ 〃

         カラオケの夫婦を真似て歌歌おう! 〃

         私は歌うよ♪リンゴの歌を!! 〃

         〜〜〜〜〜〜〜 でしたが、覚えていますか英艶さんよ!!

        覚えていますよ〜〜(*^_^*)
        エピさんと私でヂュエットするならなんて曲?
        踊るなら?

        奥さまとはワルツ?タンゴ?(*^_^*)
        | 永遠のフィギュアファン | 2010/01/24 8:44 AM |

        寝ては起き起きたところで餅食べた^^; 馬王

        ヂュエットを誰かさんと♪ウインナブラッドで^^wv; エピ

        はにかみ屋婆さん踊ってくれましねTへT〃(踊ってくれない!)

        現世でスキンシップが最高よ!!!!!  〃 


        真央クララオルガに永遠踊りたや!!!!! 〃

        これは正しくヨハネスの思いなり  〃


        >>今、オルガ・トヴェルスカヤのフランツのPS20番イ長調
        D.595&♪楽興の時をフォルテピアノで聴いています。。
        トヴェルスカヤ曰く「シューベルトの音楽はD.595の冒頭に見られるような、楽器全体の発する威厳に満ちた音から、今日のピアニストには既に失われてしまった非常に効果的な装置であるモディラート・ペタルの覆われたような神秘的な性質の音(イ長調ソナタD.595のスケルツォのトリオや≪楽興の時≫第4番の中間部)まで、膨大な明暗と音色の領域を隅から隅まで応用している。またウナ・コルダの柔らかく軽やかな音は、ピアノに更に表現豊かな特質を与えている(ソナタの第2楽章)。
         フォルテピアノは、シューベルト固有の温かみのある歌のような音を引き出す。フォルテピアノで可能な無数の音色を駆使することによって、ただ1小節の間に気分、色彩、明暗の変化を突然もたらすシューベルト特有の技法を生かすことが出来るのだ。ここではタイミングが決定的な表現の技となり、ルパートがその本質的な意味で用いられる。
         また最後に言わねばならないのは、モダーンな楽器における演奏が強弱の範囲を最大限に活用することに集中しがちであるのに対し、フォルテピアノでは、音色や音域の間のコントラストを有益に用いることが出来るということである。このレコーディングに当時の楽器を用いることで、1820年頃のグラーフ・ピアノに175年もの間しまい込まれていた魔力、またシューベルトの霊感空気といったものを私は常に感じることが出来た。〜〜

        >オルガ・トヴェルスカヤ(1968←)ロシア生まれ〜1992年、モダーンピアノに見切りをつけイギリスに渡りフォルテピアノを学んだ。

        >シューベルトは彼女と光子さんとブレンデルで聴いています。
        | エピ | 2010/01/24 10:12 AM |

         起き抜けに一句浮ばぬ寒の暁  枝氷

         暖炉なき我が家の子等にサンタかな 〃

         折り曲げてすっくと立てる屏風かな  〃

         ダルマストーブの当番懐かしや  〃

         石炭の歴史は古し「産業革命」 〃

         終戦の石炭産業「ザ・ブラス」かな 〃

         練炭で5才の男子卵焼き 〃(真央に負けん気!私のこと^^)

         うたたねや叱る妻なき昼炬燵  〃

         炭くだく手のさびしさよかぼそさよ  一茶

         朝晴にぱちぱち炭のきげんかな  〃

         埋火のかき探しても一つかな  〃

         埋火や白湯もちんちん夜の雨  〃

         大原女の足投げ出してゐろりかな 〃

         おとろへや榾(ほた)折りかねる膝頭 〃

         翁さびうしろをあぶる榾火かな  〃

         更る夜の炭に鼠の匂ひかな 安介

         炭売の娘のあつき手に触りけり 飯田蛇笏

         小説も下手炭つぐことも下手 久保田万太郎

         学問のさびしさに堪え炭をつぐ 山口誓子

         さぶければ煙りもなつかしいぶり炭 渡辺水巴

         安炭のはしたなき音して熾(おこ)る 富安風生

         うたたねの夢美しやおきごたつ  久保より江

         横顔を炬燵にのせて日本の母  中村草田男

         無縁坂歌ひて泪母炬燵  枝氷

         炬燵出ず恋を捨てたるごとくなり  杉本禾人

         つれづれの手の美しき火桶かな  日野草城

         夫(つま)帰らぬ夜より行火(あんか)使いそむ 細井みち

         英艶さん火桶行火を知りたるや  枝氷

         炭斗(すみとり)や国の傾きありありと  田中裕明

        >田中氏は私の学友の社友にて45才の若さで2005年白血病にて逝く(合掌)・・・・・

         梨むく雫や春秋義戦なし  裕明

         末枯れて国のためとは誰も言わぬ 〃

         あそびをり人類以後も鳴く亀と 〃

         空へゆく階段のなし稲の花  〃
        | エピ | 2010/01/25 5:38 AM |
        エピさん、おはようございます^^

        信州も寒い朝を迎えているようですね
        こちらも都ははるみさんの”北の宿”が出てきそうな雰囲気です
        しんしんと降っています
        寒いです
        さむからなんでしょうか?夕方か夕飯後にちょっと寝てしまいます

        咳は少しづつ良くなってきました^^
        咳こみでの消耗もあったので、それが良くなってきてちょっとだけ楽です
        それでも買い物とかス−パ−には行かないわけにはいかないので、冬ごもりはできません

        なんだか薪スト−ブがほしくなります^^
        | 永遠のフィギュアファン | 2010/01/25 8:29 AM |

         大寒と言うのに何故か♪雨の歌(v.s) 枝氷(ヨハネスの)

         風呂上りカレーが食べたくて作りけり 〃

         昼も夜も天下一品真央の味?(演技の素晴らしさと同じ!)〃

        食べ終わりて聴くはPC第2番変ロ長調アラウ(ハインティンク)

         何時の日か真央にヨハネス躍らせたや! 馬王

         アメリカの選手と言えども日本人・・・

         未来は純潔日本人の真央を慕う妹・・・

         インタービューで真央姉さんのことを吹くは語るは・・・・・

         真央もさぞや可愛かろう^^vvv・・・・・・・・・

        >吾が部屋に小さな額入りの「未来のピンクのレディーゴー!」の写真左右の手の指が真央のよう・・・何から何まで姉さんをお手本にして、、愛しやな^^vvv横には真央姉さんが送ったメッセージ・・・「◇GANBATTE!! GOOD LUCK,Mirai!!
        From Mao (with a pair of skates & heart mark sign)」

        >レイチェル・フラットは体系的に美姫のようで精一杯!!

        >未来は真央のような性格、体型で末オソロシカ!!!見事にカムバックしましたね^^vvv

        >咳止めにプラスティックの湯たんぽで背中の背骨を暖めてやると良いそうですよ。(じんわりとね^^)>スリムな肉付きの少ない身体は身体が冷え勝ちなんですぞ。。寒がりの理由は、こんなところからか??・・・身体を暖める工夫をして欲しい・・・足腰保護の着方。。科学〜科学〜〜!パソコンで検索を!!

        薪ストーブで聴くかヨハネス燃えにけり(英艶肉付けて^^;)〃
         
        | エピ | 2010/01/25 6:49 PM |
        エピさん、おはようございます^^

        お手洗いにいきたくて・・・とうとう5時半におきてしまいました・・スト−ブをつけたら13℃・寒いです

        昨日は比較的暖かく感じたものの1日中雪が降ってました
        今日は大雪マ−クになってましたが、どうなるのだろう???

        真央ちゃん、韓国入りですね
        早く帰って来て欲しいです
        本当はあの国には行ってほしくないのだけど・・・


        腹式呼吸のおかげか?咳随分よくなりましたよ^^
        | 永遠のフィギュアファン | 2010/01/26 6:16 AM |

         お互いに「酸欠人間」克服を!!  馬王^^

         愛しき3億の肺肪を風船に!!  〃

         新鮮な酸素を全身に供給せよ!! 〃

         膨らんだ肺肪そのまま5秒間!! 〃

        ☆健康のエキス(宝)=プロスタグランジンを作るのです!!〃

         プロスタ、プロスタ、プロスタグランジン^^ ^^ ^^vvv

         特に女性の健康美は>>☆プロスタグランジンから!!!

        >5秒以上呼吸を止めてプロスタグランジンを作ることを忘れないこと!!此処が「味噌」≒真央の好きな「赤出味噌汁」じゃ?
        | エピ | 2010/01/26 7:38 AM |
        腹式呼吸・酸素・酸素(*^_^*)

        ゴミ出しに外に出たら寒くて、寒くて・・

        かなり冷え込んでいます

        咳こみそうになり、腹式腹式と・・

        その後、家の中で体操までしてしまいました^^

        朝の8時半でもう眠い私ですが、今日はクリ二ング屋にもいかなくちゃいけないしお給料日の為、することが沢山
        ゆっくりしてられませ〜〜ん
        | 永遠のフィギュアファン | 2010/01/26 8:27 AM |









        この記事のトラックバックURL
        http://hensoukyoku.jugem.jp/trackback/846
        トラックバック