PR
Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Recommend
浅田真央 POWER&BEAUTY
浅田真央 POWER&BEAUTY (JUGEMレビュー »)
ウイダー 浅田真央 栄養&トレーニングサポート・プロジェクトチーム
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
アメイジング・グレイス~ベスト・オブ・ヘイリー
アメイジング・グレイス~ベスト・オブ・ヘイリー (JUGEMレビュー »)
ジェイムス・ブレット,ニック・イングマン,サー・ジョージ・マーティン,イアン・ディーン,ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団,ロンドン・セッション・オーケストラ,ロンドン・メトロポリタン・オーケストラ,バロック弦楽四重奏団,アンサンブル・オブ・ボローニャ
Recommend
Recommend
変奏曲 vol.2 (2)
変奏曲 vol.2 (2) (JUGEMレビュー »)
竹宮 惠子; 増山 法恵
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    モネ & モーツァルト「ピアノソナタ第11番」
    0
      posted by: 永遠のフィギュアファン | モ−ツアルト | 21:59 | comments(11) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 21:59 | - | - | - | - |
        >今晩は。>モネ&モーツアルト<なんてあるから、、モネなんて言うピアニストがいると思って開けたら、何と愛妻が大好きなクロード・モネの絵とモーツアルトPS第11番イ長調K.331
        とのオンパレードではないですか。。
        この辺は小学生の娘が何曲も弾いていたから懐かしく、クリックを続けていくと何とアニメ「ピアノの森」の一ノ瀬海と雨宮修平と天才ピアニストの阿字野壮介のピアノ友情・師弟物語と、コンクールで奇しくも結ばれた海と誉(たか)子との愛と友情の微笑ましきトイレと愛犬ウェンディの物語こそ爺さんを泣かせるエピソードでした。。
        >PS11番も22才のモーツアルトの曲ですが、ご存知PS第
        8番イ短調K.310はモーツアルトが母とフランス革命の前にパリを訪れ、パリで母アンナ・マリアを亡くし、絶望の極みの若きモーツアルトの思いが込められていて、とても悲しい曲なので、この曲を小学生コンクールの課題曲にする辺り、、流石は、漫画☆大賞を受賞の作品だけのことはある。。見事なアニメ作品ですよね。。
        | 馬翁 | 2009/11/25 7:31 PM |
        馬翁さん、こんばんは

        モネの絵に惹かれ覗いた動画ですモーツアルトの11番・懐かしい曲であり、大好きな曲です
        お嬢さんと同じく私も小学生時代に弾きました^^
        大人になってからもよく弾きます^^
        | 永遠のフィギュアファン | 2009/11/25 11:15 PM |

        >>偉いこと!♪PS11番から♪「魔笛」の♪「パパゲーノ&パパゲーナの二重唱」がv^^;v!!

        ドイツ語・フランス語・イタリア語・英語の♪「パパゲーナ」!

          >>♪パ パ パの二重唱♪<<

        Are you all mine now? 機ll all yours now!

        ―Be my beloved wife―Be my sweet heart

        What joy it will be if the gods remember us・・・

         ・・・and send us lovely little children

        First a little Papageno

        Then a little Papagena

        ―Then another Papageno

        ―Then another Papagena

        There is no greater joy・・・

         ・・・than to be blessed with lots of Papageni

        >英語訳に2パターンがありましたが、優しい方をアップしました。この辺は、やがて吾等のパパゲーナさんが、解説やら素敵なお話をしてくれるでしょう。ウシ。。

        >アニメで見ていたらパパゲニー30人は出てきましたぞ^^;
        ↑の英訳の出た二重唱のパパゲーナはベッドでネグリジェで初初
        しくすっかりパパゲーノのお嫁さんの気分で皆にベットを押して貰って出てきましたぞ^^;こんな素敵なラブコメディをモーツアルトが死に際に如何して書けたのでしょうか??!!♪レクイエムは判りますが、その亡くなる年の♪レクイエムの8曲前にこの痛快極まる、究極のラブコメディ・・・いや人類救済のための音楽劇を創造しようとは、、真央が現代の神の使いの聖女ならば、モーツアルトは神の使いの聖魔笛男パパゲーノなり!!
        | 馬翁 | 2009/11/26 5:40 PM |

         ふと読み返す「ミッドナイト・コール」 枝氷

         16年前に書いた優れ者の・・・

         45才の彼女が書く「老いと死」の断片・・・

         ・・・”40代の今より青年期の方が、それは私に近かった”・・・

         老いの身の指折り数ふ冬の湯や  枝氷


         ・・・「老いと死」「貴族」「途方に昏れて」「夢見る能力」。

        ☆『犬になりたくなかった犬』ファーレイ・モウワット

         私より18才も若い彼女は既に60代、、

         この賢過ぎる女性のものの考え方。。

         ”生の意味を知らないわたしが、死の意味だけ知っているわけ がない。わたしはただ生きているのに、・・・・・人間は「生の意 味」を問う前に、すでに生きてしまっている。・・・・・そんなわ たしが老いについて考えるのは、よく生きるためであって、死 に方を考えるためではない。絶対というものを欠いた世界では
         、五十歩百歩のそのわずかなちがいが意味を持つ。「よく生き る」ためには、五十歩を五十一歩にするためにも、考えるこ  と、なすべきことはいっぱいあるのだ。
         老いについて考えるのは、生きつづけるしかたについて考える ことだ。・・・老いた人は「生きつづけている人」で、「死にか けている人」ではない。「老いと死」をワンセットで考える人 は、そのことを忘れているのではないか。”

         白湯を飲むその有難き冬の朝  枝氷

         老いの吾水の宇宙でありにける  〃

         若き真央心老いるな冬の陽が   〃

         氷上を敢然と征く聖女あり   〃

         いざ征かん負けるものかよ不義不正!! 馬王
        | 馬翁 | 2009/11/27 3:39 AM |

         老いの身や満身創痍の冬の風呂  枝氷

         生きるとは斯くなる事か冬の湯よ  〃

         朝方の入浴パターン湯へ急ぐ   〃

         愛妻を兄に奪われし天武かな  〃

         人間の愛憎の史の飛鳥かな  〃

         運命の「壬申の乱」清張が記す 〃

         この風呂は大海人皇子と額田王の愛の風呂と思ふ

         遥かなる人間愛憎劇かな  〃

         信濃路と飛鳥を結ぶ「古事記」かな 〃

         権力の狭間の中の人の意よ 〃

         権力は支配をせねば滅ぶなり 〃

         フィギュアスケート界の「権力構造」?

         その図式明々白々たりと・・・

         民族の怨念の抗争続くかな  〃

         古代より現代に続く愛憎史  〃

         異邦人カナダで踊るOPに  〃

         運命は二人の娘に懸かりたり 〃

         心こそ心惑はす心なれ 心に心 心許すな 真央よ!!
        | 馬翁 | 2009/11/28 5:52 AM |
        >永遠さん、目の具合は如何が? 私はこの老眼を、「自己流」で例の霊験あらたかなる天武の湯(束間の湯・白糸の湯)の単純アルカリ泉で目をパチクリと湯じていますので目薬要らずです^^v、ウシ。ウマ。。

        >「目によい食べ物」・・・1720万スレ^^w

        >あさり、帆立、海老、たこ、いか、鰻、人参、南瓜、にら、
        小松菜、キューイ、赤ピーマン、いちご、落花生、ブルーベリー
        青い魚、魚の目の周囲のところ、鰤とか鯛の目や周囲のところ、
        〜〜魚や貝、緑黄色野菜、ビタミン豊富な野菜をたっぷり取ること!!!自然食で目に活力を!!何故か、私は↑の魚介類の中で
        いか、たこ、鯉が好きで、馬ですから生人参をミソとマヨネーズのミックスを付けてパリポリと毎食食べますし南瓜が大好きで良く天麩羅や砂糖醤油で煮て食べてます。まだ目は大丈夫のようです。。例の「腹式呼吸」で血液サラサラの体創りを忘れない事。
        老爺心の一投じゃ。自然児は自然の滋養で体創りを心掛けることが寛容じゃ。勿論、科学の力も借りにゃならんぞなもし^^。
        | 馬翁 | 2009/11/28 6:33 AM |
        馬翁さん、おはようございます

        目の調子はう〜〜ん・・まあまあなんでしょうか?
        確か昨年も冬頃、眼精疲労気味でepiスレをお休みがちでした
        今日はやはり雪が積もっていて、遠くの藻岩山をベランダで震えながら眺めていましたよ^^

        目に良い食べ物・私の好物ばかりですヽ(^o^)丿

        帆立、いか、などこちらは美味しいですよ
        馬翁さんに送ってさしあげたいです

        寒さが増すこの頃、帰宅の際の手洗い、うがい、顔洗いと夜の腹式呼吸なんとか続いています^^

        | 永遠のフィギュアファン | 2009/11/28 9:43 AM |
        ↑「ミッドナイト・コール」の「貴族」・・・

        →”貴族というからには、労働を侮辱しているのである。〜
        貴族とブルジョアはちがう。貴族は消費する人、ブルジョアは生産する人。働くことや生産することに価値を置く倫理観が成立しなければ、この産業社会は成り立たなかった。〜〜〜
        〜ワーカーホリック(仕事中毒)の日本の男が「貴族」になるなんてことはありそうもない。第一、そうなったら日本経済はおしまいだ。〜〜〜
        「活動専業・主婦」――女のひとたちばかりがそんなに元気そうで羨ましい。ボクだって、あなたたちみたいな生き方ができないものかと考えてます。夫がわたしの生き方を羨んでいます、と言う彼女たちは、日本の歴史上初めて「男もうらやむ女の生き方モデル」をつくりだした女たちだ。彼女たちの夫は、胃潰瘍をつくりながらもこの競争社会をオリる気はないかもしれない。だが、その息子たちは?彼らにとっては「父の生き方」より「母の生き方」の方が、ずっと魅力的に見えても不思議はない。 従来の男の生き方モデルがもう魅力を失った、と訴える彼に対して、一人の主婦が言下に答えた。
        ――そう考えるあなたは、結婚しない方がいいですね。
        わたしは絶句した。男にはあいかわらず、「労働者になる自由」
        しか残されていないだろうか。”・・・・・専業主婦・主夫のお考えは?!
        >藤谷美和子の恥ずかしそうに歌う歌を聞く専業主婦が↑「労働者になる自由」をお持ちで人間としての「解放^^」の自由と愛の実践のために愛しの誰かさんとカラオケボックスで美和子と義昭の歌を歌う美しきデュエットよ!!^^;このこの仲良し夫婦よ
        もっと歌え!子達の前で下手でも良い!それが子達の喜ぶ親の
        「愛の教科書」ですぞ!!あらエッサッサ♪ウッシッシ???
        | 馬翁 | 2009/11/28 10:02 AM |
        >>夢見る能力<<

        ”――希望的観測と客観的観測、どちらをお望みですか。と私は聞きかえす。〜〜〜
        想像力の貧困――なのかもしれない。だが、わたしは、らちもない夢想家も、好きになれない。その想像力の限界と、現実に対する無知、それから来る不寛容と無責任が好きになれない。現実の方が想像力より、つねに豊だ。〜〜〜
        「いま・ここにないもの」について考えてもいいじゃないかしら、という思いに誘われる。〜〜〜
        「ここにあるもの」をありのままに見るにも能力がいるが、「ここにないもの」を見るにも、べつの能力がいる。それは、夢見る能力、と呼んでもいい。わたしに欠けているのはそれだ。
        逃避でもなく、夢想でもなく、「ここにないもの」を夢見る能力を、かくとくしたいと思う。少しずつわたしは、遠くを見る方法を学ぼうとしている。”・・・・・

        >こんな優れ者の「思考の方式」を聞いていると、全ては、我々の生き様は「現実」に即してはいるけれど、一歩踏み出してその歩むべき方向の先を見る・・・前を見る・・・彼女の言う「ここにないもの」を求めての、「もっと豊かで明るく楽しく嬉しいもの」を目指す「ものの見方、考え方」が大切だと言うことでしょうか?

        >今、吾等が真央さんが志向し実践している日々のそれは、「ここにないフィギユア技術と世界の夢の芸術」を唯、黙黙と日々刻々励み到達せんとしているその姿こそ尊きアスリート真央の心であり真実の生き様だろうと、比較にも問題にもならぬ異邦人やその取巻き集団・勢力とは全く異なる真実の人間の生き様だと私は何時も涙してその真央の努力を思う。。。。。
        | 馬翁 | 2009/11/29 9:43 AM |
        大好きなクロード・モネ・・・画集をいくつか持っていますが、映像的に見せられると色彩も微妙に違って新鮮ですね。

        モネは美術の教科書にも載っていた「日の出,印象」や睡蓮シリーズが有名ですが、私は鮮やかな色彩で描いたオランダの風車&チューリップ畑の絵と、反対に白が広がるフランスの雪景色を描いたいくつかの絵が特に好きです。

        数年前、オランダのチューリップが見たくて、寒さ覚悟で4月に旅行しました(本ッ当に寒かったです(*_*; )
        世界最大のチューリップ公園(他のお花もあります)のキューケンホフ公園は感動物でしたが、バスの窓から見た地方のチューリップ畑はモネの絵のまんまで、そちらの方が印象に残っています。
        キンデルダイクの風車と運河も見に行きました。
        風車はもう観光用ですが、今でも中で人が暮らしているんですよね〜。
        カルパッチョって、白身魚のお料理でしか知らなかったのですが、アムステルダムのビヤホールで牛肉のカルパッチョが美味しくって!旅先では同じお店には行かない主義の私達が2日連続で通ってしまいました(^^♪

        モネの絵に混じってマネの絵が出てきますね。
        ボートの上で写生する男性とモデルさんの絵・・マネがモネを描いた絵だったと思います。シャレかしら。。。
        | じゅれ | 2009/11/29 3:12 PM |
        じゅれさん・こんばんは

        いろいろ旅行しているじゅれさんは、オランダのチュ−リップも本物を見たんですね
        オランダには新体操の撮影・観戦旅行に誘われましたが、子供が幼かったので泣く泣く諦めた事があります
        後にも、これから先にも縁がなさそうなオランダです(>_<)

        モネの絵は教科書などで見た記憶しかありませんが、今こうやって動画でアップして下さる方がいて、気軽にみられるなんて幸せな事です^^
        | 永遠のフィギュアファン | 2009/11/29 10:43 PM |









        この記事のトラックバックURL
        http://hensoukyoku.jugem.jp/trackback/761
        トラックバック