PR
Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Recommend
浅田真央 POWER&BEAUTY
浅田真央 POWER&BEAUTY (JUGEMレビュー »)
ウイダー 浅田真央 栄養&トレーニングサポート・プロジェクトチーム
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
アメイジング・グレイス~ベスト・オブ・ヘイリー
アメイジング・グレイス~ベスト・オブ・ヘイリー (JUGEMレビュー »)
ジェイムス・ブレット,ニック・イングマン,サー・ジョージ・マーティン,イアン・ディーン,ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団,ロンドン・セッション・オーケストラ,ロンドン・メトロポリタン・オーケストラ,バロック弦楽四重奏団,アンサンブル・オブ・ボローニャ
Recommend
Recommend
変奏曲 vol.2 (2)
変奏曲 vol.2 (2) (JUGEMレビュー »)
竹宮 惠子; 増山 法恵
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    時の流れに身をまかせ 星☆伝説 麗君 Teresa Teng テレサ・テン Chinese Taiwan Diva
    0



      当分、真央ちゃんの衝撃から腑抜け状態です

      なんだか歌でも・・と思いながらテレサの曲を

      聴きやすい曲ですが歌ってみると声質がモロ出てしまうので

      声そのもので抑揚がないと、ど-も歌った感じがしません

      自分が歌ってみた感想です
      posted by: 永遠のフィギュアファン | ロック・ポップス・その他 | 10:48 | comments(31) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 10:48 | - | - | - | - |
        もしも あなたと逢えずにいたら
        わたしは何を してたでしょうか
        平凡だけど  誰かを愛し
        普通の暮らし してたでしょうか
        時の流れに 身をまかせ (まかせ)
        あなたの色に 染められ (染められ)
        一度の人生それさえ
        捨てることもかまわない
        だから お願い そばに置いてね
        いまは あなたしか 愛せない

        もしも あなたに嫌われたな
        明日(あした)という日 失(なく)してしまうわ
        約束なんか いらないけれど
        想い出だけじゃ 生きてゆけない
        時の流れに 身をまかせ (まかせ)
        あなたの胸に より添い (より添い)
        綺麗になれたそれだけで
        いのちさえもいらないわ
        だから お願い そばに置いてね
        いまは あなたしか 見えないの

        もしも あなたと逢えずにいたら
        今日という日 つまらなかったわ
        初めて逢った 胸のときめき
        こころは夢中 何もみえない
        時の流れを 追いかけて(おいかけ)
        あなたの姿 見つめて (見つめて)
        可愛い笑顔 それだけで
        他になにも いらないわ
        だから お願い 怪我しないでね
        いまは あなたしか 愛せない

        3番は替え歌です!^^
        | 黄鶲 | 2009/08/04 3:41 PM |
        永遠さん、こんばんは。テレサさんの声は独特ですよね。優しくて少し寂しげで繊細さが魅力的です。私はテレサさんが歌唱界でずば抜けて上手いというわけではないと思うのですが、不思議と強く心に残る歌声だと思います。彼女の歌を聴くと歌に魂が籠もるというのは本当だと実感します。先日お亡くなりになった三木たかしさんもテレサさんの事を人柄、歌手としてとても高く評価されていたと聞いています。三木さんの評価に強く同意しています。
        カラオケで定番ですが、実は物凄く難しいですよね(汗)。台湾のディーバ恐るべし。
        | パパゲーナ | 2009/08/04 7:23 PM |
        黄鶲 さん、こんばんは
        歌詞ありがとうございます

        真央ちゃんに気を抜かれ、テレサさんの歌をぼんやり歌ってました^^

        3番の替え歌は真央ちゃんへ・ですね(^_-)
        | 永遠のフィギュアファン | 2009/08/04 10:40 PM |
        パパゲ−ナさん、私は昔からテレサさんの曲と声が好きでカラオケでよく歌ったのですが、うまく歌えません

        なんか平ペッたい歌になってしまって、自分ではテレサ・テンのつもりになっていますが・全然ダメなんです(T_T)

        聴いてると癒されますが、いざ自分が・・となると難しいですね・・
        | 永遠のフィギュアファン | 2009/08/04 10:43 PM |
        私はたびたび、この歌と、美空ひばりさんの「川の流れのように」とが頭の中でゴチャゴチャになり、間違えます。題名も似ているし、サビのところも、どことなく雰囲気が似ているんです。で、どちらも名曲ですね。
        「時の流れ…」はかつて、職場の飲み会で歌ってヒンシュクを買いました。私の歌が下手だったからではありません。(可もなく不可もなく程度です)
        職場では大抵この歌は、上司先輩の「持ち歌」になっていて、ご本人のいる前では後輩や部下は歌わないのが不文律だったんです。いかにも日本的。それがバカバカしいと思っていた私が、故意に歌ったんです。そうしたら案の定…、先輩も大人気ないけど、私は私で、子供ですね。仕事でぶつかるならまだしも、何とも下らない出来事でした。
        | BRIO | 2009/08/05 2:23 AM |
        おはようございます。
        黄鶲さんの替え歌、ファン皆の思いですね。
        真央ちゃんの為に、試合での結果は欲しいけれど、一番大切なのは真央ちゃんが心身共に万全で迎えられる事・私達はあの笑顔だけで何も要りません。

        短い夏を大切にする北海道なのに、今年は暑くなってくれないようですね。東京も寝苦しいほどにはなっていません・・暑さだけには強い私の言う事なので、これはアテにならないけど。
        お子様達はきっと海より野球なのでしょうから、涼しい方が有難いかもしれないですね(*^_^*)
        | じゅれ | 2009/08/05 8:23 AM |
        皆さんこんばんは。やはりカラオケの定番になるのは耳障りのいい曲が多いですよね。BRIOさんの仰った川の流れのようにも定番ですもの。仕事離れた所で上下関係に気を使うのはシンドイですね。うちの職場は二次会以降にカラオケが出てきますが、暗闇に紛れ一次会が終わるとフラ〜っと抜けて帰ります(苦笑)。

        南の我が家では、暑気の長さにウンザリすることも多いですが、そうか永遠さんのお家では貴重な短い夏なのですね。短い分、夏の楽しみ方も上手そうです。
        | パパゲーナ | 2009/08/05 10:12 PM |
        さすがは機敏なパパゲーナさん。二次会の逃げ方も上手なようですね。
        私の場合は、うるさい上司や先輩の目を誤魔化して二次会をサボるのが大変でした。

        ピョーン°゜°。。(;^^)ノスタコラサッサと逃げ

        るBRIO

        ~~~~~~~~~~~~~~~~(((((;^^)まてい!

        そうはさせじと、先輩が捕まえに来ます。

        \____________(。o))))))))) ズルズル

        二次会に引っ張られるBRIO

        オリャ( ^^)ノ σ~* 手榴弾でもくらえー

        と、最後の手段に出たBRIO。私はこれで会社を辞めました。なんちゃって。
        | BRIO | 2009/08/05 10:50 PM |
        終戦記念日に相応しいものがここに。
        百万の言葉よりも、一曲の歌の力の凄さ。
        ウクライナの女性の歌う「千と千尋」に稲妻に打たれたような感動を受けました。失礼して貼らせて頂きます。
        http://www.youtube.com/watch?v=ry_WACFd8Ds&eurl=http%3A%2F%2Fameblo%2Ejp%2Fmimiskate%2Fentry%2D10311903307%2Ehtml&feature=player_embedded
        | BRIO | 2009/08/06 9:33 AM |
        22年前のチェルノブイリ原発事故。
        緑豊かな故郷も愛する父も失い、
        何もかも土に埋められてしまい、
        命輝ける町は死の町に変貌した。
        そして、1年2年3年と過ぎて行き、
        二度と再び帰ることはなかった。
        日本に来て9年目、優しさに触れ
        今は日本人の夫と幸せに暮らして
        歌手活動をされているそうです。
         
        彼女の天上からの歌声を聞きながら、
        とめどなく涙があふれ出てきました。
        くりかえすあやまち....、
        昨年訪れた長崎の教会を思い出していました。

        「鐘」「レクイエム」「アランフェス協奏曲」など、今年は不思議と鎮魂がテーマとなっているような気がします。世界中の人々が病み、傷つき、救いを求めているような気がします。そう言えば、こちらでも何度もアベマリアを聞かせていただきましたね。

        BRIOさん、教えて頂きまして有難うございました。NHKの視点論点と言う固い番組の中で放送されたんですね。この番組を制作された方に敬意を表します。

        「いつも何度でも」は、Nataliya Gudziyさんにより、魂の込められた21世紀の忘れられない名曲になりました。
         
         いつも何度でも 思い返して にがよもぎ
        | 黄鶲 | 2009/08/06 1:05 PM |

         悲しくて恐ろしき八月の現実  枝氷

         繰り返す「戦争と平和」の歴史  〃

         ナターリヤの思い切なく歌流る  〃

         風化せる”過ちは繰り返しません!” 〃

         ビキニでもチェルノブイリでも悲劇あり  〃

         何故に人はこれほど愚かなる!!  〃

         その狂気と愚劣さの歴史かな  〃

         ナターリアとタチアナの願い真央踊れ!! 〃


         米国の一州として米こぼす  鈴木六林男

         われわれとわかれしわれにいなびかり 〃

         サングラス中に国家をひそめたる  〃

         仏名(ほとけな)のついた原子炉盆の海  〃

         八月は原子爆弾売りにゆく    〃

         瓶を出て胃に移る酒原爆忌    〃

         言えば消え書けば寂しや夏の秋  〃

         天たかしわれはいずこの馬の骨  〃

         木枯の夜のわが声わが身より  〃

         この道は身から出た錆枯野原  〃

         夜咄は重慶爆撃寝るとする   〃

         直立の地球人らの冬磧(ふゆさばく) 〃

         長き長き戦中戦後大桜   三橋敏雄

         おびただしき人魂明り花盛   〃

         二つ目の原爆の日も過ぎにけり  〃

         嘗て瓦礫の帝都懐かし冬の暮   〃

         肉体に依って我在り天の川    〃

         戦争の個個の残像流れ星    〃

         秋の字に永久に棲む火やきのこ雲  〃

         帝国の昔路上に両手つき    〃

         はずかしき昭和戦史や残花余花  〃

         やむを得ず日本に住みて梅雨深し 〃

         立ち上がる直射日光被爆者忌  〃

         横たふるほかなき房の葡萄かな  〃

         鬼赤く戦争はまだつづくなり  〃

         乱世と濁世のいずれ根深汁  安東次男

         途方にも暮れ方はあり花芒   〃

         水も火もなければ朧にもなれず  〃

         この国を捨てばやと思う更衣  〃

         菫程な小さき人に生まれたし  夏目漱石

         とんぼうに”輪廻転生”生まれたし  枝氷
        | エピ | 2009/08/06 1:27 PM |
        歌手のナターリアさん、4分間の日本語によるスピーチですが、90%以上の可能性でカンペ(カンニングペーパー)の助け無しで話していると思います。カンペがありますと目がピクピク左右に動くものですが、彼女はそれが見られません。本当に凄いことです。プロ根性といいますか情熱の深さを見た思いがして、再び感動しました。

        「俳句の作りよう」
        高浜虚子 角川ソフィア文庫 590円
        わずか130ページの小著ですが、「幻の名著」が
        復活して感激です。俳句の心を初心者にも分り易く、それでいて薄っぺらなものではなく、作者の俳句と人生に関しての深い考察と示唆に富んだ内容ですね。
        エピさんはご存知でしょうけど、黄鶲さん、まだご存じなければこれは超お勧めです。常に携帯していつでも読み返せのがこの本のもう一つの良さです。             
        | BRIO | 2009/08/06 11:19 PM |
        >BRIOさん、今晩は。戦前派の恐慌と戦争の落し子である私としたことが、お若い貴女に素敵な、心の底から涙ながらの感銘熱きナターリアさんの↑お話のようなそのご家族の不幸や同胞の想像を絶する苦しみを乗り越えての人間としての精一杯の生き様こそ、この永遠さんの思いや、此処に参集される仲間達の、生きる他山の石にしなければならないことだと、このナターリアさんのお話や歌や、関連スレ映像を今日は、見返しながら、大切なことを改めて考えさせて頂きました。。何時も貴女には感謝していますが、今日は、余りテレビは見ないので、NHK映像なのでびっくりしながら、貴女には、大感謝です。。黄鶲さんのおっしゃることに同感しますが
        黄鶲さんのように語れないので、何とも、この歌の文句ではないですが”胸の奥にある”篤いものが溢れ流れ出ている皆さんの思いに毎日元気を頂戴し、励まされていることにこの「広島原爆忌」に日本民族、いや人類の一員として賢く精一杯生きていこうと思いました。以前、何度も歌ったこの歌ですが、こんな体でこんな年齢になった私です、ナターリアさんとはまた違う思いを歌詞の中に感じております。饒舌をお許しあれ。。(多謝!)
        | エピ | 2009/08/07 12:08 AM |
         BRIOさん、いつもいつもご紹介有難うございます。近い内に紀伊国屋書店に参りまして探してきます。m(__)m

         エピさんの大変な戦争体験は何度もお聞きしています。父母やおじおばの話なども繰り返し何度も聞いており、この季節になりますと、いつも思い出します。女子生徒動員で豊川海軍工廠に借り出されていた叔母は、空襲にあって同級生が何人も爆撃を受けて死んだのをみたそうです。本人は怖くなり10km以上離れた山の麓まで、裸足で逃げたそうです。小さな時には良く可愛がってくれましたが、既になくなり、豊川海軍工廠の映画を見に行きました時には、涙ながらに当時のことを話してくれました。
         
         大原麗子さんの訃報を今朝聞きました。私の中では、不思議と大原麗子さんと豊川海軍工廠で命を落とされた女子生徒さんの顔がだぶって繋がっていたのです。映画を観たわけではないのですが...。そういえば、寅さんの映画のチケットを何度か叔母に渡したことがあります。確か寅さんにもマドンナ役で出演されていましたね。きっとこんなところで繋がっていたのかも知れません。ご冥福をお祈りいたします。
        | 黄鶲 | 2009/08/07 4:55 PM |

         空蝉の両眼濡れて在りしかな  河原枇杷男

         ある草に仏眼賜う玉霰      〃

         天心や一声もらす菫草      〃

         桃は実に地軸かたぶく寂しさに  〃

         ほととぎす父を思えば笠智衆  千葉孝子


        >黄鶲さんが哀悼の思いを披瀝されたように私も大好きだった大原麗子さんがこの若さで亡くなりました。。さぞお寂しかった事でしょう。。大変な病を抱えて、、、
        昨夜から、一体、どうしてこの「車寅次郎物語」に日本人が惹かれるのだろうか?この山田監督のこの映画にかける思い、、その俳優達、、主役を張る渥美清、、マドンナ役の名女優たち、、などをあの♪〜妹よ〜奮闘努力の甲斐もなく今日も涙の今日も涙の陽が落ちる陽が落ちる!♪の哀愁に満ちた歌とメロディに無惨にも、正直申せば、こんな程度の^^;失敬!(半分は本心ではない)
        の映画をあれこれ50作は見てきたお恥ずかしき、頼りなき映画ファンでした。そんな中でも大原麗子さんの2作出演の中でも第22作の「噂の寅次郎」はロケが木曽路でも在り、例の↑笠智衆のあの優しく飄々とした風貌
        と一本間が抜けた言動が何時も堪らなくて^^、加えてこの作には大好きな大滝秀治が冒頭で、旅の修行僧となって架橋の上で寅さんに”貴殿は女難の相が見受けられる!”と言ったら、応えた寅さんの名セリフで始まり、「生きる」の志村喬がさくらの夫の博の父親役で寅さんに木曽路の旅で久々の邂逅。。そして旦那と別居中の荒川早苗(大原麗子)さんが「虎屋」のアルバイトで就職したから、、帰ってきた・・・女難の相^^;の寅さんは早苗さんに夢中になり、大張り切りで小父ちゃん&叔母ちゃん&社長、博&さくらを煙に巻く、、でも早苗さんが、寅さんがしょげていた早苗さんを励まそうと言った「明るい話題」について、早苗さんが言う彼女の「明るい話題」とは、”私が寅さんと逢ったということ”。なんて言うから、寅さんが早苗さんが離婚して一人身の水野早苗になって”私寅さん、好きよ!!”なんて言うから、寅さん、21回失恋してきたが、この早苗さんで目出度くこのマドンナと結ばれると思ったら、、あと28回の恋愛期待成就連作のために寅さんは明らかになった早苗さんの再婚相手のことを思って身を引くあたりが、これぞ「寅さんヤセガマンの美学」であり、この人情家の寅さんに人々は惹かれるのかなぁ??と私は大好きな名画「カサブランカ」でのハンフリー・ボガードは渥美清でイングリド・バーグマンは大原麗子さんで、まさに「カサブランカ」と「噂の寅次郎」が合体・融合したストーリー展開でしたと思った次第です。。ハイな。
        >そして清楚で可愛らしくあの瞳、あの口、言っていいこと悪いことを、、つい履き違えて、男の心を翻弄させてしまった大原麗子さん演ずる早苗さんはまさに寅さんばかりのマドンナではなくて、私、海老男の憧れのマドンナでもありましたのに。。。あのコロコロと玉を転がすような涼しい甘え声は全国の大原麗子ファンを唸らせ心トキメかせたことでしょう。。
        >本当に、追悼の思いを込めて、永遠さんが、奇しくもUPして下さった二ニ・ロッソのトランペットの音で
        朗々とセレナーデの思いを吾が麗子さんに捧げます。勿論ドイツ語で私が歌いますよ。。♪ライゼフリーエン マイネリードル ドゥールヒティナーツージン〜〜♪
        ・・・・・何と私の誕生日は1930.9.19でロッソの誕生日は1927.9.19で3才違いだけですぞ!!

        ああっ、黄鶲さんとともに大原麗子さんのご冥福をお祈り申しあげます。。 
        | エピ | 2009/08/07 9:55 PM |
        ウクライナ語で「にがよもぎ」をチェルノブイリというんですね。さすがは黄鶲さんです。
        大原麗子さんは大河ドラマ「春日の局」で熱演していましたね。昨年亡くなられた石立鉄男さんと共演で、ドタバタドラマを演じていたんですね。「雑居時代」というのが、動画アップされているので少し見ました。勝気で意地っ張りで、しかし優しい姉御役はピッタリでした。

        アメリカのスリーマイル島の原発事故を基にした映画「チャイナシンドローム」は、ジェーン・フォンダさんとジャックレモンさんの演技が光った名作でした。題名が愚劣過ぎて、あまり日本ではヒットしなかったようですが、アメリカの映画制作の美点を示した勇気ある企画でした。なんたって、大企業の巨悪をリアルに描きましたから。日本では黒澤監督以降、このような力も勇気もある映画人はいなくなりました。

        エピさん。原爆も恐ろしいですが、原水爆禁止運動は党利党略や利権の手段と化し、別々の組織がいがみ合ったり分裂したり等、人間のどうしようもない「業」を見せ付けられて、これもよほど恐いです。名曲「原爆許すまじ」はもう、歌われなくなって久しいです。今の薄っぺらな歌で、どうして人の心に刻み込まれましょうか。
        | BRIO | 2009/08/07 10:24 PM |
        >漫画家手塚治虫さんが残した「鉄腕アトム」(135cm)
        が告発したには、大人になれない中供達が目を瞑って見ないふりをしている「社会悪」でした。それはとりもなおさず人間の歴史的エゴイズムや組織悪の集積の結果なのです。
         嵎譴覆訛臙呂鯒鵬したもの」・・・産業社会は神聖なる、母なる大地とその恵を植民地化し、搾取し、操作するという原理にもとづいて、この限りある母なる大地を限りなく征服する「征服の哲学」によって完膚なきまでに征服・破壊し最期は自分自身以外は何も制服するものが残らなくなる。これはコングロマリット(多国籍企業)
        や集権化された政府や経済のなかにそれを読み取ることが出来る。
        ◆崛大する欲望と差別・排除の思想」・・・「豊かさは保守性を持っている」・・・ソレは豊でないものを差別し、排除する。
        「二つの戦争を終らせることができるか?」・・・差別・抑圧される弱小発展途上国の実状・・・すざまじい国際市場経済の浸透の結果、伝統的な相互扶助共同体の崩壊、農民の流出と都市スラムの激増、貧富の格差拡大、政権の商品化としての腐敗、犯罪・麻薬・暴力の組織化、武装集団による民衆の殺戮、難民の流出など弱肉強食の法則が貫徹している。。・・・形式的な多党化は民主的な多元化ではなく多元的な部族・宗派などの対立を激化させ、国家の解体傾向が進んでいる。これは単なる部族紛争ではなく民族内部の対立も激しく、それは貧困、格差、資源争奪などの多国籍企業の支配抑圧行動に伴う「無秩序」なのだ。〜〜〜↑鰤尾さんの指摘される先進国の政党組織の党利党略もその背景には、いえば多国籍企業の力がソレを支配し左右している。。「原水禁運動」も言えば
        「ISU」の矛盾もその背景にはこの企業・・・多国籍企業の息が掛っているいることはお判りでしょう。。 
        | エピ | 2009/08/08 12:18 AM |

          斯くまでも愛しき声か早苗嬢  枝氷

          寅次郎儚く恋が破れたり    〃

          ダンディズムこれが男の純情よ  〃

          寅さんも早苗ちゃんも昇天す  〃

          優しき笠智衆も志村喬も   〃

          残されし諏訪さくらの思い如何ならん  〃

          老いそろり心はそぞろ盆近し  〃

          一点の蟻登り行く雲の峰   〃


        >「寅さん」映画に出てくる人物の優しさ、親しみやすさは何度見返してもジンジンと心に染み渡る。。これが山田監督の魅力でもありますが寅さんの妹・さくらさんの倍賞千恵子さんも「下町の太陽」(1963)〜「幸福の黄色いハンカチ」(1977)など思い出深い名画の主役を張りました。歌も♪忘れな草をあなたに、の声が耳に残っています。あの大原麗子さんより5〜6才年上ですが歌に声優に映画に活躍したけれども吉永小百合さんと同じにテレビには殆んど出て来ませんですよねぇ。北海道の別荘に今はお暮らしか?

          ♪どうせおいらはやくざな兄貴

           判っちゃいるんだ妹よ

           いつかお前の喜ぶような

           偉い兄貴になりたくて

           奮闘努力の甲斐もなく

           今日も涙の今日も涙の

           陽が落ちる陽が落ちる♪


         諏訪ひょう一郎様(志村喬)

         寅次郎深く反省しております。尚帰りの汽車賃とこん にゃく物語を拝借いたします。 大先生様 車寅次郎

        >「今昔物語」(こんじゃく物語)をこんじゃくと読めない寅さん^^;。。

         水野早苗様

         謹賀新年 昨年中は誠に恥ずかしき事のかずかず
         心より反省しております。今年が早苗様にとりまして
         幸せな年でありますよう遠い旅の空の下で心より
         祈っております。 一月元旦  車寅次郎拝

        >「切なくガラス細工のようなか弱い美しさが、その情緒が心を揺すぶります〜」大原麗子さんに一ファンの声
         
        | エピ | 2009/08/08 8:25 AM |
         寅さんは、若い頃に肺結核を患って肺を切り取り、長い間療養生活を送られたそうです。死を身近に感じられた経験が、寅さんの優しさとなって、画面からにじみ出ていたような気がします。エピさんの優しさと憤りも、死の淵を彷徨って乗り越えられてきた人ならばこそという気が致します。苦しみや悲しみを知った末の本当の優しさと思えるのです。 私も何度もこの映画は見に行きました。哀しみと裏腹の笑いが、心の中に染み込んで安らぎを与えてくれたように思います。寅さんの異変を感じたのは、知床旅情での一場面、せりふを言うのがいかにも苦しそうで、肺の病気を疑いました。最後は肝臓のようでしたが、苦しいつらい体ながら、よく地方のロケをこなされていました。多くの方々に愛され、死の間際まで私達に姿をみせて励まして下さいました。大原麗子さんも、愛くるしい笑顔、ちょっと低音で甘えたような声、そしていつも微笑をためた瞳で、和やかにして下さいました。たった一人で、淋しく逝かれてしまったなんて、いいえ、きっと寅さんの所へ行って、明るく元気な声で、「寅ちゃ〜ん、来ちゃったわよ!」と、仰られているような気がします。
         寅さん映画を楽しみにして見に行っていた祖母、母、叔母達は既になく、また一人、寅さん映画から居なくなってしまいました。
         

         朝顔の 麗し瞳に 寅の声
         
         三千院 朝顔枯れて 蝉しぐれ 

         
        | 黄鶲 | 2009/08/08 4:07 PM |

         びしゃもんの、おもきかかとに、まろびふす、
         おにのもだえも、ちとせへにけむ  会津八一

        >これは秋草道人、会津八一博士が三月堂多聞天の邪鬼を詠んだものですが、奈良・京都には仏の足に踏まえられて苦痛に耐え忍んでいる邪鬼が沢山見られる。私は奈良に行けば興福寺のユーモラスな竜頭鬼と竜。東大寺戒壇院の持国天の邪鬼などに行き会うことを楽しみにしていました。。前者は可愛いい竜が竜頭鬼をはがいじめにしているので竜頭鬼のふんどしが緩んで、、いわゆる男性としてとても恥ずかしい「ゆるふん^^;」になっているところが、言うに言えずに笑えてくるのです。(続)
        | エピ | 2009/08/08 7:26 PM |
        >ご免なさい!食後のコメントをと思って、この処、3日に1日、夕立ならぬ集中豪雨が降って閉口している山麓ですが、雷鳴は雨の降る前が普通ですが、今日は雨の途中で、かなりの雷鳴。。慌ててPCをシャットダウンしたという訳ですT_Tw・・・やっと雷鳴は止みましたが、雨は止みそうにはありません。。台風はまだ接近していないと言うのに、、、確かにこの八月も異常ですよねぇ。。

        >「ユルフン^^」のお話に戻りましょう。ウシ。
        皆さんもご存知だと思う「竜頭鬼」・・・頭でっかちの獅子鬼、ハリネズミのような恐い眉、醜男の条件を満たし尽くしたとでも言いたくなる竜頭鬼の名の天邪鬼が逞しい筋骨も露わに腕を組み、まさに股を八の字に開いて頭上に大きな灯篭を支えている。ところが竜に体をはがい締めにされて尻尾を片手で掴んでいるので竜と戦えない!
        私はこの鎌倉美術の中でも、これが可愛く、とてもユニークで、このユーモラスさは他の彫刻には余り見られない。。
        男は昔はふんどしが命。。しっかりやれ!!は「ふんどしを締めてかかれ!!」ですから、「ユルフン」では力も出ず戦えませんよねぇ。女性だったら「腰巻^^;」
        でもふんどしのようには行きません。。ウッシッシ・・・
        これは皆さんに叱られて明日から遊んで貰えなくなる!

        で、シッポを握られた竜もまただらしがない!!日頃の威勢も何処へやら、何か自分で締めつけながら当惑気味である。。竜頭鬼は役目の重い灯篭を頭に乗せて支えてソレを気にしながら上目使いに大きな瞳で見上げている様は、その大きな鼻。八の字に結んだ口。突き出た口のやいば。。もう。世界最高の芸術作品ですぞ!!

        >>で申し上げたきことは、↑↑での「寅さん映画」でも、これら「芸術作品」でも、ソレを構成する「主役」と「脇役」がありますが、「寅さん映画」では↑で名句を二句詠まれた喜美多姫さんが仰ってくれた渥美清さんの病気と最期の話は私も色々と存知あげていますが、そんな状況の中でその「主役」を張った見事さは言うに及びませんが、それを支えた主役マドンナの大原麗子さんも確たる「主役」でしょうが、、他の「脇役」の方々は、たとえ「チョイ役」の「脇役」でも、私はあの「脇役」の皆さんを「脇役」と言うことが出来ません。。

        >あらゆる「美術作品」の中で「主役と脇役」の関係こそ重要な意味を持っているのです。優れた作者・・・映画で言えば監督はこの辺をしっかり捉えているから名作が生まれるのでしょう。。人間ばかりではなく、動物や景色や小道具1つでも「脇役的主役」がモノを言うのでしょうか??!〜〜〜
        | エピ | 2009/08/08 9:10 PM |
        エピさん、こんばんは

        お天気悪いみたいですね
        雷に豪雨ですか〜

        こちらは短い夏の訪れ、末っ子がまだ私とあれこれお喋りしてくれるので、短い夏をおしゃべりやら散歩に買い物と付き合ってもらっています

        カップ戦が8月下旬に迫り、ユニフォ−ムの注文をしました^^

        背番号をもらおうと頑張っています
        | 永遠のフィギュアファン | 2009/08/08 9:55 PM |
        「寅次郎恋歌」はシリーズ中の傑作の一つですね。
        博の父(志村喬)の言葉「りんどうの花が庭いっぱいに咲いていてね。開けっ放した縁側から、灯りのついた茶の間で、家族が食事しているのが見える。それが本当の人間の生活ってもんじゃないか…」は心に沁みる名台詞でした。

        人肌を紺にとどめをり濃竜胆   


        「ユルフン」に一喝献上はたた神^^; 

        海老爺に暑中見舞の雷鳴や 

        海老尾髭 雷火くらひてエビフライ


        私はシリーズ中では浅丘ルリ子がマドンナ役(リリー)のものが一番好きです。「忘れな草」「相合傘」「ハイビスカスの花」 リリーの生い立ちや生き方に刺激されて、寅さんが最も活き活きしていました。

        「三千院 朝顔枯れて 蝉しぐれ」 
        これはなかなかシブイ句ですね。

        「麗し瞳に」…私もつい使ってしまいますが、俳句では「美し」「恋し」「悲し」のような形容詞はなるべく避けることが、上達の鍵だそうですよ。生意気申し上げ、失礼しました。
        | BRIO | 2009/08/09 3:25 AM |

         六十四回目の長崎原爆忌   枝氷

         十五歳の少年の敗戦体験   〃

         その後六十四年の吾が生き様 〃

         吾と同じ思いの同胞達よ   〃

         甚平を着て今にして見えるもの 能村登四郎

         長き夜をさがす悪路の反対語  鈴木六林男

         こちら日本戦火に弱し春の月  三橋敏雄

         二つ目の原爆の日も過ぎにけり  〃

         一日の果ては百年秋の暮     〃

         玉霰みな傷ついて居るならむ   〃

         知合いの神様は無し独活の花   〃

         終戦日午前短し午後長し     〃

         肉体に依って我在り天の川    〃

         鳥曇ニツポニアニツポン生きいて絶ゆ 〃

         戦争の個個の残像流れ星     〃

         ひろびろと世に生死あり虫の闇  〃

         流星や生まれし覚えなき嬰児   〃

         秋の字に永久に棲む火やきのこ雲  〃

         帝国の昔路上に両手つき     〃

         はづかしき昭和戦史や残花余花  〃

         自然薯の苦しきかたち掘り起す  〃

         立ちあがる直射日光被爆者忌   〃

         横たふるほかなき房の葡萄かな  〃

         昭和平成その次知らず灯取虫  藤田湘子

         和魂も荒魂もあり蕗の塔   安東次男

         木の実山その音聞きに帰らんか  〃

         乱世と濁世といづれ根深汁    〃

         この国を捨てばやと思う更衣   〃

         残る虫暗闇を食ひちぎりいる  佐藤鬼房

         潜航艇青葉繁れる夕まぐれ  川崎展宏

         海鼠あり故にわれありかぼすもある 〃

         戦争の砂漠が写り蜆汁   沢木欣一

         長崎の坂動き出す三日かな 有馬朗人

         わが砂漠出発点か終点か  津田清子

         砂漠から山羊を連れ戻さねばならぬ 〃

         人間の枷を砂漠の何処で解く  〃

         黒葡萄テレビの銃口われに向く 鍵和田釉子

         太陽へ行く途中なり枇杷の種  和田悟朗

         敗戦か終戦かかの氷水  宇多喜代子

         敗戦忌雀のことばが判りそめ  河原枇杷男

         わが躰の外にはみだす天の川  宗田安正

         野渡りや殺仏殺祖秋茄子   永田耕衣

         茄子生るや未だ未来に非ざるも  〃

         白桃も太陽もみな翁かな    〃

         少年や六十年後の春の如し   〃

         子を持って知る親の恩野球少年^^ 枝氷

         仲良きことは美しきかなの言葉   〃

         幸せな買い物ダベリ羨まし     〃

         「背番号」何番の星輝くか     〃

         信濃から声援送る「背番号^^」  海老爺
        | エピ | 2009/08/09 9:58 AM |
        >深い悲しい思いと憤りの思いを込めて、私の心のなかでは歌っている♪原爆許すまじ♪の歌に替ってタチアナの若き頃と同じロシア美人の、悲しみを乗り越えて歌う♪いつも何度でも♪を今日は歌いたいと思います。。

           ♪いつも何度でも・・・・・♪

          呼んでいる 胸のどこか奥で 

          いつも心踊る 夢をみたい

          悲しみは 数え切れないけれど 

          その向うできっと あなたに会える

          繰り返すあやまちの そのたびひとは

          ただ青い空の 青さを知る


          果てしなく道は続いて 見えるけれど

          この両手は光を抱ける

          さよならのときの静かな胸

          ゼロになるからだが 耳をすませる

          生きている不思議 死んでいく不思議

          花も風も街も みんなおなじ

          ラララ~~~~~~~ホホホ~~~~~~~ルルル~~~~~~~

          呼んでいる 胸のどこか奥で

          いつも何度でも 夢を描こう

          悲しみの数を 言い尽くすより

          同じくちびるで そっとうたおう

          閉じていく思い出の そのなかにいつも

          忘れたくない ささやきを聞く

          こなごなに砕かれた 鏡の上にも

          新しい景色が映される


          はじまりの朝の 静かな窓

          ゼロになるからだ 充たされてゆけ

          海の彼方にはもう探さない

          輝くものは いつもここに

          わたしのなかに 見つけられたから

          ラララ~~~~~~~ホホホ~~~~~~~ルルル~~~~~~~
        | エピ | 2009/08/09 12:15 PM |
        女ひとり

        作詞=永 六輔  作曲=いずみたく

        京都 大原 三千院 恋に疲れた女がひとり
        結城に塩瀬の素描の帯が 池の水面にゆれていた
        京都 大原 三千院 恋に疲れた女がひとり

        京都 栂尾 高山寺 恋に疲れた女がひとり
        大島つむぎにつづれの帯が 影を落とした石だたみ
        京都 栂尾 高山寺 恋に疲れた女がひとり

        京都 嵐山 大覚寺 恋に疲れた女がひとり
        塩沢がすりに名古屋帯 耳をすませば滝の音
        京都 嵐山 大覚寺 恋に疲れた女がひとり

        若い時に聞いた歌声が今も耳に残っています。ずっと大原さんと重なっていた様な気がします。


        | 黄鶲 | 2009/08/09 2:20 PM |
         長崎を訪れて、多くの原爆の写真を見てまいりましたが、鮮明に覚えているのは、廃墟と化してあたり一面焼け野原になり、自宅の跡に白骨化した母の下に呆然と立ちすくむ女子学生の姿です。この一枚だけは、忘れられません。何度も何度も蘇ってきます。

         雷鳴の信濃の空に爺歌う

           
        | 黄鶲 | 2009/08/09 2:55 PM |
        >鰤尾様、海老爺はお姑様問題で離婚したお方より、マドンナでは☆八千草薫、淡路恵子、竹下景子、三田佳子、風吹ジュン、☆光本幸子、吉永小百合、☆十朱幸代、☆樫山文枝、☆太地喜和子、☆京マチ子、桃井かおり、香川京子、松坂慶子、☆音無美紀子、☆石田あゆみ、中原理恵、かたせ梨乃、池内淳子、〜〜そして☆大原麗子さん達が好きでした。
        忘れもしない「瀧の白糸」の森雅之と組んだ京まち子さんのエキストラで出たことがあるのですよ。^^;v学生服姿で徘徊するだけでしたが。ウシ。

         可憐かな恋し美し早苗ちゃん  反逆爺

         初心な肇兄さん早苗恋し    〃

         又失恋悲しさ山のごと蝉時雨  寅やん

         エビャフライ誰のお口にジュワッと入る? 海老男

        >「噂の寅次郎」での肇兄さんと離婚のことで喫茶店で出会い、両者昔から思いが在りながらの離婚届の作成中
        流れていたのは何と、モーツアルトのピアコンの名曲
        第20番ニ短調第2楽章ロマンスでしたよね。監督の二人への思いがアリアリでジーンと来ました。。寅やんフラレル訳でしたよねぇ。あんなに逆上せ騰がっていたのに、、可愛そうな寅やんTへT)!!

        >喜美多姫様
        ♪大原三千院≒大原麗子さんの思いに共感します。。
        何故に?!と思い泣けて参ります。天の神を恨みます。
        名句を有難う!鰤尾師匠に精々指南を仰ぐことですな!
        鰤尾さんはあれこれと隅に置けない兵ですからにして。
        あの頃の朧の君と同一人物とは思えません。恐らく義兄のその後の「人生指南」が宜しいようで、何か、嬉しくなります^^v紅い鳥さんとしては如何に?!明日は、奥方と娘のご一行がお帰りになり、朝から窓拭きやら、清掃に大童の爺さんです。アヘァ――!ウシ、ウシ。

        | エピ | 2009/08/09 5:49 PM |
        エピさん。私は別に浅丘ルリ子さんが好きなわけでなく、たまたま彼女が出演している作品が好きなでけですよ。
        太地喜和子さんは私も好きな女優でしたし、彼女が出演した作品も忘れられない傑作ですね。こんなに泣いたり笑ったりさせられる映画もありません。上手いですよね。ちなみに彼女がタコ社長と、お金を騙した取られた男と喫茶店で会うシーンでは、確かモーツアルトの「ニ短調幻想曲」が流れていましたね。黒澤明監督「野良犬」の決闘シーンでは、民家から流れてくるモーツアルトの「ピアノソナタ」が効果を上げていたのを思い出します。
        緊迫した場面で不思議とモーツアルトが使われますね。桃井かおりさんも、不思議な個性に輝いている方で好きです。

        松坂慶子さんは申し訳ないですが、どうひいき目に見ても、「ダイコン」役者だと私は思います。彼女が熱演すればするほど、こちらは醒めてしまいます。しかし、一部の男性はこの類の女優さんにはどういうわけか、コロリと参ってしまうみたいですね。(笑)

        | BRIO | 2009/08/09 11:58 PM |

         原爆に遭わざる父母の子育て記  枝氷

         雨日がな蝉の声量なかりけり  〃

         夏雲を待ち焦がれたる蝉の山  〃

         痛恨の同年齢の被爆体験記   〃


        >>若い日の私――― 一瞬の挙動が運命を分けた<<

        「昭和二十年八月六日、朝八時十五分直前に、私は広島陸軍兵器廠にいた。第二次大戦末期は、中学三年の私たちまで、軍や工場に動員され、重労働の毎日だった。
        私は弾薬箱など兵器をこん包するための木材貯蔵所で作業していた。雲一点もない夏空に、B29爆撃機が三機編隊で、飛行雲を引いて飛来した。少し前に警戒警報が解除されたばかりなのに、反転再侵入したのだ。その時、
        パッと三個の落下傘が投下された。瞬間、B29はエンジンのごう音を一段と上げて飛び去った。
         真っ青な空に純白の落下傘が、ゆっくりと降りてきた。私は、すぐ傍らの作業小屋にいる仲間に、「おい、
        変なものが落ちてくるぞ!」よ知らせに入った。そのとたん、眼前で写真のマグネシウムでも燃やしたような、大せん光と大爆発が起こった。私は、兵器廠の弾薬庫が事故で爆発したものだと思った。本能的に、目と耳を押さえ、ひれ伏した。それほどすぐそばで爆発が起こったような感じだった。
         
        外に出てみると、青空に、巨大なきのこ雲が、もくもくと立ち上った瞬間だ。真っ赤。黄、橙(だいだい)、白、
        黒のうず巻いた煙が空高く、わき上がるように、舞い上がっていた。 周囲をみると、物すごい爆風と熱線で、様子が一変していた。爆発後に初めて会った人々は、顔や手など火傷で火ぶくれになっていた。顔面血だらけで、血のりがボールのように固まっていた。民家は吹き飛ばされている。道路は散乱物でいっぱいである。中心に近づくと、さらに様相はすざまじい。広島市中の方から、一斉に火を噴いて、大火災が起きている。熱線で、ぼろ切れになった皮膚をぶら下げ、目もつぶれている人々が、幽霊のような姿で歩き、さ迷っていた。虚脱状態の負傷者が、ガラスの破片を突き立てたまま、血を流しながら群れとなり、歩いた。
         いつしか、私もこの行列に加わって、山へ逃げた。
        「水、水」と重傷者がうめく。静かになったと思ったら、息絶えた。山の斜面にはいつくばって、広島市炎上を、ぼう然と見続けたことである。倒壊家屋の中で、生き埋めのまま焼け死んだ人も大勢いる。救いの声が、がれきの中から聞えるが、全くなす術(すべ)もない。火は焼き尽くしてしまった。気丈にもオノで、はさまれた足を切断して逃げた人もいる。この世の生き地獄である。想像だにしなかった残酷な出来事が、現実に繰り広げられた。地球最後の日がやってきたと思った。
         夜半にかけて、焼け跡を通り、広島を脱出した。途中、倒壊家屋で、水でも飲もうかと思ったが、死臭、焼け焦げた異臭、血生ぐさいにおい、倒壊の土ぼこりなどが立ちこめて、生理的にのどを通さない。救助隊に会うまで、一日中、食物も水も口にしなかった。
         もし、この時、我慢できず、たまり水や放射能塵(じん)を含んだ食物を口にしたら、放射能障害を起こして死んでいる。後になるほど、無事であることを感謝した。
        また、もし、落下傘が落ちるのを身続け、仲間を呼びに小屋に入らなかったなら、原爆のせん光と熱線を直接眼球に浴び、どんな結果になったかを思うとぞっとする。
        後になるほど怖くなってくる。一瞬の挙動が運命を左右するが、自分の意思や努力を超越した次元のことである。 それでも、放射能の後遺症で、白血球が減少し、苦しんだ。私も駄目かと思ったこともあるが、乗り越えてきた。この広島の体験が原点となり、平和を祈り。「仏教伝来」を描いた。そして今日に至っている。」・・・
         平山郁夫(1930年生まれ・広島・日本画家・元、東京芸大学長)
        | エピ | 2009/08/10 11:31 AM |
        管理者の承認待ちコメントです。
        | - | 2014/08/21 8:25 PM |









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック機能は終了しました。
        トラックバック