PR
Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Recommend
浅田真央 POWER&BEAUTY
浅田真央 POWER&BEAUTY (JUGEMレビュー »)
ウイダー 浅田真央 栄養&トレーニングサポート・プロジェクトチーム
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
アメイジング・グレイス~ベスト・オブ・ヘイリー
アメイジング・グレイス~ベスト・オブ・ヘイリー (JUGEMレビュー »)
ジェイムス・ブレット,ニック・イングマン,サー・ジョージ・マーティン,イアン・ディーン,ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団,ロンドン・セッション・オーケストラ,ロンドン・メトロポリタン・オーケストラ,バロック弦楽四重奏団,アンサンブル・オブ・ボローニャ
Recommend
Recommend
変奏曲 vol.2 (2)
変奏曲 vol.2 (2) (JUGEMレビュー »)
竹宮 惠子; 増山 法恵
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    Midori Ito 1988 Olys SP
    0


      maoちゃんの熱風を冷ませる人はただ一人

      真央ちゃんの大先輩みどり選手です^^


      カルガリ−のSPは衝撃的でした

      新しい時代の幕開け、その瞬間の演技です


      女子フィギュアがまさしく移り変わる瞬間をみた気がします


      2-3のル−プコンビはセカンドジャンプの方がかなり高くて物凄い

      スピ−ドで舞いあがるような感じでした


      圧巻はダブル・アクセル

      ルッツのような入り方でバックで滑っていったそのままの足でタ−ンしてその足

      のまま跳びます

      普通は踏み変えて前方踏切なんですが、タ−ンしてそのまま上にあがるのは

      かなりのモノだと思います

      しかも高さと幅にスピ−ドもあります

      タ−ンからなので走って跳んでるわけではありませんがスピ−ドがあります

      どんな入り方でも出来るのですね^^

      走らずにあれだけの高さ・幅・スピ−ド・キレが出せる選手は他にはいないと思います


      衝撃ジャンプ


      みどりちゃんもカルガリ−とハンガリ−の世界選手権の時・つまりこのシ−ズン

      だけの跳び方でした




      ファンタスティック みどりちゃん



      スピ−ドと幅・プレロ−テ−ションのないジャンプをテキストジャンプのように


      言う今日ですが、みどりちゃんは更に高さとキレがあり神様のジャンプでした



      テキストブックは数知れず


      しかし神の領域に達したのは


      みどりちゃんあなただけです
      posted by: 永遠のフィギュアファン | 伊藤 みどり | 23:47 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 23:47 | - | - | - | - |
        このプログラムで私が一番印象に残るのは、「祭」という選曲でした。今思えば実にユニークで思い切ったことだと思います。そして、オリンピックの晴れの桧舞台で日本のお国柄を示す音楽が流れるなんて、とても素敵だと思います。エンディングの「ミエをきる」歌舞伎のような動作も良いですね。ディックさんとペギーさんが思わず「オウ!」と唸っていますし、観衆にも受けてました。
        真央選手もいつか演じて欲しいな。日本古謡の「さくら」滝廉太郎の「花」、あるいは「南中ソーラン節」宮城道雄の「春の海」など、要はアレンジ次第でいくらでも出来そうなんですけどもね。これだと今のルールでは、さほど構成点が貰えないかな。

        あと、みどりさんがキス&クライではなく、選手の登場口に戻ってしまい、次の選手に拳で「コラコラ」されているところが愉快。左脇にいるオジサン達が笑っていて、エライ受けていますね。みどりさんのあわてんぼう振りも癒されますが、あの選手もなかなかユーモアがあります。誰だろう。
        | BRIO | 2009/08/05 1:22 AM |
         あちらで日本語版も観てきました。永遠さんのコメントもたくさんありましたね。この音楽と、スピード感溢れて飛び跳ねるような演技が、ホントにうまくマッチしていました。2Lo-3Loの連続ジャンプは圧巻。みどりさん以外では見たこともないし、また出来ないでしょう。まさに全身バネ仕掛け、ポンポン跳ねるゴムまり少女の面目躍如です。2Aも陸上選手の走り高跳びの跳躍のような感じで、フィギュアをアスリート競技に変えてしまったと言われたのもうなずけます。会場の大喝采も、とんでもないものを観てしまったという驚きと思います。満面の笑み、そして最後の落ちが、何ともみどりさんらしくて微笑ましい。愛される所以ですね。
         山田コーチと城田さんが、まだ若々しいですね。長年かけて、みどりさんの後に続く世代を育ててこられたことに頭が下がります。日本の選手は、技量のみならず、スポーツマンとしても立派です。よき指導者が、よき選手を育てる。世界に誇る日本の宝、堂々と胸を張って主張できる日本人の誇りです。
        | 黄鶲 | 2009/08/05 12:12 PM |
        黄鶲さんのコメントを改めて読んで、動画ブログのみどりちゃんの所にお邪魔してきました

        いろんな方がコメントされて、恥ずかしながら自分のもみてきました・・

        和気あいあいとしたコメントはいいもんですね〜^^
        | 永遠のフィギュアファン | 2009/08/06 10:29 PM |









        この記事のトラックバックURL
        http://hensoukyoku.jugem.jp/trackback/538
        トラックバック