PR
Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Recommend
浅田真央 POWER&BEAUTY
浅田真央 POWER&BEAUTY (JUGEMレビュー »)
ウイダー 浅田真央 栄養&トレーニングサポート・プロジェクトチーム
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
アメイジング・グレイス~ベスト・オブ・ヘイリー
アメイジング・グレイス~ベスト・オブ・ヘイリー (JUGEMレビュー »)
ジェイムス・ブレット,ニック・イングマン,サー・ジョージ・マーティン,イアン・ディーン,ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団,ロンドン・セッション・オーケストラ,ロンドン・メトロポリタン・オーケストラ,バロック弦楽四重奏団,アンサンブル・オブ・ボローニャ
Recommend
Recommend
変奏曲 vol.2 (2)
変奏曲 vol.2 (2) (JUGEMレビュー »)
竹宮 惠子; 増山 法恵
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    地球へ... Coming Home To Terra  ダ・カーポ 1980年
    0


      地球へ…』(テラへ…)は竹宮惠子が「月刊マンガ少年」(朝日ソノラマ)に1977年1月号から1980年5月号にかけて連載した全4部構成のSF漫画作品。及び、派生作品のタイトル、総称。


      <概要>
      マンガ少年に最終回が掲載された直後にアニメ映画版が公開され、話題を呼んだ[2]。単行本化の際には、雑誌掲載の原稿に加筆、修正がなされた。第4部においては大幅な修正が行われ、S.D.の解釈などが雑誌掲載時と異なっている。

      1978年度の星雲賞コミック部門を受賞。第25回(1979年度)小学館漫画賞受賞。1995年には文庫化し、2006年の時点では10版まで出版されている。2007年4月には新装本が出版された。ラジオドラマ版(1979年)、アニメ映画版(1980年)、テレビアニメ版(2007年)がある。

      あらすじ

      現代から遠く離れた未来―S.D.Superior Dominance:特殊統治体制、西暦3千数百年)の時代。

      科学の発展により文明が高度化し、ワープ航法によって宇宙へ旅立つことができるようになった時代、「人類が地球を窒息させている」と結論付けた一部の人間の考えにより、人類の手ではもはや修繕不可能なまでに進んだ環境破壊で生命滅亡の淵にある地球を再生するため、全ての人間がマザーコンピュータとともに植民惑星へ退去した。

      人類は出生から成長、死に至るまですべてコンピュータによって完全に管理されていた。無作為に選び出された精子卵子を受精させ、人工子宮により『赤ん坊』として生きられるようになると、無作為に選ばれた養親によって『目覚めの日』(=14歳の誕生日)まで安心かつ健全、しかも画一化された教育惑星で育てられる。『目覚めの日』前後になると、星のマザーコンピュータによって《成人検査》が行われ、今までの記憶の消去と地球人として生きるための知識の注入を受け、“大人”としての教育を受けるべく、さらに高度な教育が受けられる“エデュケーショナル・ステーション”に送られる。

      しかし、成人検査をパスできない人もいる。また、この成人検査の過程で誕生するのは“大人”とみなされた人間だけではない。超能力保持者“ミュウ”も誕生させていたのだ。ほとんどのミュウは、感情過多などの兆候からESP(エスパー)チェックにより深層心理まで分析され、排除されてきた。だが、管理体制の実態を見抜き脱出に成功したミュウ達は集団を作り、人類にミュウの存在を認めるよう働きかけてきた。しかし、その願いは未だ通じていなかった……。

      地球から遠く離れた植民惑星アタラクシアで育った少年ジョミー・マーキス・シンは、『目覚めの日』の数日前から不思議な夢を見ていた。1人の盲目の美少女と青い髪の若者が会話している場面である。ジョミーの正体はミュウであったが、その強靭な精神力でESP検査や深層心理分析といった検査をことごとくクリアしてきた。

      しかし、『目覚めの日』に成人検査を受けている最中、夢に出て来た青い髪の若者―ソルジャー(ミュウの長の称号)・ブルーに助けられ、成人検査が施す洗脳から逃れることができた。“不適格者”(=ミュウ)と診断されたジョミーは抹殺されそうになるが、そこへミュウの手助けが入り、ジョミーは混乱の中ミュウの船へ迎えられることとなる。

      最初は戸惑い、抵抗心剥き出しだったジョミーだが、障害の補完として超能力を持つ他のミュウとは違い”健常者かつミュウ”であった事から、新しいソルジャーとなるようブルーに請われ、彼の記憶と精神を受け継ぎ“ソルジャー・シン”となる。

      一方、統治者候補で“無垢な者”としての養育を受け、執行機関「メンバーズ・エリート」の一員となった同い年の青年がいた。彼の名はキース・アニアン。親友サム達とは違い、成人検査を受けた記憶も幼い頃の記憶も一切持たない彼は、様々な出来事の中で、徐々に自身の正体とミュウの廃絶の可能性の有無を見出しながら出世コースをひた走る。

      この二人の接触は、十数年にもわたるミュウと人間の戦いと、地球の新時代の幕開けに繋がる様々な事件が起こすこととなる。ミュウも人間も葛藤し、悩み、苦しみ、悲しみを味わいながら、戦いに身を投じていく。

      果たして、ジョミー達ミュウは地球(テラ)へたどり着くことができるのか?



      ダ・カーポの曲が

      声の出演 [編集]

                              ウィキぺディアより

      懐かしい

      映画館で見ました

      声の吹き替え、フィシスという盲目の女性の役を、秋吉久美子さんがしていたのを覚えて
      います。
      こうやって調べてみると声優ではない方が多いですね〜
      ラジオ・ドラマがあったのは知りませんでした

      漫画も読みました。
      子供たちの時代にもどこかで、掲載されたのかな?
      それともアニメ好きだからでしょうか?娘も知っていて私の知らない部分のスト−リ−
      を話してくれました

      テレビ版、アニメ版、原作、いろんな作品を作ると必ずスト−リ−が少し違ってくるので、頭
      がゴチャゴチャになります

      posted by: 永遠のフィギュアファン | 漫画 | 07:30 | comments(13) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 07:30 | - | - | - | - |
        ”地球へ”は比較的最近アニメドラマが再放送(BS?)されたと聞いたので、今の子は知っているかも。私はストーリー初めて知りました。
        中学生の時、古本で竹宮恵子さんの”遥かなり夢のかなた”と萩尾望都さんの”11人いる!”というSF漫画を同時に買って、萩尾さんの方にハマり、ヴァンパイア物とか買いまくりました。
        理由はハッキリしています。”11人いる!”はハッピィエンドでしたが、”遥か・・”はお話が未完で、異世界に迷い込んだ主人公が戻れないままで、読み終わった後、悲しかったんですよぉ。

        SFって漫画も映画もファッションが極端ですよね。
        いかにも未来を思わせる徹底的に無駄を省いた物か、まるで中世のヨーロッパのような物か・・
        私はスターウォーズシリーズのエピソード機銑靴離侫.奪轡腑鵑好きです。特に兇離淵織蝓次Ε檗璽肇泪鵑里姫様ファッションは素敵でした♪

        吹き替えは、私は声優さんにやってほしい派です。
        アニメ以外でもTVの洋画で時々有名俳優の起用とかありますが、いつも違和感が・・・
        イメージがチラ付くのもあるんですが、声だけで仕事をしている専門の人とはお芝居の質が違うんじゃないかと思います。
        ジブリの”ハウルの動く城”キムタクのカツゼツの悪さ、こもる声は論外でしたが、ヒロイン担当の倍賞千恵子さんにも馴染めませんでした。
        | じゅれ | 2009/06/23 8:29 PM |
        じゅれさん、こんばんは
        萩尾望都さんの。”11人いる!”は、作品は知ってるけど読まなかったんですよ。人気漫画家でしたが、これって理由もないまま未だ作品を読んだ事がありません。

        スターウォーズシリーズは70年代のしか見てませんが、映画雑誌は好きで覗いてました。
        だからナタリ−・ポ−トマンのお姫様ファッションは、私も好きでした。綺麗〜と思って雑誌を立ち読みしてました

        アニメの声は本職の声優さんが、いいですよね・やっぱり。
        名前だけで、俳優さんを使うとガッカリします
        | 永遠のフィギュアファン | 2009/06/23 11:18 PM |
        永遠さん、じゅれさん、こんばんは。

        私大人になってから漫画を殆ど読まなくなったのですが、萩尾望都と大島弓子だけは大好きなんです。
        特に大島弓子さんはまさにB型的世界でその純粋な世界は比類と思っています。
        萩尾望都さんは「ポーの一族」「11月のギムナジウム」「トーマの心臓」と勿論「11人いる?」は繰り返し読みました。絵の美しさとヨーロッパ文化や歴史の知識は信頼できるものでしたよね。テイツイアーノの「・・・・の肖像」(タイトル忘れ)の少年が出てきた時には驚きましたっけ。
        大島弓子さんは全部は読んでいず、後期の作品はさらに大島弓子ワールドが深まっていると聞き読みたいなーと思っていました。
        二人ともその詩の様な言葉の使い方のうまさに惹きつけられていました。
        こちらの詩人さん達も言葉遣いの天才ですが、物語と美しい絵と合いまった言葉が魅力でした。
        大島弓子さんの詩集があると最近知り探しているところです。絶版ものです。
        | ファンシェット | 2009/06/24 12:05 AM |

        ファンシェットさん、おはようございます

        >萩尾望都さんは「ポーの一族」「11月のギムナジウム」「トーマの心臓」と勿論「11人いる?」は繰り返し読みました。

        「ポーの一族」「トーマの心臓」この作品の掲載されてる雑誌は買ってました。有名ですよね。小学生の頃だったような気がします
        理解できそうにないとおもったのかな〜

        大島弓子さんの作品名もよく知ってますが読まずにきてしまって、お話伺ってると今なら読めそう・・

        萩尾望都さんは一度は読んでみたいな〜

        | 永遠のフィギュアファン | 2009/06/24 8:32 AM |
        永遠さん おはようございます

        >小学生の頃だったような気がします
        年の開きが歴然ですね(焦)

        私も雑誌で読みました。コミック版は画面が小さく
        今一に感じます。

        大島さんは漫画を描くために詩を書いていたのか?詩を書くために漫画を描いていたのか?

        その詩的な言葉だけが今も心に残っています。

        作品名は忘れましたが吉本ばななの「哀しい予感」は大島弓子のパクリだなと思ったことがあります。
        | ファンシェット | 2009/06/24 9:05 AM |
        ファンシェットさんの挙げた萩尾作品、大好きな物ばかり!「11人いる!」の続編「東の地平西の永遠」も良いですよ〜♪
        当時、周りの子は等身大の漫画やラブストーリーに夢中で、外国が舞台のファンタジィ漫画・まして古本なんて興味を持ってくれなくて、感動を共有できず寂しかったです。
        昔はポーのエドガーがクールでかっこいいと思ってましたが、今は「トーマの心臓」のエーリクが素直で甘ったれで可愛いナ♪←トシか?
        永遠さん小学生では確かに面白くなかったと思います。
        去年、女性週刊誌にバレリーナ漫画を連載しているのを美容院で見ましたが、現在の方が絵が古臭くなっていました。
        大島弓子さんの漫画は縁がなかったです。ふわふわして現実離れした雰囲気のある絵ですよね。
        最近は少年漫画しか読んでないなぁ・・・

        ”スターウォーズ”はテレビで、”エピソード”は映画館で見ました。ダースベーダー誕生のストーリーなので、どんどんヘビーになっていくんですよね・・
        アミダラ姫のナタリー・ポートマン、初めて見たのはテレビで「レオン」が放送された時でした。
        子供なのに、大人の女性のような美しさを感じさせて衝撃でした。
        | じゅれ | 2009/06/24 7:51 PM |
        じゅれさん、こんばんは。
        やはり皆さん似たような嗜好の方がこのサイトに集まっているのだな〜と感じます。
        「東の地平西の永遠」さっそく読んでみたいです。
        竹宮恵子さんなどはエロイと感じて趣味と合いませんでした。
        大島弓子さんの「罪と罰」を読んでから原作を読んだことを思い出します。
        いい時代でしたね。
        | ファンシェット | 2009/06/24 10:38 PM |
        竹宮恵子さん、エロイと感じたのは、風と木の詩でしょうか?
        私の小学生の時の作品で、駄目・笑
        衝撃強すぎて、とばしてました・・
        ロリィの青春とかに夢中の小学生には無縁の世界でした

        ご本人いわく、少女とか女の人を描くのが苦手なんだそうです(当時の談話です)

        このブログの名前は竹宮さんの音楽漫画から拝借したのですが、傾向としてはアクの強いものも多くて、私は彼女の作品を読みますが、読むのと読めないのとがハッキリわかれます。
        | 永遠のフィギュアファン | 2009/06/24 10:46 PM |
        ナタリ−・ポ−トマンは美しい女優さんですよね

        ご両親がとても厳しい方で、大学にも行ってかなりの才媛だったような・・

        じゅれさんのスター・ウォ−ズの話を読んでると、時代は流れたと(苦笑)感じます

        私が学生の頃のスタ−・ウォ−ズの方が、エピソ−ド・シリーズより時代は後なんですよね。
        先に作品として世にでましたが

        きっと今再び見たら、玩具っぽいつくりに見えてしまうかもしれませんが、当時は夢中でした
        | 永遠のフィギュアファン | 2009/06/24 10:53 PM |
        永遠さんおはようございます。

        このブログの名前のルーツはそこにあったのですね。素敵な名前だと思っていました。
        風と木の詩は萩尾作品と似ていますが、強烈すぎましたね。地球へ・・も題材だけが似ている?残念ながら未読なんです。プロットは全く違うみたいですね。
        | ファンシェット | 2009/06/25 8:59 AM |
        萩尾さんも女の子描くのは苦手な人かも。「トーマの心臓」とか女の人あまり出てこないし・・「11人いる!」のフロルはヒロイン的なポジションだけど、大人になるまで性別のない種族なので、女子数ゼロ!

        スターウォーズは今でも色褪せない作品だと思います。ただ・・レイア姫が・・(ごにょごにょ)顔オバサンくさい・・^^;
        私は単純に女優さんは美しい人が好きなんです。
        例外はレニー・ゼルウィガー。本人には悪いけど、ちょっと太めだし美人ではない・ですよね?
        好きになったのは飛行機の中で見た映画「コールド・マウンテン」
        南北戦争下でのラブストーリーで、公開時は第二の「風と共に去りぬ」と宣伝されていました。主演はニコール・キッドマンとジュード・ロウの美形2人で、脇役でナタリー・ポートマンも出ていたのに、ゼルウィガーが一番かっこよくて光ってたんです。
        戦争が激化する中で、生活力が全くないヒロインを助けて鍛えてくれる村の女性の役でした。
        最後うるっときて、飛行機の中なので恥ずかしくて耐えました。そのくせ又巻き戻して見たりしてましたが。
        前半、お嬢様役のキッドマンの衣装はスカーレット・オハラみたいで・この時代の南部のファッションは華やかで夢がありますね。その分、封建的だったようですが、、、
        | じゅれ | 2009/06/25 7:40 PM |
        ファンシェットさんへ

        変奏曲というクラシック音楽の漫画で、竹宮さんらしくない漫画です
        らしくない女の子も2人出てくるし・・
        実はこの作品・出版社からか、どこからか忘れましたが、オ−ダ−されて描いた作品らしく、ご本人は好きではないようですが、私は好きな作品なんです(^_^)
        | 永遠のフィギュアファン | 2009/06/25 9:58 PM |
        じゅれさん、こんばんは

        私も女優さんは美しい人が大好きです
        しかも、これといって傾向がなく綺麗と思えば興味を持ってしまいます
        ヴィヴィアン・リ−、バーグマン・グレ−ス・ケリー、ミシェル・ファイファ−、ニコ−ル・キッドマン
        でも特別美人タイプではないですが、アネット・ベニングが一番好きなのですが・・

        グリフタ−ズ(詐欺師たち)お勧めですよ^^


        コ−ルド・マウンテンはキッドマン見たさに借りましたが、ゼルウィガ-がピカ一でしたね
        彼女は素敵な女優さんで、地のままでもカッコいい
        | 永遠のフィギュアファン | 2009/06/25 10:05 PM |









        この記事のトラックバックURL
        http://hensoukyoku.jugem.jp/trackback/419
        トラックバック