PR
Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Recommend
浅田真央 POWER&BEAUTY
浅田真央 POWER&BEAUTY (JUGEMレビュー »)
ウイダー 浅田真央 栄養&トレーニングサポート・プロジェクトチーム
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
アメイジング・グレイス~ベスト・オブ・ヘイリー
アメイジング・グレイス~ベスト・オブ・ヘイリー (JUGEMレビュー »)
ジェイムス・ブレット,ニック・イングマン,サー・ジョージ・マーティン,イアン・ディーン,ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団,ロンドン・セッション・オーケストラ,ロンドン・メトロポリタン・オーケストラ,バロック弦楽四重奏団,アンサンブル・オブ・ボローニャ
Recommend
Recommend
変奏曲 vol.2 (2)
変奏曲 vol.2 (2) (JUGEMレビュー »)
竹宮 惠子; 増山 法恵
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    Rachmaninoff Prelude Op.23 No.5 (Richter)
    0




      ラフマニノフ_近代ロシアの偉大なピアニストであり、帝政末期のオペラ指揮者
      現在でも大衆的な人気をほこる作曲家(1873-1943)

      ラフマニノフは前奏曲を24曲残しています。1曲ずつ別の調で書かれていています。
      長調、短調それぞれ一通り

      ラフマニノフの前奏曲は一見難しく見えないところでも、主旋律と潜在的な対位旋律
      とを、厚い和音で同時に弾いていかなければならなかったり、大きな手と人より超越
      した技巧を持ち合わせなければ、弾けない曲が多い。

      作品23、5番 ト短調
      プレリュ−ド・マーチの異名をとり前奏曲の中でポピュラ−な1曲です。

       

      Horowitz plays Rachmaninoff: Prelude Op. 23 No. 5

      聴き比べもいいかなと思いまして、ご紹介頂いたホロビッツの演奏です^^
      posted by: 永遠のフィギュアファン | ラフマニノフ | 08:19 | comments(18) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 08:19 | - | - | - | - |
        今朝はゴミの日、スレ当番は毎日^^!3児のママさんになど負けてはおれませんぞ。29日には山の神が貴女の姉と一先ずご帰還。。何せ、☆6.21DOIには山ノ神と真央ご対面の荘厳なるセレモニーに赴かねばなりませんから、、大声を出したり、、恥ずかしいことをしたら一緒に行って下さらぬそうどす。あきまへんのや、、”ブラボ―――!!”もご法度じゃきに、、TへT、、でも、その瞬間が来れば、爺は50年の結婚生活に終止符を打つ離縁覚悟で昔スキーで鳴らした雄叫びを上げまっせ、、見てておくれやす。ウッッシッッシ――

        >ラフの大恩人ダール博士とのエピソードは何度もお話したから今日は申しませんが、、ほんにこの恩人がいなかったらピアコン第2番ハ短調(28才)も↑♪プレリュードop.23-5(31才)も聴けませんでしたよねぇ。と言うことは、私もこの日本のクラシック名ブログでギレリスのラフの♪マーチも聞けなかったということ、、??ああ人生は不思議なことばかり、、英苑さんはその名の通り、賢くて花園のような女性だと神のお告げどす。。
        | エピ | 2009/04/24 1:53 PM |
         高音の伸びやかさ、繊細でより魂に響く演奏は下の方かなと思いました。聴き比べてみてください。
        http://www.youtube.com/watch?v=cB_mNGFFrcI&feature=related
         この曲を聴いていて、真っ先に思い浮かんだのは安藤選手。気持ちを前面に出し、強さもある魂の演技をされ、さゆり、ボレロで繊細な演技力も磨かれたので、是非一度挑戦して欲しいと思いました。
         
        | 春鳥 | 2009/04/24 2:05 PM |
        エピさん。29日に帰ってらっしゃるのですね^^
        賑やかで嬉しいGWですね。
        その後はムフフじゃなくってウッシッシ-ですよ^^

        全く羨ましいな。真央ちゃんの演技が観られるなんて。

        ラフを聴いてパワ−満タンでいかなくてはなりませんよ^^
        | 永遠のフィギュアファン | 2009/04/24 8:11 PM |
        春鳥さんへ

        メトロポリタン・コンサ−トでのホロビッツですね^^
        こっちはCDを持ってて、あえてリヒテルにしたのですが、メロディ−ラインの出し方が違いますよね。
        ラフマニノフとしてはホロビッツの演奏の方がよりタッチが精妙でペダリングの違いが出てますよね^^後で映像差し替えます。ありがとうございました。
        | 永遠のフィギュアファン | 2009/04/24 8:19 PM |
        >英苑さん今晩は。今日は雨の中、私の2才で亡くなった2才年下の弟の命日が奇しくも義父の命日と重なっているので息子夫婦の助けを借りて山伝いの離れた寺の聖地に兄と息子の2役の人としての務めを果たし行ってきました。友加里んの先輩である息子の嫁は何と大学のクラブでグライダー飛翔時間は何と180時間超えの男勝りの女傑なのに細くて真央のような雰囲気の娘でとても可愛い嫁です^^@vvv、さて昨夜は羨ましがられたり気合を入れられたりで、昨夜から今日にかけて大好きなラフのピアコンや彼の自演の小曲を此処と自分のCDで聞き捲くって意気揚揚と来ましたぞ。。ラフのことなら何でもござんなれですが、ピアノのマダム先生には歯も立ちませんか?のう?!
        実はラフの写真を見るとその少年〜青年の頃は実に私の面影ととても良く似ていますから、ケンプでなくて70才で亡くなったラフをエピに重ねてイメージしてくれるととても嬉しく光栄なんですが、ウッシッシ ぎゃほ―

        私は、若い頃と違って、ある曲を聴く時は、作曲家のその時に至る生い立ちや生き様をその身になって思いながら壮大な彼が生きた歴史やその社会や親子や師匠たちとのことを想起しながら聴くので、、皆さんの想像も出来ない雰囲気や仕草で、もう大変なのですが、、幸い一人なので好き勝手にカラヤンになったり、ストコフスキーになったり、征爾になったり、10人くらいマエストロの真似が出来るので、シンフォニーともなれば、大変です、、ギャボ――!今夜は、ラフのピアコン2、3番に留めおきますが、私の師匠は、高校のポン友のK君でチャイコの大好きな6番悲愴を全部暗譜をしていてすんなりと最高学府を出て国際ジャーナリストになり既にラフのようにアメリカの地で果てたしょうがない奴ですTへT
        次なる師匠は山友だちでスキーの兄貴分のN氏で秋山の山小屋でウイスキーを何本も開けながら二人でどんな曲でも振り捲くりましたぞ!!と言う訳で、ラフの青年の頃恋い慕ったペーチャ(チャイコ)との関係は、明日、お話致すことに致しましょう。ダースビダーニヤ/
        | エピ | 2009/04/25 9:32 PM |
        今日は大切な方・お二人の命日とは。
        故人をしのんでの一日だったんですね。

        エピさんの音楽に対する気持ちや感想をお聞きするのは楽しいので、疲れすぎない程度にお願いいたします^^
        私はまだまだ上っ面の所であ-だ、こ-だとやってる始末。

        こらからラフを聴くときはエピさんのお顔を思い浮べられます^^
        私は好きな曲をハミングしながら家事をしていて、家の中で怪我をした事があるので、調子にのりすぎないようにしています。

        | 永遠のフィギュアファン | 2009/04/25 10:07 PM |
        >大好きな皆さん方の♪Sag mir wo die Blumen sindを踊ったヴィットの心意気をみどりさんへのゴムマリ論を想い出しながら複雑な心境を語る・・・素敵なダイアローグをお聴きして今朝は風薫る山麓でひよどりや山鳩と遊びながら先ず♪ラフピアコン2、次にシューマンピアコン、そしてファン・ツィの♪バラへの3つの願い、そして今はマレーネ・ディートリッヒのこの歌を何とか半分ほど判るドイツ語で聴いています。。
        この歌は第二次大戦中、祖国に弓を引いて連合軍の前線で♪リリー・マルレーンなどとともに歌い続けた歌。。

        オールドボーイのハートを擽る名女優、嫌、名歌手の一人です。他に彼女の愛唱歌、♪風に吹かれて、も聴きましょう、、、

        ♪Die antwort weiss ganz allein der Wind、、

        この世界には幾つもの道があり、
         どれが涙と悲しみの道なのでしょう?
         この世界には幾つもの海があり、
         どれが寂しい海なのでしょう?
         幾人もの母親達が
         ずっと前から一人ぼっちで、
         そして待ち、今日も待ち続けているのです。

         答えは、皆さん
         風だけが知っています。
         風だけが答えを知っているのです。

         どれ程多くの人々が
         今日もまだ自由ではないのでしょう?
         彼等は自由を望んでいるのです。
         どれ程多くの子供達が夜、寝床についても、
         お腹を空かして寝れずにいるのでしょう?
         幾つかの夜の夢に尋ねたいのです、
         いつ、我々の為に世界は変わるのですか?
         *くりかえし

         山のような大きさぐらい人はお金を使います。
         爆弾とロケットと死ぬ為に。
         或る人は話だけをします。
         けれどもその話だけでは
         貧しさは救えないのです。
         人々は将来、
         大きな不幸が
         起きて見なければ理解できないでしょう。
         *くりかえし(2回)
        | エピ | 2009/04/26 12:43 PM |
        母親の春の終わりを告げるエルムの都のその多忙さを想いながら暇人のコメントは朝のプロローグに継いでお約束のペーチャとセリョージャのロシア音楽の先輩後輩の
        「愛情物語」のお話をしたくて、、、先程、何と「チャイコフスキー物語」(園部四郎・岩新・1950版)・・・懐かしき高3の時のK君に感化されて購入した^^;本を何と
        半世紀振りに読み返して冒頭のペーチャの幼年時代の動物好きのエピソードが、キーンと心を打って、その頃の秀才K君のチャイコフィスキー語りを想い出して今日は高校生の気分ですぞ。。ウッシッシは今日は止め!!

        今日は、音楽誌やその他でセリョージャの敬愛して止まない大先輩ペーチャとのその巡り逢いに付いて、少し述べてみましょう。。
        寡黙だけれど愛情一杯の母がいなかったら、、母にピアノの手解きをして貰わなかったら、、なんて想いながら10才年上の従兄弟のピアノの教師ジロティの存在の大きさなど、なにしおう腕白札付き不良少年の幼少年時代はペーチャとは月とスッポンの違いでした\@^^@/
        でも持って生まれた優れた感性と音楽性をジロティに見出され、12才の時モスクワ音楽院の師ズヴェルフ先生に見込まれてのグループ教育が実を結び、、天性の才能が見事に開花したことは、、まさに真央と山田〜タラソワ先生との神が与えてくれた邂逅の賜と同じだとだと。私は神に感謝しセリョージャの幸運とロシアや世界の音楽ファンのの幸運を思うのです。。

        当時、ロシアでも著名な音楽教師ズヴェルフ先生の家にはロシアの大音楽家が頻繁に訪れてセリョウジャなどの生徒たちが彼等の演奏を聴いたり、また演奏を披露したりしてセリョウジャも大きく開眼していくのでしたが、ルビーンシュタインが訪れて聴いたベンちゃんのピアソナ24番(嬰へ長調)は強烈な印象だったとセリョージャは後で述懐しています。
        そのペーチャが訪れた時は、セリョージャはペーチャの
        「四季」の♪トロイカを披露をして大変ペーチャを驚かせ喜ばせたそうですが、、その後音楽院での進級テストの特別審査員になったチャイコフスキーが、、セリョージャの成績を、、何と、”5+”に更に+++を加えて最高の評価をしたことなど、、ラフマニノフの才能の天才振りが、チャイコフスキーによって遺憾なく評価されていると言えるでしょう、、長くなりましたのでこの辺で、、また続きます。。
        | エピ | 2009/04/26 7:02 PM |
        こんにちは、エピさん

        今日は、やっぱりちょっと寒いけど雪にならず、ホッとしています。
        ディ−トリッヒの歌詞ありがとうございます
        彼女は米軍の慰問なども行い、ドイツ国内ではもの凄い批判をあびていたとか・・

        ものすごく忙しい週末だったので、今週はのんびりいこうと思っておます^^
        | 永遠のフィギュアファン | 2009/04/27 8:08 AM |
        日がな一日獅子奮闘のお母様方、お疲れさんどす^^。
        当方はお久の妻と娘のご帰還でエピユースホステルは賓客の出迎えに神経の使い方は尋常一様なものではありません。布団干し、部屋の片付け、庭の清掃、あっという間にもう日が暮れました。狭いささやかな山小屋でも召使の婆やと若い可愛いハイジのような娘がいたらどんなに助かるだろうかと感じたall day longでした。ウッシッシ、ぎゃはあ!

        >と言う訳で奥さん孝行を執拗に迫られる1週間ですので言いたいことを今のうちに申して置きたいと思いまする。例のラフとチャイコのことですが、世界のピアニスト王国はやはりロシアですが、、そのピアニストや音楽家輩出の背景は、広大無辺なるロシアの大地、、その自然と厳しい社会権力的図式の大地主制度とツアーリズムとの特に近現代とロシア革命(1917)を前後しての激動のロシアを考えずにロシア文学・音楽は語れませんね。。
        >忘れ得ぬ世界の名ピアニスト輩出国のロシアではその革命の為に祖国を捨ててアメリカに亡命したラフマニノフを筆頭にホロビッツ、リヒテル、ギレリスと来て、指揮者としても活躍しているアシュケナージ、プレトニョフ、ガヴリーロフの3人が続く、、この3人はチャイコ
        ・コンクールの優勝者であり、次いで飛ばして若手ではエフゲニー・キーシンが続く。。
        で問題のトップのラフマニノフは青年の頃、チャイコフスキーに見出されて陰に陽にチャイコフスキーが目を掛けてくれたロシアの有望なピアニスト〜音楽家であり、ラフのこの大先輩に対する憧憬とそれによる謂わばチャイコフスキー音楽の継承者としての、その音楽的態様でもラフマニノフのその努力は並々ならぬものがありました。

        >ラフ19才の卒業試験は、プーシキンの詩「ジプシー」によるオペラ「アレコ」を完成させ、この卒業試験はラフの金メダル獲得で幕を閉じ、翌年この上演はボリショイ劇場で大成功を収め、来席していたチャイコフスキーが椅子から立ち上がって絶賛してくれたその時の感激を生涯忘れないと彼は記録に留めています。
        しかし彼の20才の秋、チャイコフスキーの突然の死は若きラフマニノフに筆舌に尽し難い衝撃を与えました。チャイコフスキーは彼にとって偶像であり、神であり、父であり、偉大な師でありました。それまで彼はチャイコフスキーのなかに心の支えを求め何に付いても助言を求めて来ましたし、チャイコフスキーも何時も快くそれに答え、彼を溺愛していたようです。。

        >悲しみの三重奏曲♪「偉大な芸術家の思い出」を書いて彼は愛する大先輩を泪で追悼したのです。。
        | エピ | 2009/04/28 7:40 PM |
        エピさん、お疲れの1日でしたね

        今日は奥様とお嬢さんの帰られる日でご家族での団らんの夕べになり嬉しい夜ですね。
        札幌は昨日とうって変わり素晴らしいお天気ですよ。
        昨日のエピさんと同じく布団やらシ−ツやらと格闘です^^

        所用で午後出歩き、友人と調子にのって2時間以上訳もなく郊外を歩きまわって、今日は身体が悲鳴をあげています。

        札幌ド−ムまで歩けそうな元気はどこえやらで、昨夜は8時すぎに寝てしまいました。

        今日はのんびりしてエピさんのチャイコフスキ-とラフのお話を読んでいます。
        とっても勉強になるし楽しいです。
        いつも素敵なお話ありがとうございます。
        もう何回も読んでいます^^
        | 永遠のフィギュアファン | 2009/04/29 11:17 AM |
        英苑さん、今日は!何という驚くべき貴女のパワーとそのスタミナ。。恐らく貴女のご先祖様やご祖父母、特にご父母に与えられ慈しみ育てられた慈愛の賜がこの活力の源だとは判っていますが、それにしても、その底力は、思うに、私が家内と見合いで出会った時、家内は20才、結ばれたのが21才でしたから、、貴女も家内と同じ年頃で奇蹟の巡り逢いでのご主人と終生の契りを結ばれて・・・♪G線上のアリアの心意気で♪トッカータとフーガ・二短調の奏でる神の創ったこの混沌たる浮世で、共に生き共に苦楽を分かち合いながらの苦節の20年。可愛いお子達に恵まれて。。。
        >あの時、貴女の真央狂に、ベターハーフのご主人が☆スポニチをそっと買って来て、、”ほら!真央のことが出ているよ^^;”とご機嫌取りのあの優しい思いが、、爺さんの脳裏から離れません!!色々あるのが、人生〜夫婦〜親子ですが、、その日々、刻々を大事にして下さいよ。。その「時」は決して戻って来ませんから、、、
        「今」を大切にして下さいね!!

        >昨夜、無念にも娘の仕事が多忙を極め、帰省が2日遅れるとのお婆様の声、、ムム、、楽しみは待てば待つほど喜びは濃厚となりまする、、な〜んちゃって^^w/

        ま、素敵過ぎる、春鳥さんの思いをお互いに心して拝聴し肝に銘じましょうね。。有難や!真央姫&春鳥ママさんの思い切なり。。。
        | エピ | 2009/04/29 12:11 PM |
        喜びの再会には、いまひと時またなくてはいけませんね。ハ−ドなお仕事ですが、奥様とご自宅に戻られれば、きっとゆっくり、リラックスして日頃の疲れが癒されると思いますよ。

        私も張り切りすぎないようにしてます。
        お天気がいいと(昨日はあまり暖かくもないのに調子にのりすぎました)走りすぎるので、今日は家事をしながらパソコンやら音楽を聴き、のんびりしています。

        春鳥さんにもエピさん同様素敵な詩や文章、お気遣いして頂いてあり難いです^^
        | 永遠のフィギュアファン | 2009/04/29 2:59 PM |

        独り者寂しさに堪え梅雨晴間  枝氷

         懐かしきラフのパッションホロヴィッツ  〃

         ダール博士の愛ありてのラフの音  〃

         タラママの大和撫子への愛深き  〃

         ラフの鐘真央の神技と合体す  〃
        | epi | 2010/06/17 6:57 PM |
        エピさん、こんばんは

        やっとエピさんのスレを訪れる事ができました
        きれいに整理されていますね

        ザッとしか目を通せませんでしたが、皆さん
        楽しそうでした(*^_^*)
        | 永遠のフィギュアファン | 2010/06/17 9:16 PM |

         目には青葉山郭公(ほととぎす)初松魚(かつお) 素堂

         村人に微笑仏ありほととぎす  秋元不死男

         谺(こだま)して山ほととぎすほしいまま 杉田久女

         蝦夷の地は祭りの中か不如帰  枝氷

        >何かしら、私も歳かなぁ??!声なきチーズさんを思ったり、皆さんのご家族のことを思ったり、あの頃の元気なコメント合戦を思っていたら、、老いるということは、こういうことだったかと、、朝は血圧の薬が欠かせなくなってきました。そちらは吾が娘、しっかり気丈夫に、元気を出して頑張って下さいよ。。あちらもお若い方達に気と優しさを戴いて何とか持ち堪えていますが、恥ずかしき限りで、無い脳細胞がきりきり舞いしています、、お判りでしょうT___T;w
        | epi | 2010/06/18 8:26 AM |
        >今晩は、折角の弱気の老人に精気と活力を?と思ってのあのメイ嬢のプラステックヴァイオリンとヌード演奏には、始めて見たその演奏に、私は愕然としました。国内でもそれに類する女性ヴァイオリニスト達の優雅で美しい演奏は時折見ていますが、、大分、抵抗がありましたので、検索してみて、その生い立ちなどで合点が行きました。。
        私は、やはり真央がタラママと選んで、世界の人間の苦悩と解放への歴史の中で、生れた音楽家の若き19歳の魂の発露たるプレリュード♪ベルズの方が、その師タラママと弟子真央姫のソウルが感じられて、世界で始めて女子フィギュア芸術の高みを極めた、あのイエテボリ世界選でのショパンと共に19歳同士のロシアと日本の青年男女がその過酷な人間の時代の桎梏の中で精神と肉体が固く結ばれた「藝術」の高貴な姿を人類が見たこのトリノ大ドキュメントとして、お互いに肝に強く銘じて忘れてはならないことだと、、ロシア民族のその「歴史と風土と民族の心」と日本民族のそれとを、こんな形で二人の国境を越えての若者達の心と肉体の戦いの中で教えられ学んだことを、お互いに忘れてはならないものだと思いました。。
        >ロシアと日本の民族のその深い深い難渋と屈辱の歴史とその先祖達の思いを自分のものとするために。。。
        真央よ、ラフマニノフよ、タラママよ、ありがとう!!

        >>スーパー・ヴィルトゥオ―ゾと称されるロシアの巨匠ホロヴィッツの弾く永遠さんが選んでくれたこの♪プレリュードマーチは本当に元気が出て、中間部は、涙が溢れ出て来て堪りませんでしたよ、、、、、、、、、、
        | epi | 2010/06/18 7:58 PM |
        エピさん、お部屋を変えてみました

        今度はコメント欄が大きいのですが、白すぎるかしら・・・???

        なんか涼しいのにしてみたくてグリ−ン系にしたのですが紫陽花に変更しました
        | 永遠のフィギュアファン | 2010/06/19 9:32 PM |









        この記事のトラックバックURL
        http://hensoukyoku.jugem.jp/trackback/289
        トラックバック