PR
Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Recommend
浅田真央 POWER&BEAUTY
浅田真央 POWER&BEAUTY (JUGEMレビュー »)
ウイダー 浅田真央 栄養&トレーニングサポート・プロジェクトチーム
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
アメイジング・グレイス~ベスト・オブ・ヘイリー
アメイジング・グレイス~ベスト・オブ・ヘイリー (JUGEMレビュー »)
ジェイムス・ブレット,ニック・イングマン,サー・ジョージ・マーティン,イアン・ディーン,ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団,ロンドン・セッション・オーケストラ,ロンドン・メトロポリタン・オーケストラ,バロック弦楽四重奏団,アンサンブル・オブ・ボローニャ
Recommend
Recommend
変奏曲 vol.2 (2)
変奏曲 vol.2 (2) (JUGEMレビュー »)
竹宮 惠子; 増山 法恵
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    慈愛だっ!慈愛だっ!慈愛だーっ!!速報版&独占告知
    0
      posted by: 永遠のフィギュアファン | 浅田 真央 | 20:22 | comments(14) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 20:22 | - | - | - | - |
        THE ICEの放送、東京の方は8月7日のBS日テレまで待たなければいけませんが、中京はいよいよ明日放送ですね。
        夜には動画サイトで見られるかな〜とワクワクしています♪

        ”ジュピター”の音源は諸説入り乱れていますが、ニュースで見るかぎり平原綾香さんではなさそう。
        私あの人のねっとりした歌い方が苦手なのでホッとしたりしています^^;
        振付は今迄のローリーと雰囲気が違うと言うか…
        ちょっと見ただけですが、なんかFPにしてもいいな〜と思いました。

        タラソワさんEXはクラシックな衣装で、悪く言えば古臭いデザインなので又センスがなんたら言う人がいそうですね。
        でも昔の女優さんのお洋服のようで、私は可愛いと思いました。
        真央ちゃんが着るとお人形みたい(^^)
        昨シーズン、バラ1の黒衣装初お披露目の時も私はバレエ学校の生徒さんみたいで素敵って思ったんですが、メイド服とバカにする人もいたんですよね(>_<)

        ”アラジン”もちゃんと放送して欲しいな〜
        前回のストレートのポニーティルも素敵でしたが、今回のヘアスタイルはジャスミン度がアップしていますね♪
        おっさいさんのところに写真がたくさん載っていました。

        暑い夏でも私は元気ですよ。
        なんと言っても暑いとビールが美味しい!
        週末にはビールでエネルギーを補給して又1週間乗り切るのです(^^)v

        | じゅれ | 2011/07/30 1:55 PM |
        こんにちは(*^_^*)

        THE ICEは8月7日なんですね
        札幌でもあるかな〜〜〜

        ニュ−スではジャスミンの髪型が昨年とは違ってたので、早く見たいのですが・楽しみ

        やっぱり、しばらくはロ−リ−でいくのですかね〜〜?
        悪くないとは思うのですが、タラソワさんの方が好み

        ただ、タラソワさんのプロはギッシリ詰まってて難しいので、観てる側には難しいんだけど観る側に緊張感と共に安らぎ感も持てるロ−リ−のプロもあって良いのかも

        個人的にはズエワさんの振り付けも見てみたいです

        真央ちゃんのお衣装賛否いろいろと相変わらずなんですね
        世戦は物凄く痩せてて痛々しく感じる所もありましたが、

        今はすごく健康的な若いお嬢さんで、我が家の娘と同じエネルギ−を感じ何だかホッとしています


        新しいシ−ズンの衣装等も楽しみですが、また騒ぐのでしょうね・笑
        私も騒いでいますが、タラソワさんの衣装そこまでいわなくても・・・と感じますよ
        好みの問題でもあるかもしれませんが、現代風にのって洗練された衣装を好む人もいれば、クラシックを好む人もいます

        フィギュアスケ−ト自体クラシックが音楽でも、いざとなれば持てはやされるので、衣装のクラシックっぽいのって、どの時代でもアリと私は思うのですが・・

        やっぱり好みですよね

        どんなプロでも真央ちゃん自身が持つ清潔感みたいなものが出ていて、尚且つ音楽自体も表現できるので、素晴らしい選手になってきてると思います


        あと数日は25度くらいで涼しい札幌ですが、その後はまた少しだけ暑くなりそうです

        ビ−ル

        飲んでる人を見るのは好き(*^_^*)

        皆さん気持ち良くグイっとやってますので(*^_^*)

        | 永遠のフィギュアファン | 2011/07/31 9:49 AM |

         ビールなど飲まぬこの頃老いたれば   枝氷

         思う哉何故に注進樹麗殿^^   〃

         HN替えて嬌声娘栄媛^^  〃

         ”エピさん、G&Gさんて・・・ほら!〜”の思い・・・ 〃

         鬱鬱と孤独と怒りの爺なれば・・・

         鬱鬱は原発の怒り人間に!!  〃

         改めて地上の狂ったサル供万歳や  〃

         然しこんな女性達が沢山いる・・・・・・・・ 馬王

         何ゆえに何ゆえに歴史の狂気・・・

         人間の業の愚かさ邪心かな  枝氷

         信濃路は涼しき夏の八月や  〃

         北国は既に秋かなビール秋?  〃

         俳諧は何故に八月「秋」と言う??  〃

         笹竹の雀秋しる動きかな  杉風

         秋淋しおのがつたなき心より  去来

         誰彼もあらず一天自尊の秋  飯田蛇笏

         彼の女今日も来て泣く堂の秋  河野静雲

         秋の航一大紺円盤の中   中村草田男

         天地ふとさかしまにあり秋を病む  三橋鷹女

         踊り子といえば朱の櫛あまぎ秋  五所兵之助

         この秋やひとり暮らしの塩の壺  殿村菟絲子

         白秋と思ひぬ思い余りては  後藤比奈夫

         初秋やまだ美しい水の色  千代女

         つらつらとつらみて思ふ人の秋  枝氷

                              
        | エピ | 2011/08/01 10:46 AM |
        エピさん、おはようございます(*^_^*)

        今日も札幌並ですが暑いです

        私はビ−ルはのめませんが、お酒よりもあれ以来”生姜”を少しずつ取れるよう努めています

        この年で嫌いな物を食べるのも少し大変ですが一つずつ・・

        段々と今までなかった夏バテがきてるので、そろそろお尻に火が付いた心境なのか?少し頑張ってみています
        | 永遠のフィギュアファン | 2011/08/03 8:07 AM |

         城下町曇りてかこむ生姜酒  大中祥生

         山住の意地をつらぬく生姜酒  広清月

         生姜湯に顔しかめけり風邪の神  高浜虚子

         生姜湯や生きて五十の咽喉仏  石塚友二

         妻の珍味生姜の佃煮鰹節  馬翁

         本生姜スライスしては天日干し  〃

         ホットドリンクス生姜汁二、三滴^^  〃

         平然と生姜食さん天啓か  〃

         四十路姉八十路に至る糧生姜  〃

         忍耐は蝉の土中にありにけり  〃

         如何に知る開放の時七年〜十七年?! 〃

         アメリカの十七年蝉の驚異かな?!! 〃

         負けまいぞ四十路の英艶蝉の忍苦に!! 〃

         「推敲」や芭蕉に学ぶ「蝉の句」の  〃

          〇鎧や石にしみつく蝉の声  芭蕉

         ◆,気咾靴気隆笋砲靴澆海狎罎寮次  

          さびしさや岩にしみこむ蝉の声  〃

         ぁヾ(しず)かさや岩にしみ入る蝉の声  芭蕉

         この山をわがものとせし蝉しぐれ  枝氷

         八月を蝉に委ねし信濃かな  〃

         片羽折れ吾が胸登る蝉の貌  〃

         空蝉の両眼濡れて在りしかな  河原枇杷男

         爪立てて変身したる蝉の殻  枝氷

         空蝉の現れたる蝉の歓喜かな  〃

         学び征く蝉の一生この時よ!!!  〃

         結婚をしたいしたいと蝉がなく  孫小1^^ 

         唖蝉も鳴く蝉ほどはゐるならむ  山口誓邨

         雌蝉は声も立てずの蝉の恋  枝氷

         蝉の愛思へば孫の名句かな*^^*  エピ爺^^

         
        >>「孔子家語・・・「良薬は口に苦けれども病に利す」<<

         健全なる身体は苦き良薬から 枝氷(名句かな名句かな)


         ↑歳という「女性の美学」は峰不二子? 〃

         札幌の「男性の美学」ルパン殿  〃

         か弱き奥方何卒宜しゅうに!!@^^@  信濃の父

                                 
        | エピ | 2011/08/03 12:36 PM |
        貧乏しても、振られても、笑って暮らせばエジャナイカ。!

        『風流 江戸の小ばなし』 山住昭文

        >>江戸の巷を右往左往する人間の、滑稽ながらも愛おしき
        姿を軽妙洒脱(しゃだつ)に描き出す、”江戸の小ばなし”の世界。泰平の江戸とは言え、この庶民の生きる時代は一体
        如何なる時代の如何なる「人間社会」であったろうか?!と
        あれこれ考え見るのもあの忘れられない、してやられた「鬼畜米英」と歌われた戦争がどのように始められ、「本土決戦」を前に狂気の「2発の原子爆弾」で完全なる負け戦になった「日本とアメリカの関係と問題」はその後・・・66年・・・今、凄惨なる「日本列島民族国家」のこの現実と国民がこの問題を如何に考え行動するかの、戦後、自分達の問題を真に考え行動することが出来なかった正義も善も、未来もなき似非民主主義の心も魂も世界を支配席捲する「グランチ」に奪われた世界人類と共に、一蓮托生の世界や列島の人間達の危機存亡の時が迫っている。。

        >>『盆栽人間 日本の精神構造』 デビッド・クン

        ・・・ユニークな日本人論・・・たくましい優等生。だが型にはまった日本人。その社会的内面構造を分析――。世界はより多くの”人間的日本人”を必要としている。・・・と帯封に!!

        >>何と31年前の1980年の出版本です。。

        ・・・前書き・・・・・
         わが友に捧げる

         正直な子供の目を輝かせる凧作りの名人

         おいしい腹ごしらえさせてくれるソバ屋の主(あるじ)

         あたりをパッと明かるく幸いにしてくれる花売りのおねえ さん

         大地の新鮮な匂いを運んでくれる野菜売りのおばさん

         元気に跳び跳ね、ニッコリ笑う無心の子供達

         信念のために闘う勇気ある少数の人々へ

         since 1953 David S. Kung

        機)澪録祐屐 ´供^豌総器用  掘.瀬瓩砲靴臣

         検仝威主義  后》擦咾諒顕宗 

        ・・・掘.瀬瓩砲靴臣・・・チャンピオン家康・生い立ち・心理    構造

        ・・・家康をののしる会・・・・・

         「織田が搗き、羽柴が捏ねし天下餅、座りしままに食うは
          徳川」 狂歌

         ”家康はたしかに日本に三百年の泰平をもたらした。だが
        、大衆にとって、その泰平は百害あって利はあまりなかったと言える。 現代マスコミ風に表現してみれば、家康こそ
        「近代日本をダメにしたチャンピオン」といえよう。(続く)
        | エピ | 2011/08/04 12:17 PM |

        (日本を)ダメにした男・・・徳川家康・・・デビット・クンの解説

        ・・・・・エピ爺思うに、”三つ児の魂百までも!”の例えが、家康の生れや幼少時代や少年・青年期を見ればよく判りましょう。。

        ・・・「家康の生涯を支配した原動力は何かと言えば、恐らくそれはこの時期の辛苦きわまる逆境の中で強いられた強烈な自己生存欲と、いかなる危機に遭っても不屈に生きのびる万全の自己防衛本能である。「転んでもただでは起きない」の諺のごとく、家康はいかなる悪条件でも、うまく逆用して生かす方法を幼児期から体得していた。また、最も感受性の強いこの時期に受けた迫害、屈辱、危機は彼の心の深層に生涯消えない深い傷痕を残し、恐るべき執拗さと復讐心を植え付けた。
         隣国尾張に8才の織田信長、6才の日吉丸がいた1542年、家康は戦国時代のならわしで早婚の両親、父松平広忠(
        16才)、母於大(14才)の間に生まれた。
         家康は生母と2歳で離別!大叔母と姉により育てられる。
        大叔母の夫は家臣に暗殺され生涯を怨念の思いの念仏を唱える大叔母に育てられたこと、、、
         
        5才の時、今川の人質として駿河へ行く途中義母の父の策略により銭百貫文で織田信秀(信長の父)に売られた。父宏忠は息子の災難を松平の家を守るために黙殺する。その2年後、23才の父宏忠は家臣に暗殺され、この時7才であった家康は、織田と今川の政略取引の具にされ、結局、今川の「人質」にされた。以後12年間家康は明日の身も知れぬ人質生活を送る。
         しかも、15才で今川の命を受け10才も年上の築山御前と”強制”結婚をする。〜人生で最も多感の思春期にこのような家康に対する敵の仕打ちに対する家康の徹底した人間不信感、そこはかとない屈辱心、劣等感は如何ばかりであったのだろか?!
         自分の命を握っている権力者の姪でしかも年上の女性の夫にならなければならなかったとは。。

         不幸中の幸いなことに、御存知、家康には素朴で忍耐強い家臣団がいたことである。〜〜〜家康が天下を取れたのも
        この「運命共同体の革命の精兵達」がいたことである。

         長い人質生活を終え、18才で岡崎城に帰城した時の家康は、いわばモンテ・クリストの『岩窟王』だった。

         虐待、屈辱、裏切り、挫折の連続の中で、「いつの日か」という将来の光明によって支えられた家康の心理構造は複雑極まりなく、このサバイバルのための主従での誓約結束の思いがその後の300年の日本の生き方を決めたと言えよう!
        !!(続く)
        | エピ | 2011/08/04 3:29 PM |
        >>「2005年真央15才優勝」スレの(892)でエピが
        目下の独身生活での何百本のビデオ映像を反芻しては破棄している実状を述べていますが、その中で「水戸黄門」に狂った名シーンを回顧しているアホ爺さんの笑える記述が見られますが、、その助さんのセリフの中にふと、この家康が十数年の人質生活の中で身についた思い、感情、心理的情感は、
        杉良太郎の言う、人間の「思い違い、早合点、誤解、猜疑心、疑心暗鬼、、、何ていう単純なものではなく、家康の
        身になって思い考えれば、その心や心理的状況は、複雑怪奇
        通り一遍のものではなかろう!!

        デビット・クンの家康の、気の毒ながら幼少、少年、青年期の人間形成期に於いて如何に波瀾万丈の戦国の世であると言えども、その心理構造がもたらす性格を長短織り交ぜて挙げているその解説は・・・・・・・・

        ・・・・・「陰険 機会主義 狡猾 冷酷 策謀 徹底した自己防

        衛欲・生存欲 劣等感 執念深さ 復讐心 強烈な猜疑心・

        警戒心 強者に対する律儀・権威主義 堅実 質素 倹約

        努力 克己心 人情を鋭く見抜く洞察力 綿密な計画性

        客観的情勢判断力 忍耐」・・・・・

        ・・・・・・・・・・・・・・・・この続きは御要望があれば折りを見て^^
        | エピ | 2011/08/04 4:05 PM |

         世にも暑さにも寡黙をもって抗しけり  安住敦

         恋しさも暑さもつのれば口開けて  中村草田男

         暑き日や子に踏ませたる足のうら  一茶

         暑き日の仔犬の舌の薄きこと  中村草田男

         暑き日のゲートル解けてまた結ぶ  山口誓子

         あの時はゲートル少年敗戦日   枝氷

         かへりみて暑かりし日はかがやけリ  山口波津女

         涼しさや鐘をはなるる鐘の声  蕪村

         涼しさや都を竪(たて)に流れ川  〃

         涼しさや松這い上がる雨の蟹  正岡子規

         涼しさや蚊帳の中より和歌の浦  夏目漱石

         口紅のいささか濃きも涼しけれ  久保田万太郎

         仁丹の銀こぼれつぐ涼しさよ  山口青邨

         貸馬の眸の涼しさの悲しさよ  富安風生

         涼しさに心の中の言われけり  細見綾子

         飛騨涼し北指して川流れをり  大野林火

         涼しさの黄門の高笑ひ哉  枝氷

         五ヶ月を過ぎたる列島暑さかな  〃

         一週間過ぎて声なし元気かな  馬翁
                           
        | エピ | 2011/08/12 9:15 AM |
        エピさん、じゅれさん、随分御無沙汰してしまいました

        いろんな事が起きた1年でした
        夏場に主人が倒れいろいろとありまして、12月には引っ越しをしました
        引っ越しといっても同じ札幌中央区なんですけど・・

        やっと回復した主人ですが、退職した為それからが大変で・・今少し落ち着いたところです

        真央ちゃんのお母様が亡くなられた頃は引っ越し最中でした
        涙がとまらなくて・・グランプリファイナル欠場も随分とネットでは叩かれてたとか・・

        日本人って今こうなのか?・・・と更に落ち込みました・・

        今は来年に向けエネルギ−を補充しなくては・・と思ってる状態です

        ゆあママさん・・・ブログが夏場ずっと更新されなくて、ご家族になにかあったのでは・・と心配になってはいましたが・・まさか・・の思いです

        自分のところで精一杯で・・


        なんとか乗り越えてほしいです・・言葉がないです・・

        ご心配ばかりおかけしました

        益々スロ−ぺ−スになりそうですが、また再開に向けていきたいです(__)

        全日本の真央ちゃんは、なんとかみられました
        真央ちゃんにとって、スケ−トを滑る事がお母さんと一緒にいられることなんだ・と感じ、またまた涙でした


        | 永遠のフィギュアファン | 2011/12/31 4:00 PM |

         涙かな唯嬉しくて涙かな   エピ爺さん

         すっかり貴女がと思っていましたが・・・

         あの頃愛する家族の大黒柱が!!!

         でも良かった!!!!!!!!

         御主人元気になられて。。。良かった、良かった!!!

         ご免なさい!!私もこの歳で満身創痍の体で、八十路・・・

         二年目、、生かされてそろり楽しむ老後かな  なんて

         やっていたら、、わが同族も、、ブログも心配事が一杯!!

         ブログは何時も貴女のことと、、ゆあママのこと。。

         泣きの涙で、やっているところを、樹麗さんに助けられて。。

         ああっ、泣き言を言っている場合ではない。。。。。

         本当に久しぶりに胸を撫で下ろす☆安堵☆の感涙が滲み出て

         おりまする。。。本当に御家族が五人元気で良かった!!!


         ☆嬉しくて神仏に感謝冬銀河☆☆☆☆☆  エピ爺さん^^

         
         
         夢に舞ふ能美しや冬籠   松本たかし

         老いながら椿となって踊りけり   三橋鷹女

         一月の川一月の谷の中   飯田龍太

         音楽を降らしめよ夥しき蝶に   藤田湘子

         噛み切れぬものあまたあり去年今年   枝氷

         母恋ひて十万仏つくりおわんぬ   〃 (円空を偲びて)

         初春の飛騨の仏の微笑かな   〃

         父守れ母守れトリップルアクセルの子等よ  エピ爺さん^^

                                     

         
        | エピ | 2012/01/03 8:48 PM |
        明けましておめでとうございます

        なかなかパソコンにもむかえず、お返事おそくなりました(__)
        年末に家の中もやっと落ち着きました

        最近はいろんな事が続いてばかりですが、なんとかやっていってますよ^^ご心配おかけしました

        久しぶりのエピさんのコメント
        エピ節に、エネルギ−が沸いて来ます

        今年は真央ちゃんのスケ−トを少しでも落ち着いた環境で応援できたらいいな〜〜と思っています


        いつまでも、真央ちゃんとともに
        | 永遠のフィギュアファン | 2012/01/07 10:55 PM |

         「浅田真央 2005優勝インタビュー マイスレ」が後数コメズで≪3000≫コメズになり申す@^^@!!管理人さんの頭痛の種^^;/ なんちゃって、、、ヘボ爺さん、、>エピ節なんて煽てても、、天下国家どころか世界70億人の人類の心配やら真央姫の心配やらで体が幾つ有っても足りしまへん!!目下のところ、この「北国」は英艶さんが何とかやって下さると約束しているから、一つは、棚上げにしておいて、日本海の7歳と3歳のママが心配でなりませんし、昨年末やっと爺さんの御飯炊きに帰って来てくれた婆さん(73才)が年明けの娘(51才)が逆流性食道炎で江戸にスイッチバック・・・会社(1万数千)の要人?^^;なのでやはり母の助っ人が必要とか、、爺さん、また1ヶ月は独りでのオサンドン生活に戻ります。トホホホホ;^^;/

        ああっ、人生は「諸行無常」どころか「日々無情」であり、、
        まだこうやって大好きな北国の娘の所にウレカナシイコメントを
        送ることが出来るから、これも幸せのうちで、これ位で良しとしなくてはいけないかのう??!

        >>ここ数日、此処に来ては、ブライトマンでは物足りず、バッハを漁ったら、若き頃の英艶さんのお気に入りのグールドのバッハやモーツアルトが有ったので日に数回、若い頃のと、亡くなる前年1981の「ゴールドベルグ変奏曲」を聴いていたら、最近心配事だらけで、クラシックも聞く気が起こらなかったのが、このグールドの「エピ節」何てもんじゃない、、グールドの「唸り節」が、何か天なる「神の声」「神の歌声」に聞こえてきて、、
        堪らなくバッハが心にズンズンと響いてきて、、このグールドスレをアップしてくれたのに、、あの頃の爺さんは、心此処にあらずで本当に英艶さんの思い・・・グールドやバッハに寄せる心を思い知ることが出来ず情けない爺さんでした!!!

        >>これから毎日このグールドを聴きにきて古今東西のバッハ弾きでグールドの右に出るピアニストはいないと言う私の思いを確認したいと思います。。お父さんの作ってくれた宝物の低い椅子に坐って一音一音確かめながら弾くグールドの50才の早逝は惜しんでも惜しんでも余りありますよね。。ここの端的な英艶さんのコメントが好きで読み返しては中の映像に入っていきます。。

        >>知っていますか?!グールドの誕生日は1932.9.25で私より2年遅れで、月日は真央姫と全く同じなんですよね!!
        ・・・・・長くなりました・・・・・続きはまたこの次に、、
        生姜が食べられるようになりましたか??!生きるためには大切な食べ物は頑張って感謝して頂戴することですよ!!!!!
        | エピ | 2012/01/08 7:59 PM |

         >>☆「浅田真央 2005優勝インタビュー マイスレ」☆が後数日で≪3500≫コメズになり申す@^^@!!〜
        に訂正申す候段慎んで我等が男の中の男・・・優しく暖かく滅法
        爺や英艶さんたちと共に真央姫に弱き男の管理人さんが3500コメズを超えた処でどうなさるか??!胸ドキドキもので御座りまする。。頓首再拝。。北国のわが娘に告ぐ*^^*/

        >>お蔭様で江戸の長女は良き病院の二番手内科医の薬が効いて
        仕事は何とかやっているいるようです。。ハイナ。。電話で(私は携帯は持てと言われていますが、持てば、神経が草臥れて自滅するので、これだけは婆さんの言う事は聴きません!!!)・・・
         重い受話器で、”もしもし亀よ亀さんよ!”とやるのが、一番ですな。。あんな企業に、薄っぺらな「携帯」でべらぼうに稼がす「悲しき玩具」で老いも若きも、その人恋ひの触れ合いの様は、
        天下の名句・・・・・

         携帯は宇宙の孤独を知る玩具(おもちゃ)  枝氷

        >>まるで石川啄木の心・・・多くの歌に詠まれている思いと同じでしょう!!この恥ずかしながらの名句の深い思いが判れば、「現代文明の明暗」が説明出来る人でしょう。。。

         北国の真央や大学生はこの句の深い意味の解釈が出来るでしょうかな?!
        >つまり「宇宙の孤独」「宇宙の子・人間の孤独」とは何ぞや?
        ということを、人生や生活、学問の中で、しっかり考えることが
        大切だと、爺さんは最近、真剣に考えているのです。。

        ・・・今、私の二歳下の弟グレン・グールドの弾く「変奏曲」・・・「この部屋の誠にセンスの良き秀逸なるブログ名」と同じ・・・バッハの☆♪「ゴールドベルク変奏曲」をリフレインしています。。この人生に膿み疲れた心と肉体を癒し慰めてくれる天国の神の歌ってくれる☆「子守歌」☆なんですぞ!!!!!

        ・・・つい調子に乗って脱線してしまいますが、バッハとグールドの密接な関係は英艶さんにまた調子の良い時「調子の良い鍛冶屋」のように♪トンテンカン♪とやって教えて下さいな!!^^

        ・・・・・「ソウルジャンクション」とは何ぞや?!!も^^;

                                   

                                 
        | エピ | 2012/01/10 10:53 AM |









        この記事のトラックバックURL
        http://hensoukyoku.jugem.jp/trackback/1350
        トラックバック