PR
Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Recommend
浅田真央 POWER&BEAUTY
浅田真央 POWER&BEAUTY (JUGEMレビュー »)
ウイダー 浅田真央 栄養&トレーニングサポート・プロジェクトチーム
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
アメイジング・グレイス~ベスト・オブ・ヘイリー
アメイジング・グレイス~ベスト・オブ・ヘイリー (JUGEMレビュー »)
ジェイムス・ブレット,ニック・イングマン,サー・ジョージ・マーティン,イアン・ディーン,ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団,ロンドン・セッション・オーケストラ,ロンドン・メトロポリタン・オーケストラ,バロック弦楽四重奏団,アンサンブル・オブ・ボローニャ
Recommend
Recommend
変奏曲 vol.2 (2)
変奏曲 vol.2 (2) (JUGEMレビュー »)
竹宮 惠子; 増山 法恵
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    フランシス・レイ「白い恋人たち」羽田健太郎2.
    0



      季節はずれの映像ですが

      素敵な映像と音楽だったので

      お借りしてきました

      軽いタッチが耳に心地よい


      posted by: 永遠のフィギュアファン | 音楽 | 08:58 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 08:58 | - | - | - | - |
        >これは大変な映像が展開する、真央流に言う「凄い映画」が、わんさかと回想されるシーン〜シーン〜ピアノ〜楽団演奏!!!

        >この1968「白い恋人たち」はフランス・グルノーブル冬季オリンピックをクロード・ルルーシュが、スキーの三冠王ジャン・クロード・キリーとフィギュアのペギー・フレミングをクローズアップして世界のアスリート達を総スクープしての見事なオリンピックの映像化に大成功をした巨大スポーツ映画です。。この中にはルルーシュのユーモアと詩情が溢れ、犬と遊ぶ子供達や試合から解放された選手の姿や地元のグルノーブルの住民達のフランス人特有の素顔でこの13日間の雪と氷の世界の祭典を描き揚げた詩人監督の力作でしたよねぇ^^v

        >わたしは20代でイタリア・コルチナ・ダンペッオのスキーの三冠王のトニー・ザイラーに狂ったヘッポコスキーヤーでしたので、その後に作られた名作「白銀は招くよ!」は恐らく100回以上は見返しているでしょうし、トニーのように素敵な山で逢ったばかりの恋人マルギュィット・ニュンケを最後に射止めて、後の11人の女友達の祝福を受けながら足を痛めて滑れないエファーを愛犬シェパード・ゼップも羨ましそうに見守る中を一本足のスキーで彼女を抱き上げて彼方の雪影に消えていく、そのシーンが小憎らしくて、私もそんな積りで、何時も和製ザイラー気分でスキーを滑っていたので、その後も見合いして1年がかりで口説き落とした家内を女流スキーヤーに仕立てようとスキー一式を宛がい猛特訓をした結婚前後の2年間は、懐かしい青春時代の想い出です。ウシ。ウマ。。スポーツに得ててないおボコ娘のスキー上達は、大変苦労しましたが、彼女は結構上達した?と友人を何人も連れて来て、楽しんだものです。。これ本当^^の私の始めての告白的ドキュメンタリー(半世紀前)でざます。。

        >脱線は、この位にして、この映像の中に出てくるカラベリが自分でソロピアノを弾く♪「白い恋人たち」や、映画「白銀は招くよ」、それから舞さんが踊った「シェルブールの雨傘」、やフランシス・レイの曲での「男と女」(1966)、「パリのめぐり逢い」(1967)、「個人教授」(1968)、「雨の訪問者」(1970)、「ある愛の詩」(1970)〜など「白い恋人たち」(1968)ですから、↑で演奏するカラベリ・グランド・オーケストラの曰く
        ”ときめきの夢のサウンド”に今夜は酔った海老さんどした。。ウッシッシじゃ^^  英艶さんに大感謝!!

        ♪雪の山は恋人 招くよ若い夢を
         ホ―!ヤッホ―! 〜〜歌声も招く

        ♪雪の山は恋人 走れ若い心よ
         ホ―!ヤッホ―! 〜〜歌声も走る

        ♪街の暮らしは何故か寂しい
         捨てる恋の思い出を
         古いあの歌 愛のせつなさ 
         そこで山へ来たのさ ヤ――!!
         なにかすばらしいことに ヤ――!! 
         今日は出会いそうだ

        ♪〜〜〜〜〜〜〜〜〜
        | エピ | 2010/05/07 8:38 PM |
        エピさんの楽しく愉快なお話にニコニコ顔の私^^

        笑顔の私が見えますか?エピさん^^
        昨日からかなり映画音楽を聴きまくっていますよ
        シェルブ−ルの雨傘・男と女・ある愛の詩などなど

        小さな恋のメロディ-も懐かしかった〜〜(*^_^*)
        | 永遠のフィギュアファン | 2010/05/07 9:10 PM |
        永遠さん、エピさま
        こんばんは。
        嬉しいですね〜。
        私も実は映画好きなんですよ〜。
        ここの皆様は感性が似ていられるのですね。

        良い映画は音楽も良いものですよね。
        羽田さんの軽快な指の動きが醸し出す美しいメロディが映画の世界に引き戻しますわね(*−−*)。

        最近アンテナにかかったのが、「のだめカンタービレ」でした。
        このマンガでクラシックに久々に熱中しました。映画の最終章観に行って来ましたが・・・・。
        おっと、まだ観ていない方が居られるといけないのでやめておきましょう。

        | ミューズ | 2010/05/07 11:13 PM |
        「のだめカンタービレ・最終楽章」は、今迄比較的千秋中心で進んできたお話が、のだめ中心になった為ややストーリーが弱いと噂ですね。
        パリに並んでプラハも大好きなので見たいと思っていたのですが、テレビ放送まで待ってもいいような気がしてきました・見るのは他人ではなく自分の目だと解ってはいるんですけどね〜(=_=)

        ミューズさんやチーズさんの近況を伺って私も母の事を思い出しています・母の日ですしね・・・
        私はひどい娘だったな〜と思います。
        母が昏睡状態になって、付き添う為病院の簡易ベッドで日々を送りながらも、仕事の事等が気掛かりでした。
        まだ勤めて数年しか経っていなかったので、先の見えない日の中で自分がどうなって行くのか不安でした。
        闘病生活は1年以上続いていましたが、それでも母がこの世からいなくなる実感がなかったんですよね・人間として未熟だったと言うか・・・
        そんなに昔の事ではないのに、あの頃自分が病院にいる以外どんな生活だったか全く記憶に残っていません。
        テレビを見る余裕もなかったので、その時開催されたソルトレイクOPも全く見ていないのに・・・
        女子フィギュアの結果で順位点と言う解り辛いジャッジの説明をテレビでしていたのをたまたま見て、コーチに肩を抱かれて泣いているスルツカヤ選手が印象的でした。
        人間の脳と言うか、記憶って変なもので(私だけ?)母の最期の頃と泣いているスルツカヤ選手は私の中でセットで思い出されるんです。。。
        | じゅれ | 2010/05/08 11:44 AM |
        じゅれ様

        こんばんは。
        そうなんです・・。のだめ・・・。
        ストーリーを曲げられないのと、締めくくりが在る分、止むを得なかったのでしょうか・・・。
        原作を描ききれなかった感が残りますね。
        でも、音楽があるので、映画館に行っても良いのではないかと思いますが・・。感じ方は十人十色ですから(^^)。是非、じゅれ様の感想も聞いてみたいです。

        じゅれ様はお仕事でお忙しく、また大事な時期に遭遇されて、そんな大変な時に病院でお付き添いをされたのですね。お若いのに、よくぞそこまで頑張られましたね。お母様は心からお喜びになられたでしょうね。
        「stand by me」
        実はこれが本当に人間嬉しいことなんですよ!
        私は夜一人で片付けをしていると時々むなしく感じることがあるのですが、そんな時手伝わずとも誰かが一緒に側に起きているだけで、家事が異常に早く終えたり、心が重くならないものなのです。
        これに最近気づいたのですよ。
        だから、ご病気と闘っていらっしゃったお母様は、例えじゅれ様が寝ていらしたとしても、側に居てくれるそのことだけでも安心感と励みになったと思いますよ。孝行娘さんですっ(^^)V。
        | ミューズ | 2010/05/09 12:33 AM |









        この記事のトラックバックURL
        http://hensoukyoku.jugem.jp/trackback/1088
        トラックバック