PR
Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Recommend
浅田真央 POWER&BEAUTY
浅田真央 POWER&BEAUTY (JUGEMレビュー »)
ウイダー 浅田真央 栄養&トレーニングサポート・プロジェクトチーム
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
アメイジング・グレイス~ベスト・オブ・ヘイリー
アメイジング・グレイス~ベスト・オブ・ヘイリー (JUGEMレビュー »)
ジェイムス・ブレット,ニック・イングマン,サー・ジョージ・マーティン,イアン・ディーン,ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団,ロンドン・セッション・オーケストラ,ロンドン・メトロポリタン・オーケストラ,バロック弦楽四重奏団,アンサンブル・オブ・ボローニャ
Recommend
Recommend
変奏曲 vol.2 (2)
変奏曲 vol.2 (2) (JUGEMレビュー »)
竹宮 惠子; 増山 法恵
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    モーツァルト バレエ音楽 「レ・プティ・リアン」 K 299b パントマイム
    0


      アスプルマイヤーの作曲で初演されていた

      このバレエ音楽を再演するにあたってモ−ツ

      アルトがノヴェ−ル(フランスの舞踏家)より

      作曲を依頼されている(1778年作曲)

      これは第10番パントマイムで牧歌的で

      モーツアルトらしいといえばらしいかも・・
      posted by: 永遠のフィギュアファン | モ−ツアルト | 23:50 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 23:50 | - | - | - | - |
        偶然ですね。私はこの組曲を二十年位前にコンサートで初めて聴きました。記憶が定かでないのですが、たぶん銀座ヤマハホールだったと思います。小さな室内管弦楽用のホールでした。メインメニューはフルート協奏曲とオーボエ協奏曲でしたが、一番初めにこの組曲から4〜5曲、演奏されました。実に心地良い音楽だなあと感じたことは忘れていません。

        真央選手の候補曲、モーツアルトなら。。
        ピアノ協奏曲20番ニ短調第3楽章。同じく27番第3楽章。協奏交響曲(フルート、オーボエ、バスーン、ホルンのための)変ホ長調K297Bから第1楽章。

        ただ、モーツアルトの音楽はどこか「存在感」が希薄で、抵抗感なく通り過ぎてしまう感じがあります。フィギュアの選曲としては「主張」という点で少し弱いかもしれません。
        モーツアルトの音楽が持つ軽やかさ、明るさ、幽かに漂う愛しさ悲しさなどは、どこか真央選手の一面と似ている所もあると思っていますが。
        | 桔梗 | 2010/05/08 10:50 PM |
        こんにちは

        この曲を一度生で聴いてみたいのですが、残念なららその機会に恵まれません

        モーツアルトの曲探しにYou tubeへ行ったら、アップされたのがあり、懐かしくて思わず・・です

        モーツアルトの曲で滑るのは難しいですよね
        音楽が気持ち良すぎて、ただ流れていってしまいそうです

        コンチェルトにしても、1曲で構成するのは難しいような気がします

        振り付け師さんでも取り上げる方はいないですよね

        村主さんが、ロ−リ−の振り付けで滑ったのが記憶にある位です

        真央ちゃんに合う作曲家だとは思いますが・・
        | 永遠のフィギュアファン | 2010/05/09 6:30 PM |
        >↑上記の♪レ・プティ・リアンはモーツアルト22才の作曲で、彼が16才で4曲作曲したディヴェルティメント中の最初の曲で征爾が恩師斎藤先生に鍛えられた最後の曲K.136(二長調)のディヴェルテメントの雰囲気が良く出ている曲で、10代から20代の中盤にかけてはモーツアルトは、軽快な愛すべき音を奏でていましたが、PCの第15番〜19番までは28才の時の作曲で、桔梗さんが真央用に推薦してくれたPC第20番は29才。最後の第27番は亡くなる35才の作曲でしたが、私はこんな悲痛な最後を遂げる年の曲調の中でこの第3楽章は、モーツアルト最高の人類に残した明るくて朗々たるはずむ思いの曲調は人類最高のスポーツアスリート真央に是が非でも踊らせたい。。いや踊って貰いたい曲で!他のモーツアルトの曲も沢山ありますが、永遠さんが気に入られて選んでくれた♪レ・プティ・リアンのムードが最後まで出ている第27番3楽章アレグロこそ私も推薦モーツアルトナンバー1のザ・ベストの曲ですぞ。。家内がお休みになったら第27番をマレイ・ぺライアで聴いて見ましょう。。モーツアルトの続きはまた明日。アシタマニアーナ!??^^
        | エピ | 2010/05/09 7:28 PM |
        村主選手がモーツアルトで。そうでしたね。確かアイネクライネの第一楽章、ピアノ協奏曲23番第二、第三楽章を使用していました。。
        モーツアルトは永遠さんのように「演奏してこそ楽しめる」曲が多いようですね。ピアノソナタK333の第三楽章とかキラキラ星変奏曲など…。親しみ易い曲を気心の知れた友人・知人を聴衆に演じたらさぞ楽しいでしょうね。特にピアノソナタの方は「カデンツァ」まであって協奏曲風ですから腕の見せ所でしょう。

        少し古くなりましたが、クリストフ・エッシェンバッハのクリスタルな響きを思わせる演奏が好きでした。

        エピさんと意見が一致しましたね^^
        春の喜びを透明感漂う美しい旋律で歌う27番の第三楽章は、明るさの中に幽かな儚さが隠し味となっていて、真央選手の青春の光りと陰を映し出す鏡のようです。ただし劇的効果はあまりないので振り付けが難しいでしょうね。

        第三楽章ならペライアも良いですが、ルドルフ・ゼルキンの躍動感溢れる演奏が断然好きです。モーツアルトでは演奏に「振り付け過剰」はダメとされてきましたが、ゼルキンのは「神プロ」の如く決まった感があります。お勧めですよ。
        オーケストラはユージン・オーマンディ指揮、フィラデルフィア管弦楽団。20番とのカップリング。こちらはジョージ・セル指揮、コロンビア交響楽団。ソニーです。
        | 桔梗 | 2010/05/10 12:53 AM |
        >お二人が異口同音に仰るモーツアルトを踊る難しさ!
        モーツアルトは「天使の恋と愛の歌」〜恋と愛の展開と成就のための詩が刻まれていますから、天使真央姫には是が非でも踊って貰わにゃとあれこれ申し上げましょう

        >ピアニストからは後で締めのお言葉を!!私は、この頃、歯が立ち申さぬ!この道の先達朧の君にその都度ご指南を戴くことにして、思いつくままに、一言二言。。

        桔梗さんご執心のルドルフ・ゼルキンはロマンチシズムの塊のお方で32才で夭折したモーツアルト弾きのリパッティやギーゼキングそしてケンプとともに、彼の誠実な人柄、その作品への献身的な貢献度が高いドイツ作品を生んだと評価され、ホロヴィッツやルービンシュタインとともに故人の中でもトップレベルで評価が高いといわれていましたから、桔梗さんのご執心振りが判ろうというもの。と、こんなことを言っていたのは10年も前の話、、次々と新鋭が現れている現状は、もう一度、永遠さんと桔梗さんにお伺いをしなくてはと思いまする。

        で、以前に、申し上げた、バレエ劇に全部モーツアルトの曲を駆使して仕上げたパリ・オペラ座の若き男女の恋と恋愛の成就への展開模様を描いた「Le Parque」(ル・パルク)(愛の女神)では以下のように、ロシアと並んでトップのフランスバレエの妙技が美しくポール・ベジャールの演出で踊られているのを、1999年版で見て感激してあちらのスレで息巻いていて確か永遠さんと出逢ったと思います^^。。

        見事にその「恋愛ストーリー」に並べられたモーツアルトの「曲」〜「曲」〜〜〜

        <序曲>♪交響曲第36番リンツ(第1楽章アダージョ)

        <異性間の観察>♪アダージョとフーガK.546

        <アプローチゲーム>♪6つのドイツ舞曲K.571

        <出会い>♪PC第14番(第2楽章)

        <柔らかな色香>♪弦楽のためのセレナード(第4楽章)

        <欲望>♪デベルティメントK.251(第3楽章)

        <抵抗>♪PC第15番(第2楽章)

        <嘆き>♪6つの3声フーガK.404a(アダージョ)

        <熱情>♪デベルティメントK.137(第2楽章)

        <失神>♪セレナード≪ハフナー≫K.250(第8楽章)

        <解放>♪PC第23番(第2楽章)

        >以上ですが、夫々のストーリーの流れの中での踊りがモーツアルトの音楽に良く合っています^^vv

        曰く、モーツアルトの音楽は「恋」と「愛」の歌かな?
        | エピ | 2010/05/10 11:48 AM |









        この記事のトラックバックURL
        http://hensoukyoku.jugem.jp/trackback/1085
        トラックバック