PR
Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Recommend
浅田真央 POWER&BEAUTY
浅田真央 POWER&BEAUTY (JUGEMレビュー »)
ウイダー 浅田真央 栄養&トレーニングサポート・プロジェクトチーム
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
アメイジング・グレイス~ベスト・オブ・ヘイリー
アメイジング・グレイス~ベスト・オブ・ヘイリー (JUGEMレビュー »)
ジェイムス・ブレット,ニック・イングマン,サー・ジョージ・マーティン,イアン・ディーン,ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団,ロンドン・セッション・オーケストラ,ロンドン・メトロポリタン・オーケストラ,バロック弦楽四重奏団,アンサンブル・オブ・ボローニャ
Recommend
Recommend
変奏曲 vol.2 (2)
変奏曲 vol.2 (2) (JUGEMレビュー »)
竹宮 惠子; 増山 法恵
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    村上佳菜子 中京大中京高に入学
    0


      真央ちゃんの制服で入学式

      ちょっと大きいみたいですね

      真央ちゃんの方が15歳時では

      背が高かったのかな〜〜〜?

      ウキウキ佳菜子ちゃん

      真央ちゃんみたいに

      尊敬される選手になってね(*^_^*)
      posted by: 永遠のフィギュアファン | 村上 佳菜子 | 22:48 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 22:48 | - | - | - | - |
        雲には衣裳を想ひ 花にはかんばせを想ふ  李白

        真央に清香あり 佳菜子に蛾眉あり

        海老尾色を重んじて傾国を思ふ 長成して多年求むれども得ず 

        名古屋の子弟天生の麗質・才俊多し 眸を廻らして一笑すれば百媚生ず

        海老尾歓喜して詠める「我は安見児得たりウッシッシ」と
        真央と佳菜子 目で海老尾を殺しけり

        | 桔梗 | 2010/04/08 12:08 AM |

         壺に水仙私の春は十分  山頭火

         陽光に白椿声挙げて落つ 枝氷

         さくらさくらさくさくらちるさくら 山頭火

         散る櫻残る桜も散る桜  良寛

         生け花を生けて宇宙を締めけり  枝氷

         子を生した飛行士宇宙に着きにけり 〃

         盆栽もステーションも宇宙の縮景か 〃

         カプリース扇子踊りは宇宙の娘  〃

         開いたり縮めて握る舞い扇  〃

         神とても生け花盆栽考えず  〃

         驚愕の神の娘は♪カプリース  〃

         東海の小島の磯ののの字かな? 〃

         老いたれどのの字ほの字の海老男かな 〃

         春の苑紅にほふ桃の花下照る道に出で立つ少女

         「にほふ」とは「丹秀ふ」・・・赤く光って目立つ・・・

         何かが何かの色に染まる・・・意味か?

         紫草(むらさき)のにほへる妹(いも)をにくくあらば
         人妻ゆゑにわれ恋ひめやも  大海人皇子

        (憎き兄・天智天皇に子まで為した妻・額田王を奪われた弟の無念の思いの歌・・・やがて壬申の乱にて兄の子・大友皇子を倒し彼は天武天皇となる。海老男の湯仲間の一人)

        梅に鶯・真央に海老男とはこれ如何に?!ウッシッシ!

         マスカラー!流石の涙に狼狽す!! 海老男

         この涙掬って小瓶に入れましょう^^; 〃

         駅弁を数十並べてどれ食べようか?! 〃

         こんな楽しみしてみたい!How about you? 〃

         日の本は鉢巻たすき三点セット  〃

         三点・三C・三種の神器・・・茶入、掛物、茶碗〜〜

         悪知恵・猿知恵・人騙し・・・日本スケ連・ISU!!

        >強欲非道のプチワンマン権力者竹輪ワンタン&奴隷に
        追随する悪餓鬼女猿二匹「狂ったメス猿」・・・オッチョコチョイ軍団が真央泣かせの元凶・・・ああ汚か!恐ろしか!
        悪臭フンプン!!

         匂いとは此処まで落ちれば断罪!!!

        >嗚呼、朧のポン遊はいみじくも申さく、海老男ならぬ海老尾が多年「傾国」を憂い来たれども思い至らず、その死に際の我儘とて、愛妻にも許されず一笑にふされたる尾張名古屋の絶世の美女真央姫に年甲斐もなく恋焦がれ、寝ては夢、起きては現幻の、さながら論者・朧の君の如き、「麗質才俊多き、一度眸を廻らせて一笑すれば百媚を生ずる安見児姉妹を得たり!」とばかり、夜毎日毎「ウッシッシ!ウッシッシ!と歓喜の声を挙げて処構わず徘徊し「真央・佳菜子語り」に敵を凋落せずんば止まずの意気盛んなり!!誰なるか?!吾を祭りの見世物にせしおなごは??!!チョビットおなごのウインク説法をしただけじゃんか!!????^^ ^^ ^^;w

        真央に清香 佳菜子に蛾媚 海老男の溺愛のミスマッチ

         うすぎぬに君が朧や蛾眉の月  蕪村

         別れんとかんばせよする朧かな 飯田蛇笏


          ♪寮歌「夕暮るる」

         夕暮るる 筑摩の森をそぞろ行く
         我が紅の顔(かんばせ)を 若き生命の誇らひは
         染むる一入沈み行く 夕日の映(はえ)に

         世の人の 夢はかなくて秋風に
         夕べの鐘は厳かに 庭の蓬のふるふれば
         尽きせぬ思ひ胸に充(み)て 輝く瞳♪  ←(^^)
        | エピ | 2010/04/08 9:47 AM |
        信州松本は廻りて皆山なり。峰廻り路廻りて、亭あり。名付けて酔翁亭なり。老師来たりてここに飲む。飲むこと少なくして即ち酔ふ。而して年又最も高し。故に自ら号して酔翁と言ふなり。

        酔翁の意は山水花鳥に在らずして真央・佳菜子に在るなり。酒に在らずして麗しき姉妹なり。真央・佳菜子に楽しむは、これを心に得て、これを酒に寓するに在り。楽しみもまた極まり無きなり。

        真央は花の開きて幽香あり。香り遠くして益々清し。佳菜子は蓮の花の汚泥より出でて染まらず、清冽に洗われるが如し。

        酔ひてはその楽しみを良く知り、醒めては良く述ぶるに文を以てする者は、酔翁なり。
        | 桔梗 | 2010/04/08 11:52 PM |

         酔狂な酔翁が人と触れ合う・・・

         朧姫の文才才知豊かなる・・・

         真央姫幽香佳菜子姫清冽の・・・

         思いを原始の食事の中で聞く

         また嬉しからずや幸せなり!  酔翁^^

         焼いもの匂い洋間に満ちたり

         ジャガイモの匂いも共に広がりぬ

        >銀紙をそっと剥がし焦げたるところも噛み締めて味わう!原始人や縄文人の親子の思いを想う、、、
        塩を振りて味わう、、バターやマヨネーズは似非文化のもの、今朝は止めにする^^v温いお湯を注いだ一服の「抹茶入りかりがね茶」を戴く、千利休の思いなり!
        >娘を所望されて太閤に楯を突いた利休の気概を感ず!
         
         嗚呼、百姓の子と茶人の子の葛藤の極みよ!!剣を天上に擲つ気概すざまじ!!勝利は茶人にあり。
        吾も百姓の子ハーフなれば、いと憎し!太閤は竹輪わんたん&奴隷なるか?愚か者に権力を握らせると、斯くの如きなり!!

        >ふと現代似非文化の食事方式に変えたき欲望強まりて
        ジャガイモにはマヨ&ケチャップを付け食したり。さらに昨夜、作りしワンタン揚げ(具は「海からサラダフレーク・ずわい蟹5%^^135g」と胡瓜みじん切り)を2ヶ
        食す。現代の文化の知恵(愛妻^^)の味なり。ウッシッシ

        嗚呼、酔漢酔翁学びたる、「酔我、酔顔、酔眼、酔気、酔狂、酔郷、酔吟、酔様、酔者、酔人、酔醒、酔態、
        酔罵、酔貌、、、、」無数の「言の葉」朧の君に教えられる。

         白百合や色を極めて夜の底  松根東洋城

         黒百合を踏み下り行く山男(海老男) 酔翁

         月下美人女王花とはさながらに   〃

         幽玄の香り燃え立つ真央姫   〃

         睡蓮の花閉づ月光浄土かな  柴田白葉女

         睡蓮はモネが描きし妻の絵よ^^ 酔翁

         天上瑞風地上瑞気真央香   〃
        | エピ | 2010/04/09 9:51 AM |









        この記事のトラックバックURL
        http://hensoukyoku.jugem.jp/trackback/1019
        トラックバック