PR
Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Recommend
浅田真央 POWER&BEAUTY
浅田真央 POWER&BEAUTY (JUGEMレビュー »)
ウイダー 浅田真央 栄養&トレーニングサポート・プロジェクトチーム
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
アメイジング・グレイス~ベスト・オブ・ヘイリー
アメイジング・グレイス~ベスト・オブ・ヘイリー (JUGEMレビュー »)
ジェイムス・ブレット,ニック・イングマン,サー・ジョージ・マーティン,イアン・ディーン,ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団,ロンドン・セッション・オーケストラ,ロンドン・メトロポリタン・オーケストラ,バロック弦楽四重奏団,アンサンブル・オブ・ボローニャ
Recommend
Recommend
変奏曲 vol.2 (2)
変奏曲 vol.2 (2) (JUGEMレビュー »)
竹宮 惠子; 増山 法恵
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ヨハン・シュトラウス2世 / ワルツ「春の声」Op 410
    0



      いろいろ聴いてみたのですが

      このテンポが一番好きだった

      というかストックしたのが数日前

      寒くて寒くて、のどかな春への

      憧れが選ばせたかもしれません
      posted by: 永遠のフィギュアファン | シュトラウス | 07:58 | comments(7) | trackbacks(0) | - | - |
      Kaiser Walzer(a)
      0


        皇帝円舞曲・カラヤンがもし今も健在で

        タクトをふったら、どんなテンポで指揮するのだろう?

        1987ニュ−イヤ−コンサ−トの横顔が素敵です
        posted by: 永遠のフィギュアファン | シュトラウス | 21:28 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
        ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート2010 - 美しく青きドナウ 1/2
        0
          posted by: 永遠のフィギュアファン | シュトラウス | 21:24 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
          ウィーン・フィルニューイヤーコンサート2010 喜歌劇「こうもり」序曲
          0


            ニュ−イヤ-の動画が上がってました(*^_^*)

            やっぱりシュトラウスの”こうもり序曲”で踊る真央ちゃん

            どっかで観てみたいな〜〜〜


            89年のゴルディ−ワ・グリンコフのFPが忘れられない

            本当に素敵でした、それに並べるのは真央ちゃんでしょう(*^_^*)



            テレビでみましたが録画してなくて、こうやって動画で見られる

            なんてアップして下さった方、ありがとうございます(__)
            posted by: 永遠のフィギュアファン | シュトラウス | 21:14 | comments(22) | trackbacks(0) | - | - |
            美しく青きドナウ  ヨハン・シュトラウス作曲
            0



              動画をアップされた方が描かれた水彩画のようです

              実際に旅行した気分にさせてもらいましたm(__)m
              posted by: 永遠のフィギュアファン | シュトラウス | 05:02 | comments(31) | trackbacks(0) | - | - |
              2002 小澤征爾 Seiji Ozawa 美しき青きドナウ An der schönen, blauen Donau
              0


                2002.01.01 美しく青きドナウ An der schönen, blauen Donau
                Conducted by Seiji Ozawa 小澤征爾
                ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
                The Vienna Philharmonic Wiener Philharmoniker
                ballet:Vladimir Malakhov(ウラジミール・マラーホフ)& ウィーン国立歌劇場バレエ団







                ウラディミール・マラーホフ
                : Влади́мир Анато́льевич Мала́хов, : Vladimir Malakhov, )

                プロフィール

                ソ連時代のウクライナドニプロペトロウシク州に生まれる。4歳でバレエを学び始め、10歳のときモスクワのボリショイ・バレエ学校に入学。卒業後の1986年に国立アカデミー古典バレエ団に入団し、最も若いプリンシパルとなる。同年にはヴァルナ国際バレエコンクール金賞、1989年モスクワ国際バレエコンクール金メダル受賞。

                ソ連が崩壊した1991年にロシアを離れ、1992年にウィーン国立歌劇場バレエ団のプリンシパルとなる。1994年にはカナダ国立バレエともプリンシパルとして契約。1995年、メトロポリタン歌劇場でのアメリカン・バレエ・シアター公演を機に、ABTのプリンシパルとなった。その他、プリンシパル・ゲストとして、ウィーンシュトゥットガルトベルリンでも踊っている。

                2002年、ベルリン国立歌劇場バレエ団の芸術監督に就任。2004年ベルリンの3つの歌劇場の統合により新設されたベルリン国立バレエ団の芸術監督に就任。2007年8月に膝の手術を受けてしばらく舞台を離れるが、2008年1月に舞台に復帰した。

                レパートリーも幅広く、『白鳥の湖』、『ジゼル』、『ロメオとジュリエット』、『ナルシス』(ゴレイゾフスキー振付)、『ヴォヤージュ』(ツァネラ振付)、『レマンゾ』(N・ドゥアト振付)など。

                振付家としては 『ラ・バヤデール』、『眠れる森の美女』、『シンデレラ』 (2004年) などの改訂演出作品があり、自らも現役舞踏手として出演している。

                エピソード

                • かなりの日本通で、好物は北海道産のくさや[1]
                • 同じくベルリン国立バレエ団に所属する中村祥子曰く、トップダンサーの地位にありながら誰よりも練習をこなしており、そのバレエへの真摯な姿勢は数多くの後進に影響を与えているとのこと[1]
                • 舞台前は今でも緊張で胃がキリキリする事があるが、緊張した方が集中力が高まって良い状態を作り出せるからプラスに考えていると
                    

                                   


                                       
                ウィキペディアより抜粋

                1992 WC Ladies SP Kristi Yamaguchi

                1992ワ−ルドのクリスティのSP
                15年以上も前のプログラムなので、今の選手と単純比較はできません
                シュトラウスのワルツを現役で踊った数少ない選手の一人です

                ”美しき青きドナウ”いつか真央ちゃんにも・・と思ってしまいます
                posted by: 永遠のフィギュアファン | シュトラウス | 10:12 | comments(40) | trackbacks(0) | - | - |
                ウィーンフィルニューイヤーコンサート2009 アンネン・ポルカ Annen-Polka
                0


                  2009 1.1
                  指揮;ダニエル・バレンボイムウイーン・フィル ヨハン・シュトラウス


                  ヨハン・シュトラウス2世Johann Strauß II, 1825年10月25日 - 1899年6月3日)はオーストリアウィーンで活躍した作曲家指揮者ヴァイオリニスト。遠祖はユダヤ系ハンガリー人やロマの血が入っているという説もある(欧州人はさかのぼれば色々な血が入っているものだからそれ自体は否定できないが、シュトラウスという姓はドイツ圏ではありふれており、ナチスやドイツ右翼関係者にもこの姓が見られるので、姓そのものをユダヤの根拠とはできない)。ヨハン・シュトラウス1世の長男。弟には、次男のヨーゼフ・シュトラウスと三男のエドワルト・シュトラウスがいる。生涯の多くを、ウィンナワルツの作曲に捧げ、「ワルツ王」と評される。また、ワルツの他オペレッタポルカなども作曲。毎年、元日に行われる「ウィーン・フィルニューイヤーコンサート」は、彼やシュトラウス・ファミリーの作品を中心にプログラムを組まれる。音楽の都「ウィーン」の代表的な作曲家であり、その肖像はかつて、オーストリアの100シリング紙幣に描かれていた。

                  生涯

                  父は、すでにウィンナワルツの作曲家として著名であったが、息子たちが音楽家としての道を歩むことには反対していた。音楽の基礎的素養は母親から受けていた。シュトラウス2世も、父と同じく音楽家としての才能に恵まれていたが、父の考えで大学では音楽とは関係のない経済学を専攻させられる。やがて、父親に愛人ができ、家族内で関係が悪化。やがて、父親は愛人と蒸発してしまう。従って、ヨハンが作曲家として活動しはじめたのは、父から独立してからであり、父と同じく管弦楽団を設立。たちまち、人気の楽団になり、父とはライバル作曲家となる。互いに競争を余儀なくされるも、父親が1849年に他界してからは、いよいよ2世が正真正銘の「ワルツ王」として君臨することになった。

                  また、作曲家ヨハネス・ブラームスと厚い親交を結んでいたことは、有名。他にフランツ・リストリヒャルト・ワーグナーなどとも。ジャック・オッフェンバックの勧めでオペレッタなども後半生には手がける。台本選びが苦手だったといわれ、その大部分は今日では忘れ去られているが、「こうもり」はドイツオペラ(とオペレッタ)の中でもトップクラスの人気演目となっている。他に「ジプシー男爵」「ヴェネチアの一夜」、既成曲を繋いだ「ウィーン気質」が今日でもしばしば上演されている。

                  生涯を通じ、作曲・演奏活動などで欧米各地でも活躍。父の名声、世紀末の風潮への社会的不安・商業演奏活動なども相まって世紀末のウィーンで一世を風靡した。ワーグナーはシュトラウスのワルツを指揮して、「自分にこのような軽い音楽を書けないのが残念だ」と語ったといわれる。チャイコフスキーも彼の作品を愛したひとりで、バレエ音楽「くるみ割り人形」の「花のワルツ」は、シュトラウスの様式に倣っている。

                  三度目の結婚に際し、法的な制限から国籍をドイツ(連邦帝国内のザクセン・コーブルク・ゴータ公国)へ移籍。住居はウィーンのままだったが、死の直前に作られた行進曲「狙って!」は“我等ひとつのドイツ”をテーマに掲げたドイツ射撃連盟のイベントに寄せられたものであり、晩年は大ドイツ主義的な立場への傾斜が伺われる。それは、オーストリア人とプロイセン人の組み合わせによる3組のカップルが誕生して終わる喜歌劇「ウィーン気質」のストーリーにも濃厚である。

                  20世紀を代表する作曲家であり、若き日はウィーン宮廷歌劇場の総監督として名声高かったグスタフ・マーラーは、それまでオペレッタを上演することがなかった同歌劇場でオペレッタ「こうもり」を正式にレパートリーとした(1897年)。さらに、ウィーン宮廷歌劇場で上演するバレエ曲(「灰かぶり姫」というシンデレラ物語)をJ.シュトラウスに委嘱した。しかしJ.シュトラウス存命中には完成せず、書きかけのバレエを気にしながら6月3日に世を去った。(「ヨハン・シュトラウス〜ワルツ王と落日のウィーン」小宮正安 中央公論新社)

                  経歴

                  • 1825年10月25日:ウィーンに生まれる
                  • 1831年:6歳の時、最初の作品「最初の思想」(ワルツ、作品番号無し)を作曲する
                  • 1844年10月15日:ホール「ドムマイヤー・カジノ」でデビューする
                  • 1863年:宮廷舞踏会指揮者(1870年まで)
                  • 1871年2月10日:シュトラウス初の喜歌劇「インディゴと40人の盗賊」を初演
                  • 1892年:宮廷歌劇場にてはじめて彼の作品(オペラ「騎士パスマン」)が上演された
                  • 1899年5月22日:宮廷歌劇場で自作の『喜歌劇「こうもり」序曲』を指揮(ヨハン・シュトラウス2世最後の指揮)
                  • 1899年6月3日:肺炎により亡くなる(葬儀は同年6月6日)

                                       ウィキペディアより

                  posted by: 永遠のフィギュアファン | シュトラウス | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  E.クライバー、美しく青きドナウ 1932年
                  0
                    posted by: 永遠のフィギュアファン | シュトラウス | 12:44 | comments(9) | trackbacks(0) | - | - |